Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS スタンレーのレストラン 〜 Wildfire☆

<<   作成日時 : 2006/08/25 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0



この3週間、夫は珍しくずっと海外出張がありませんでした。SARSで海外出張が出来なかったとき以来のこと。なので、殆ど毎日、きちんと食事を作って、食べていました。ディナーの写真を撮る癖が身についてきたので、ブログで毎日のように夕食をアップしてきたのはそういう事情です。当分、こんなことはないかも。


さて、さて、週末ですね♪ 香港では家で食べたほうがおいしいからあまり外食をしない、という声をよく聞きます。確かにそれはいえます、賢いやり方。でも、わたしたちは、嬉しい週末の気分を外出することで盛り上げたいという気持ちがあって、わ〜い、金曜日だね、と言うために外食しているようなところがあります。一方、神戸で2年ほど特別な日以外は外食を控えていた時期があったのですが、それはそれで金曜日にご馳走を作るのが楽しくて、たまに出るときは外に出るのが億劫に感じたものでした。癖のものですね、何事も。

今日はお天気も不安定だし近くで食べましょう、ということでスタンレー・プラザの Wildfire というピザ屋さんに行きました。ここは宅配もしているので、ときどき配達してもらいます。一応、ピザ釜で焼いたピザ。薄いピザだし、ピザ釜で焼いているけれど本場イタリアの独特の香ばしさはないのは何故でしょうね。やはり釜や薪が違うのでしょうね。けれど、香港のこのクラスのレストランのピザとしては美味しいほうだとと思います。パティオでも食事が出来ますが、わたしたちは今日は涼しい室内で。



真ん中に見えるのがピザ釜。丁度今、職人さんがピザを入れているか出しているところなんでしょうね。



画像




しばらく行かない間にメニューが変わっていて、前菜にタパスが並んでいました。タパスとピザ、ってどうなんだろう??と思いながらもいくつか注文。まずは定番のチョリソのソテー。ま、これは普通ですよね。たぶん、どこで食べても似たような味。



画像




玉ねぎとセロリアックのバージ。バージというのはインド料理。良く見かけるのは丸くボール状になったもので、玉ねぎに衣をつけて揚げたものです。油っこいんじゃないだろうか、とちょっと心配でしたが、上手に揚げてあって、ふわっとした衣でさくさくしてとてもおいしく、実はこの後同じものをもう1品頼んでしまいました。ソースもレモンの効いたマヨネーズのようなもので、これもおいしかったです。今日のヒット。



画像




もう1品、オーブンで焼いたソーセージロールというのも頼みましたが、写真を撮るのを忘れました。普通、ソーセージロールというのはペーストリーで包んだソーセージ(フランクフルトではなく、英国式のソーセージ)用のお肉を焼いたものなのですが、ここのものは春巻きの皮に包んでありました。ソーセージのお肉がちょっと癖が強くて、わたしは苦手な味。夫はおいしいと食べていました。


ピザと一緒に食べたサラダは、ほうれん草とリンゴと松の実のサラダ。ドレッシングがとてもおいしい。リンゴをもう少し厚めに切ってくれて、松の実をもう少し入れてくれるといいのですけど。




画像




ピザはブラック・フォレスト・ピザ。きのこの香りの良いピザ。真ん中に乗ってくるほうれん草とパルメジャーノのサラダは余計な気がします。ピザだけのほうがおいしい。



画像




上記プラスビール3本で600ドル(9000円)なので、妥当なところです。だいたいこういうところは、2人で600ドルから700ドル(9000円から10000円くらい)。カジュアルレストランとしては悪くないレストランだと思います。他には行ったことはありませんが、香港内に数件支店があるようです。

ちなみに、ここの日曜日のブランチは、安くてとてもおいしいです。問題は子供が多いこと。走り回る子供もいたりで、とてもうるさくて閉口しました。たまたま、そういうときに行ったのか、いつもそうなのかはわかりませんが。



Wildfire Stanley
2/F, Murray House
Stanley

Tel: 2813 6161

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

スタンレーのレストラン 〜 Wildfire☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる