Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 油絵☆

<<   作成日時 : 2006/08/18 17:34   >>

トラックバック 0 / コメント 10



画像




これは1年ほど前に描いた油絵で、ここ数年大変人気のあるベトナムのアーティストの作品をネットで探してプリントアウトしたものを見ながら描いたものです。これまで描いた中では一番大きな作品で、額を入れて1メートル四方くらいでしょうか。本当はもっと大きなものが描きたいのですが、スタジオのスペースが限られているということで、これが許される中で一番大きなサイズ。うちに来た人は、わたしが描いた油絵の中で特にこれを気に入ってくれる方が多いようで、売って欲しいと言ってもらったことも何度かあります。本当は森の絵なのですが、皆さん雲だと思われます(笑)。そう思われても仕方のない絵のタッチなのですが。燃えるような夕焼けで、わたしもとても気に入っている作品です。

ぱっと見ると簡単に描けそうなのですけれど、実はとっても大変でした。なかなか思っている色にならないのです。また、全体に同じような色なので、平坦になりやすいようです。今日で完成というところで、上から合わない色を塗ってしまい、大変でした。それまで上手く行っていただけに、とってもがっかり。言い訳をすると、先生が選んでくださった色を塗ったのですが、塗りながら「なんか違うなぁ・・・」と思っていたのでした。そこで確認すれば良かったのですが、自信がないので、先生が言われるんだしと全部塗ってしまいました。案の定、先生が「色が違っちゃったわね〜。」とおっしゃり(笑)、靴下で塗った色を擦り取ってやり直した、という経緯があります。ただ、油絵の良いところは、こういうときも塗り直しが出来ることです。そして、下に塗った色をカバーしてしまうことも出来ますが、こんなときにはそれを生かして深みを出すということが出来るので、全く無駄にはならないという良さもあります。不器用なので、失敗したらもうだめ、というものではないことに何度も助けられています。


今描いているもうすぐ完成しそうな絵は、やはり同じアーティストの作品で、同じ大きさのキャンヴァスに描いています。そしてやはり森の絵で、これと良く似ています。並べて掛けると良さそうです。今度は森と湖〈川?)で、全体にグリーン。静かな森、という雰囲気。これも簡単そうに見えるのですが、やはり同じように同じ理由で苦労しています。なかなか思っている色にならなくて、ま、いいか、という色で妥協。いろいろな色を乗せてゆくのですが、ついついブレンドしすぎて平坦になってしまい、また乗せて、と延々と(笑)。先週の時点では良かったのに〜、ということも。今週がそうでした。どうなることやら。失敗しなければ、再来週あたりに仕上がるかもしれません。仕上がりましたら、また、アップさせていただきます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
Noodleさま
このアーティスト、名前は失念しましたが分かります! 人気ですね。
そばにいても疲れず静かで穏やかな彼の作風が好きです。
HollyWood Rdのギャラリーでも見かけたことがあります。
旅先のハノイで彼の作品を購入しかけましたが、夫がひとめ惚れした別の有名なラッカー画家の絵を入手しました。
100×100cmのラッカーで重いうえ、女性の肖像画なので妻の私は複雑な心境です!
lotus
2006/08/18 20:49
lotusさま、こんばんは。そうそう、Hong Viet Dungですが、香港では本物もコピーもよく見かけるアーティストです。本物はもっといい感じですけどね。ハノイ、行きたい行きたいと思っているのですが、なかなか行く機会がなく。キャンヴァスなら軽いですが、ラッカーのは重いでしょうね。大変でしたね(笑)。
noodle
2006/08/18 21:05
「燃える夕焼けの森」ステキですね〜。対の画になる「静かな森」もすばらしいんでしょうね。
出来上がったら、いつもの額縁屋さん〜♪でしょうか?いいなぁ。

さきほど、おさらいで再返信しましたよ〜♪
どうやら、習得したようです。ありがとうございます。 

mandarinjade
2006/08/18 22:31
mandarinjadeさま、「静かな森」もなんとか気に入る出来になれば良いのですが。苦戦中です。
noodle
2006/08/18 22:34
素敵な絵ですね。燃える夕焼け、美しいです。
油絵は見るのは好きなんですけど、絵心がまったくないので、私にはできないもののひとつです。微妙な色の濃淡みたいなのが難しいのでしょうね。でも、ほんと素敵♪多才ですね〜。
Yuko
URL
2006/08/18 23:51
Yukoさん、こんばんは。お褒めいただいて嬉しいですが、多才だなんてとんでもないです。わたしも絵心は全くないです、だからコピーばかりしています。誰でも描けるものですよ。オリジナリティーのあるものを描くのには、絵心が必要ですけれど。
noodle
2006/08/18 23:56
これがベトナムのアーティストの摸写ですね。素敵です☆同じ様な作品が対で並べられるといいでしょうね〜。油彩は色を出すのが大変そう。塗り直し過ぎると厚くなりそうだし。パステルも上から色を乗せる&消す事が出来るので、いいのですが、最初のうち慣れないと"消す=重ねる"って事が難しいのですよね〜。折角いい感じなのに消すの??って。慣れると重ねられるからいいや!って思えますけどね。見かけ簡単そうなモノって、実はとても技術がいりますよね。次の題材、一見シンプルなんだけど大変そうです。摸写をするにあたり、本物を見に美術館に行ってきました。素敵な作品が多くて。近くUPします。新作のUP楽しみにしています♪
moco
URL
2006/08/20 00:46
mocoさん、油絵、普通に塗っている分にはそれほど分厚くはならないのです。ナイフなどでべったり塗ると分厚くなりますが、その場合、また削り取ることも出来るので、塗り直しは何度でも可能なのです。実際、有名な絵の下に全く別の絵が見つかった、なんてことも聞きますよね? プロの人たちは気に入らないとそのキャンバスの上から新しく描くようです。わたしは分厚いテクスチャーの絵はあまり好きでなく、この絵などは水彩画と間違った人もいるくらい、あまり油絵らしくないものが多いみたいです。そうそう、匂いのことを言われていましたが、油絵もそれほど匂いは気にならず、薄める液を匂いのないものにすれば案外大丈夫なのですよ。

パステルも消すことが出来るので、英語で言う forgiving、失敗しても修正しやすいメディアだと聞いています。ただ、粉っぽいのを嫌う人もあるので、それが気になるかどうかは人によるのだそうです。一度、使ってみたいと思っています。

mocoさんの選ばれた絵、アップされるのを楽しみにしています☆

noodle
2006/08/20 01:42
素敵ですねぇ!絵心が無くてこんなに本当に描けるものですか?
やっぱり手先が器用で、まめでないと無理でしょうねぇ、、(涙)
by絵を見るのは大好きだけど、全く描けないぶん

リリー・フランキーさんの「東京タワー」私も大好きです。TBしようとしましたが出来ませんでした。今更良いか、、とあきらめました。(笑)
ぶん
2006/08/21 03:58
ぶんさん、こんにちは! 油絵、そう、描けるんですよ、絵心なくても! 謙遜でなく本当にわたしは絵心なしです。手先もとっても不器用です。ただ、1つ、飽きっぽい性格だとむずかしいと思います。油絵って、乾かしては塗るという作業が必要なので、何時間かでさっと仕上げたいという人にはちょっとむずかしいです。そうでない描き方もありますが、絵心がなくて不器用だと、やはり時間をかけて描かないと良いものは描けないように思います。

すみません、TB、出来ないように設定してあるんです。いろいろややこしいTBがされることがあるようなので。
noodle
2006/08/21 13:41
油絵☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる