Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 紙屋さんとネイルサロンとレストラン(Habitu)☆

<<   作成日時 : 2006/08/12 03:23   >>

トラックバック 0 / コメント 9



ランチの後で、先日わたしのブログのコメント欄で少し話題になっていた紙屋さん、PaperArt に行ってきました。広々としていて、いろいろな紙があって、スタンプもたくさん。なかなか圧巻でした。ただ、ごく普通の紙がないのが不思議でした。カードを作るための紙類や道具類が充実しているようでした。

PaperArt
Room 104-106Tung Ming Building
40-42 Des Voeux Road
Central
Tel 2545-8985


Paper Artを出て、お友達の皆さんとは解散。ときどき行く Lee Gardens Twoにあるネイルサロン Neil Neil (音が出るウェブページです、気をつけてくださいね)に電話をして以前担当してもらった人のアポが取れたので、気になっていたペディキュアをしてもらいました。ここはベーシックで、贅沢な気分を味わえる環境ではないのですが、以前美容院の後で時間つぶしに入ったとき、たまたま担当してもらった Vivian Li という方がとても感じが良く、英語も上手で仕事も丁寧なので気に入って時々利用します。

香港では高級なお店などの店員さんはみんな愛想が良く感じも良いのですが、お店のレベルによっては同じお店でも愛想の良いひととそうでない人の差が激しいことが結構あって、ここもそうだと思います。彼女の前に1度していただいた人は、ちょっと怖かった・・・。あちらはたぶん普通にされているのだと思うのです。英語を話す彼女は外国式(?)に慣れているのでしょうね。香港の人は本来はあまりにこにことはしない民族のようです。すみませんが、だとか、ありがとう、だとかも元々はあまり言わないと聞きました。社交辞令やお愛想は余計なことだと思っているそうです。香港に来たときに少しの間、個人授業で広東語を習いました。先生はわたしより少しだけお若い程度の元スチュワーデスさんでしたが、道を聞くときなどに「すみませんが」というのはどう言うのですか、と聞いたら「そんなことは言わなくていい、直接聞きたいことを聞けば良い。」とのこと。バスなど降りるときのお礼はなんと言うかと聞いたときも、「お礼なんていう必要はない、そういうことにわたしたちはいらない労力は使わない。」と言われました。「最近は欧米の影響で言うひともいるけれど、ね。」とも。実際にはバスに乗るときや下りるときに「ありがとう」と言っている香港の人をたくさん見かけますけれど。


ペディキュアが終わったあとは、そのまま、お店をうろうろしたり、パシフィックコーヒーでお茶を飲んだりして夫との待ち合わせの時間まで時間をつぶし、ディナーは Lee Gardens Two にある Habitu で。ここには数年前出来て間のない頃に1度入ったことがあり、まぁまぁかな、という印象でした。今日は、以前とずいぶんお店の感じが変わった気がしたのですが、経営方針が変わったのでしょうか? 数年前はもっとポッシュ(posh 気取った、とか高級なイメージを表す英語)な大人っぽい雰囲気だったのですが、今回はカジュアルでお客さんの層も違う感じでした。子供づれの家族や、団体さんが多くて、ちょっとがちゃがちゃした雰囲気でした。食事は、前菜の盛り合わせを夫と分けて、メインにはカルゾーネ(ピザを半分に折ったようなもの)を頼みました。前菜はまぁまぁ。カルゾーネは、イタリアのカルゾーネとはちょっと違いますが、お味は結構おいしかったです。ただ、ピザもそうですが、イタリア以外の国で食べると具が多すぎるんですよね。夫のメインのラムは油が多いようでした。グラスワインを1杯ずつと前菜はシェアー、メイン1品ずつ、デザートもコーヒーもなしで二人で700ドル〈10000円ちょっと)。あの雰囲気ではちょっとお高いかな、という気もしますが、香港でこのロケーションなので、まぁ、仕方のない範囲でしょうか。がちゃがちゃしているのが気にならなければ、カジュアルレストランとして悪くはないと思いました。主に皆さんはビュッフェやBBQの食べ放題を召し上がっているようでした。そちらだとお得になると思います。



画像




画像




HABITU THE GARDEN,
Shop 308, Lee Gardens Two
28 Yun Ping Road
Causeway Bay
Tel: 2898 3919


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
noodleさんもあの後トンローワンへ行かれたんですね〜!お会いしませんでしたね(笑)ペディキュア、いつもネイルサロンでされているんですか?いつもとっても綺麗にされていますよね♪私の足は自分でやっているのでクチャクチャになっています;;;爪が小さくてとっても塗りにくくすぐにはみ出して汚くなっちゃうんです。。
marumiy
2006/08/12 12:21
書き忘れましたが、Paper Artのお店の場所、通りを間違えてすみません〜!でもお友達に聞いていただいてちゃんと見つけることができてほんと良かったです。でもどうして利源東街なんて思い込んでいたんだろう???暑いのに皆さんをたくさんうろうろさせてしまいました。。
marumiy
2006/08/12 12:27
Noodleさん、私、ここ随分前に行った事があります。お店の中年の女性がとても親切にいろいろ教えてくれました。たしか、なんか部屋の隅っこでお教室かなにか作れるスペースがあったような???日本より値段は高いような気がしましたが、スタンプがた〜くさんありますね。
広東語の先生、すごい方でしたね〜!お店の人でも英語で話すほうが親切のような感じがするので、私はめったに広東語を使いません。だから上達しないです。。。
ChizChiz
2006/08/12 12:30
marumiyさん、Paper Artには行くつもりでなく急に決めたことなので、仕方ないですよ〜。すぐ近くだったし。

そう、あの時点ではまだ電話していなかったのです。ずっと気になっていて。自分ではなかなかきれいに塗れないので。手のほうもずっと気になっているのですが、こちらはmarumiyさんの行かれているサロンに行こうと思っています。
noodle
2006/08/12 13:12
ChizChizさん、そうそう、お店の人がいろいろ教えてくださるようです。お値段は結構しますけれど、品揃えはとっても良いですよね。お店は少し前(どれくらいか知らないのですが)にここに移転したみたいです。

そうなんです!!英語をしゃべるほうが親切って、わたしも思います。習い始めの頃は頑張ってタクシーの運転手さんなどに広東語で話していたのですが、扱いがぞんざいになるのでやめちゃいました。中国人だと思われるみたいです。それも酷い話ですけれどね。なので、わたしも広東語はすっかり忘れました。
noodle
2006/08/12 13:16
行かれたのですね!いいなぁ〜♪確かに、入り口が、わかりずらいですものね。わたしは、ココで習ったときは、勢いで一式購入しましたが、いまだに、そのままの状態です。ダメですね〜、反省モード。
糊で型を置き、金の砂の様なものを糊の上に敷き詰めて糊のとこだけ字が浮ぶカードをスタッフの方に頂きました。この糊と色砂USA物だとおもったら、なんと日本のものでした。東急ハンズ売っていそうですよね?
今度チェックしてきます。 ロールで陳列してある大きめのシールありましたでしょう?欲しい分のみはさみでカットするUSAシール。友人にお土産で渡しましたら、(これもお土産として薄い軽いしかし、きれい!)彼女大喜び。色が外国っぽいから。でも香港でUSA土産ですから、ハワイならわかりますが。・。・
mandarinjade
2006/08/12 14:50
はい、行ってきました。良いお店ですよね。そうそう、置いてある紙も日本製のものが多かったです。はいはい、ありました、ロールのシール。ああいうのは何に使うのでしょうね。やっぱりカード??

そうそう、書いたところが浮かんでくる糊と粉、東急ハンズでも売っています。あれは暖めなくてもいいんですか?ヒーターのようなもので暖めなくてはいけなかったような気がするのですが、また違う分でしょうか。そうなんですよね、道具など買ってしないことってありますよね。わたしもそういうこと、あります。とっても罪の意識に苛まれます(笑)。
noodle
2006/08/12 17:02
そのまま糊のところを色砂降り、トントンとカードをたたいて色砂はじいて終了だったような?ドライヤー当てたかどうかも?4ヶ月前のことなのに忘れてる。(ショック!)しかし、そのあと色ペンで白い部分を色付けしてくれ、まるでアンティックペンダントの感じで出来上がりました。
シール差し上げた友人は、紅茶とケーキの先生してるんですが、歳の少しというか、、離れたお姉さまという感じで、(還暦はとうにすぎてるみたいでが)そのとき教室で使う備品に貼ったり、生徒さんへの手紙に添えると申してました。やさしい雰囲気の彼女ですので、あのシールの色合いに合ってるようです。
mandarinjade
2006/08/12 18:00
なるほど。カード作りもはまると凝って、いろいろ作っておられるので面白いでしょうね。ただ、日本人の間ではカードってあまり交換しないので、使うかどうか、ですが。今からだとクリスマスカードを作るといいですよね。でも、まだクリスマスのペーパーナプキンは見かけません〈笑)。

お土産、いろいろ顔を浮かべて買うので、喜んでいただけるととても嬉しいものですよね。
noodle
2006/08/12 18:21
紙屋さんとネイルサロンとレストラン(Habitu)☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる