Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のディナー〜昨日の復習・応用☆

<<   作成日時 : 2006/08/10 21:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4


今日のディナーは、特にこれと言うメニューも思いつかなかったので、さっそく昨日の復習をすることにしました。昨日習っておいしかった牛肉の前菜、持って帰るのを忘れて夫に食べさせられなかったのがとっても心残り。あれはお肉がおいしかったからおいしかったんだろうなぁ、と思いつつ、トライしてみることにしました。ただ、あれはメインでいただきたいなぁ、と思いそうしてみることに。

前菜は2,3日前に夫がガスパチョが食べたい(あ、日本語では飲みたい、って言うのですよね、英語ではスープも食べると言います)と言っていたので、ガスパチョにしました。これはいつものDelia Smithのレシピを適当に変えてわたし流に。昨日のガスパチョもとてもおいしかったですが、どちらもよく似た味だし、いつものものの方がが作り慣れていてレシピを見ないで出来るので。早めに作って、冷蔵庫で冷たく冷やしておきます。器も。いろいろな変形バージョンがあって、お教室でも温泉卵を入れたのやチーズを浮かしたのなど習いました。それぞれにおいしいのですが、結局のところ、わたしは一番シンプルなふつ〜のが一番好きなので、そのまま。



画像




で、肝心の牛肉の方。手違い(と言えば、わたしのお友達はどういう手違いか想像つくと思うのですが)で予定とは全然違って、ステーキ肉2枚が手元に(号泣)。ロースト用のものがほしかったのに・・・!お教室のように大きな固まりは無理だけれど、せめて分厚いステーキ2枚分の厚さはほしかったのです。薄いステーキ肉2枚ではどうにもこうにも(再び、号泣)。こういうとき、本当に泣きたくなります。自分で買い物をしなくて良いのはとても助かるけれど、こういうことがしょっちゅうなので途方に暮れます。まぁ、おもてなしのときでなくて良かった、と思うしかないですが。

いっそのことステーキにしようかと思ったしそうしても良かったのですが、他のものは全部用意してしまってからこの出来事が起こったので、ステーキにして食べるのはあまりに残念。もう、あの味を再現したものを食べる口になっているし・・・このお料理は薄切りにするところが持ち味なのだし・・・。ということで、予定とは違う見かけですが、やむなくステーキを焼いて出来るだけ斜めに面を広く取って薄切りにして、大きなお皿に1人分ずつ盛り付けました。全部混ぜてしまって食べても良かったのですが、どうもご馳走感に欠ける気がしたので、結局こういう形にしました。ビーツは薄切りにせず、コロコロと大きなままで。プレゼンテーション〈盛り付け〉的には、レストランのようにお上品にするのも時には楽しいですが、どちらかというと、こんな感じのカジュアルな盛り付けが好みです。こういう感じで大きなお皿に盛り付けて、数人で取り分ける、というのが今風かな、と思います。おいしく出来ましたけれど、これはやはりお教室でいただいたように前菜の方が向いていると思いました。または、サラダが好きなのでよくするのですが、メインとしてサラダ数品をいただくときの1品として、という形にするのも良いと思います。というのは、あっさりしているからかどうか、途中でちょっと飽きてしまいました。



画像




画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
noodleさん!もう復習されたのですね!でも・・大変な手違いがあったのですね〜〜〜;;;号泣っていうお気持ちお察しします。。。でもとっても綺麗な盛り付けで美味しそう♪noodleさんのガスパチョにはいつも玉葱は入れられていますか?私も復習しま〜す☆
marumiy
2006/08/11 00:57
marumiyさん、玉ねぎは入れたり入れなかったりだけれど、入れるときもほんの少しだけです。Delia Smithのレシピではスプリング・オニオン(日本の青ねぎに近いけれど、もう少し辛味が強い、香港ではスプリング・オニオンで売っています)を2本ほど入れます。入れすぎると辛いので、少しだけから様子を見て、味見をしながら入れられるといいかも。Deliaのレシピでは、きゅうり10センチくらい〈皮をむいて種を取る)、スプリングオニオン2本、赤ピーマン半分、トマト700g〈湯向きして種を取る)、にんにく2かけ、ワインビネガー大匙1.5、オリーブオイル大匙4、お水150mlくらい、だったと思います。パン粉は入らないけれどとろみはしっかり出ます。ちょっとお酢がきつい気がするので、少なめに入れて、後で足りなければ足しています。(続く)
noodle
2006/08/11 01:17
パークンで売っている枝についたパックのトマト、あれが一番おいしいと思います、色もきれいに出るし。今日は生の大きな赤唐辛子があったので入れましたが、なければタバスコをちょっと入れます。これで6人分の材料だけれど、半分作って二人分くらいかな。でも、ガスパチョっていろいろなレシピがあるのだけど、メインがトマトなので似たような味に仕上がります。好みで適当にすればいいですよ〜☆
noodle
2006/08/11 01:17
noodleさん、詳しく書いていただいてありがとうございます☆coboさんのブログにもありましたがたまたま最近私もトマトを食べる機会が多く(以前は主人がトマト嫌いだったのですが最近味付けをきちんとすると美味しいと食べるようになりました)できるだけたくさんトマト食べたい♪って思っていたのです。パン粉入れなくてもとろみはしっかり出るのですね。やってみます!パークンの枝つきトマトですね。ありがとうございます〜。
marumiy
2006/08/12 12:35
今日のディナー〜昨日の復習・応用☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる