Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「The girl in the cafe」 ☆

<<   作成日時 : 2006/01/21 00:18   >>

トラックバック 0 / コメント 7



先日夫が出張でいないとき、同じマンションに住むやはりご主人が出張中のお友達と3人でうちで集まってワインを飲みながらおしゃべりし、週末に買ったDVD 「The girl in the cafe」を笑ったり野次を飛ばしたりしながら観ました。香港が住みやすい大きな理由の1つはすぐ近くに何人かお友達が住んでいる場合が多いことだと思います。ちょっとお茶でもと声をかけやすいですし、夫の出張が続いたときなど夕食を一緒にしたりすることもよくあります。香港の場合離れていると言っても車で2,30分の距離の場合が多いですし、交通の便もよくタクシー代も安いので多少離れているお友達とも会いやすいのですが、同じマンションや向かいのマンションならなお好都合。夫同様しょっちゅう海外出張でご主人がいないお友達も多いのでそれも好都合。昼間はいろいろ楽しいことがたくさんあって忙しくしていますし、わたしは一人でいる時間もとても好きな性質でむしろ一人の時間が持てないと辛い方です。本を読んだりビデオを見たり音楽を聞いたりPCを触ったりとしたいことはたくさん。それでも夕食の時間から夜にかけて一人の日が何日も続くとちょっと人恋しくなります。夫のいないさみしさには変わりありませんが、ときどきこうしてお友達と過ごす時間を持てると気持ちがまぎれるものです。また、お酒を飲みながらあれこれ話しているうちに気持ちもほぐれてお友達との距離が縮まることも多いのです。海外に暮らしていると楽しいこともたくさんありますがもちろん楽しいことばかりではありません。どこに暮らしていてもそうでしょうけれど、慣れ親しんだ環境ではないところで暮らすのは多少なりともストレスもつきまとうもの。お友達はどこにいても大切ですが、海外に暮らしているとなお更強くそう感じます。気持ちが落ち込んだときなどお友達と会って愚痴ったり笑ったりすると目に見えて気持ちが軽くなるのがわかります。多少その土地との相性が悪くても親しいお友達がいればそれなりに楽しく暮らせるものだという気がします。


画像
話は映画に戻って・・・・・主演は Bill Nighy と Kelly Macdonald のイギリス映画。邦題をネットで検索しましたが日本では上映さていないのでしょうか、見つかりませんでした。個人的にはだいたいにおいてですがアメリカ映画よりイギリス映画のほうが好みです。イギリス英語に耳慣れていてアメリカ英語は聞き取りにくいということもありますが、それよりやはりユーモアのセンスがぴったり来るのだと思います。Bill Nighy、顔はいかついですがなんだか可愛らしくておかしくて好きです☆ Kelly Macdonaldも好きな女優さんです。スコットランド訛りもとても好き。(あくまでわたしの、ですが)耳に心地よく響くアクセントとそうでないアクセントがありますが、スコットランドやアイルランドのアクセントは耳に心地よい響きが多いのです。もちろん同じスコットランド、アイルランドでも場所によって人によってアクセントが変わってきますので一概には言えませんが。ストーリーそのものは想像のつく展開なのですごく感動するということはありませんでしたが、とても楽しく観ました。イギリス映画の多くはアメリカ映画と違って爆発したりとんでもないことが起きたりというドラマチックなものよりも、会話がなんともおかしかったり描かれている日常が(当たり前ですが)とてもイギリス的で面白いものが多くて、わたしにはそれが楽しいのです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
イギリスのラブコメ、いいですよねぇ^^Bill Nighy、「ラブ・アクチュアリー」の老いぼれロックスター役が強烈に印象に残っています。日本にも来ないかなぁ
artedivivere
URL
2006/01/21 10:48
artedivivereさま、そうですね、ラブアクチュアリーの Bill Nighy も印象的ですよね。この映画、この間賞を獲ったので日本にも来るかもしれませんね。
Noodle
2006/01/21 16:47
Great work!
Heather
URL
2006/06/03 20:46
Nice site!
Julie
URL
2006/06/03 20:53
Nice site!
Jared
URL
2006/06/03 20:54
Nice site!
Lori
URL
2006/06/03 20:58
Great work!
Nancy
URL
2006/06/03 21:01
映画 「The girl in the cafe」 ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる