Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のディナー 〜 ミント風味のグリーンピースのスープと蒸し野菜☆

<<   作成日時 : 2006/09/07 21:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2



今週は「今日のディナー」シリーズが出てきていませんでした。夫が海外出張でいないと、アップするようなものは食べていないのです。昨日戻って来たのですが、昨日はネイルサロンから戻るのが遅めの時間だったので、短時間で出来るステーキにしました。フィレステーキの赤ワインソースとチップス(日本で言うフライドポテト)と人参のグラッセ。ステーキって簡単なようで、好みの焼き加減に焼くのは結構むずかしいと感じますが、昨日はとても上手く焼けておいしいステーキでした。イギリスではステーキにはチップス・・・いえ、何にでもチップスがつきもの。たまにしか食べませんが、時々夫がほしがります。でも、揚げ物は出来ればしたくない。昨日はグレイトだったかシティー・スーパーだったか忘れてしまいましたが、どちらかで買った冷凍のオーブンチップスを使いました。アメリカから来ていて、ALEXIAというメーカーの「OVEN RED(Olive Oil, Parmesan & Roasted Garlic)」と書いてあるもの。以前に他のオーブンチップスを買ったときはあまりおいしくなかったのですが、これはとてもおいしかったです。ガーリックも効いていて、皮つきの大きなチップスです。オーブンに入れるだけで、おいしくカリッと出来ました。


ということで、昨日はお肉がたくさんのどっしりとしたメニューだったので、今日のディナーは野菜中心にしました。前菜にミント風味のグリーンピースのスープ。これは、イギリスの人気シェフ、Jamie Oliverのレシピです。時々覗く彼のウェブサイトはしばらくリニューアル中だったのですが、今日見たら新しくなっていました。以前ほどたくさんのレシピをアップしていないのが残念ですが、その代わりとっても便利なものが。レシピ検索の機能ですが、どの本にあるレシピなのかを検索してくれるのです。例えば今日のスープ、mint pea soup と入れて検索すると、彼のJamie's Kitchenという本にある、と教えてくれます。これこそわたしが求めていた機能♪わたしのようにたくさん本を持っていると、どの本に載っていたか思い出せないこともしょっちゅうです。他のシェフや料理家もこういうウェブサイトを作ってくれると有難い。(追記 今日の夕方は上手く作動したのですが、今は何故か検索が出来ません。上手く行かないようでしたら、また後日お試しになってください。)



画像




このミントスープ、本の中では 「Minted pea soup with crispy pancetta, bread and sour cream」となっています。日本の方にはどうかなぁ、と思いますが、英国ではミントとグリーンピースは相性が良いとされています。元のレシピはスプリング・オニオン(青ねぎ)を使っていますが、なかったので玉ねぎのみじん切りを一掴み、そしてミント一掴みをバターでさっと炒めたら、冷凍のグリーンピースとチキンスープストックを加えて煮立たせ、生クリームを少し加えて弱火で15分程煮てミキサーにかけるだけ。ボールに入れたら、サワークリーム少しと、食パンで作ったクルトンと、カリッとさせた生ハム(元のレシピではパンチェッタ)を入れます。面倒なときはクルトンや生ハムは省略。わたしたちは、好きな味です。冷たくしてもおいしい。こういうスープを作るとき、わたしは必ず煮た時点でスープと具と分けて、ミキサー入れるときにスープは少し残しておきます。このレシピもそうなのですが、レシピの通りに作ると水分が多すぎることがときどきあります。濃すぎるときは薄めれば良いですが、薄くなってしまったものを濃くするのはむずかしいですから。


メインは野菜をたっぷり食べられるように、蒸し野菜にしました。これは、昨日ご紹介した本、「すてきなあなたに」の記事ががヒント。蒸し野菜ランチに招かれたというお話があったのです。それは蒸したお野菜と花巻だったそうです。なかなか良い考え。わたしは蒸篭で蒸して、3つのマヨネーズベースのソースを添えました。1つはサウザンドアイランドのようなソース、1つはカレー粉を混ぜたソース、もう1つはバジルソース(ペスト)を混ぜたソース。全部マヨネーズベースより、ドレッシングやおいしいお塩だけ、というのも添えればよかったな、と食べていて思いました。お野菜は、新じゃが、にんじん、ブロッコリー、ズッキーニ、小さい甘いトマト、赤ピーマン。ガーリック・ブレッドと一緒にいただきました。一番おいしかったのはかぼちゃ。ホクホクでした。トマトもなかなか。赤ピーマンはわたしたちはなくても良かったと思いました。夫もおいしいと言って食べてくれましたが、ソーセージも一緒に蒸せば良かったかも。蒸し野菜だけでは男性にはちょっと物足りないかもしれない、と思いました。でも、こういう食事もたまには良いです。



画像




画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも思うのですが、noodleさんはお料理上手ですよね〜。
レストランででてきそうなお料理。ジェイミー・オリバーの
レシピって試したことがないのですけど、おいしそうですね。
でも、日本人向きではないですか?
蒸し野菜にも3種のソースを添えるところがnoodleさんですね。
私だったら塩かマヨネーズ(それも市販の!)で食べちゃいそうです(笑)
Yuko
URL
2006/09/08 23:57
Yukoさん、誉めていただくのは嬉しいですが、これ、蒸しただけだし(笑)。スープもすごく簡単ですよ、是非お試しくださいませ。なんせ、メインが蒸すだけ、ってお料理だったので、手抜きしたようで後ろめたい気がして、ソースくらいはと3種類作ってみました(笑)。蒸すだけとか切るだけってお料理、確かにそうなのですが、ついついいろいろな材料を揃えて結局結構手間だったりしますけれどね。今度は、お味噌系のと胡麻たっぷりのソースがいいかな、と思っています。

ジェイミー・オリバーのレシピ・・・わたしは結構好きなのですが、今風というのでしょうか、トレンディーなものも多いので、材料が日本では手に入りにくかったり高かったり、ということもあるかもしれませんね。でも、あまり凝ったお料理ではなく、比較的シンプルでおいしいですよ。一度、本屋さんでご覧になってみてください。日本語版がたくさん出ているようなので。
noodle
2006/09/09 00:36
今日のディナー 〜 ミント風味のグリーンピースのスープと蒸し野菜☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる