Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS ベトナム料理 〜 Indochine 1929☆

<<   作成日時 : 2006/09/09 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 8



先日、ぶんさんのブログでミントの食べ方のお話のときに、ベトナム揚げ春巻きのことになりました。話しているうちに無性にそれが食べたくなり、その日から金曜日はベトナムレストラン!と決めていました(笑)。一時期、家でもベトナム料理を本を見ながら作っていたのですが、中華料理やタイ料理と同じで1品や2品では物足りなくて、4,5品ほしいけれど2人のためにそれだけ作るとどうしてもたくさん残り物が出てしまいます。それで、だんだん作らなくなってきています。スタンレーにも1件ベトナム料理のレストランがありますが、久しぶりにセントラルのランカイフォンにある、Indochine 1929に行きたくなりました。

いつもは、レストランには大抵50mmのレンズを持って行きます。それでなくても大きなカメラなので、レンズも大きいとなお更目立ってしまい、恥ずかしくて。でも、だんだん図太くなってきて、それほど気にならなくなってきました。食事をされている方々は周りのことなどあまり気にもされていないようだし、フラッシュを焚くことはないので、注目を浴びることもまずありません。今日は、レストランの中も撮りたいと思い、頑張って標準ズームレンズを持って行きました。ところが、レストランでカメラを出してみると、あれま、100mmのマクロレンズがついてる〜!(涙) どうりで、重たい気がしました。あ〜あ、こんなに暗いところで、こんなに小さなテーブルで、100mmで食べものの写真なんて撮れないよ・・・と一度は泣く泣くあきらめたのですが、駄目元で撮ってみることにしました。かなり暗かったのですが、フォトショップでなんとか。ボケていたり、構図もなんだかなぁ、だったり、アップの写真ばかりですが、とりあえずどんなものをいただいたのかがわかる程度には撮れていたので、アップしたいと思います。


これじゃあ、たいして雰囲気もわかりませんが、レストランの中の様子です。さすがは金曜日のランカイフォン、満席のようで、とても賑やかでした。



画像




海老せんべいのようなものが、テーブルに置いてあります。最初の品が来るまでのおつまみ。



画像




まず、ローストビーフとレタスのサラダのライムドレッシング合え。ライムが効いて、なかなかおいしかったです。タイビーフサラダに似た味付けですが、辛くなく、ニョクマムも入っていないようでした。すごい量に見えましたが、ビーフの下はふんわりと盛ったレタスだったので、ビーフは薄いのが8枚くらい。でも、2人でいただく数品の前菜の1つとしては、ちょっと多いかな。しっかり全部いただきましたが。



画像




2品目に出てきた前菜は、茄子の揚げたもの。かりっと揚がっていておいしかったのですが、中に入っている茄子はどうしても油を吸うので、お腹にどっしりと来て、たくさんは食べられません。なのにこの量。半分も食べられませんでした。まだ何品か来るのに、こんなすごい量だと食べられないよ〜、と困り果てましたが、この品は特別量が多かったようです。



画像




次は、海老のミンチをパンケーキのように平たくして焼いたもの。ぷりぷりした食感でなかなかおいしかったです。



画像




そして、これがぶんさんのブログで話題に出た揚げ春巻き。春巻きをハーブと一緒にレタスで巻いているところも、写真に撮れば良かった!今日はベジタリアン。春巻きの大きさは地方によって違うと本で読んだことがあります。ここのは比較的大きめのものを半分に切ってあります。レタスやハーブ類が籠に入って一緒に出てくるので、レタスに春巻きの一切れを乗せ、ハーブをちぎって乗せて、くるくるっと巻いていただきます。春巻きは熱々で、レタスとハーブは冷たく、ミントやバジルの香りが良くておいしい。本当は、もっと大きなレタスでもっとたくさんのハーブを載せていただきたかったのですが、それでもおいしかったです。ハーブは3種類くらい入っているようで、1つはミントだろうとわかったのですが、1つはしそのような味で、見た目も少ししそに似ていました。ベトナムのバジルでしょうか。もう1つはなんだか苦い味がしました。どくだみ? わたしは苦いものは苦手なので、それは入れず。ソースはちょっとどろっとしたような、見た感じはトンカツソースのようなソースでしたが、好みの味ではなかったので、ニョクマムとお水とビネガーで作ってあると思われる、最初から置いてあったさらっとしたソースにつけながらいただきました。家でするときは、春巻きは小さく小さく作るか、細長く作って短く切ります。これもおいしかったのですが、家で好きなだけハーブを入れていただくほうがおいしいかも。



画像




画像




最後は、フランスパンで食べるベトナム風(フランス風?)チキンカレー。チキンに癖があったので、わたしはじゃがいもとソースだけ(笑)。フランスパンだけでは塩味が強すぎて、わたしは食べられなかったので、ご飯を1人分いただきました。このカレー、夫が好きなので頼むのですが、正直なところ、わたしはあまりお薦めじゃないです。カレー粉っぽくて、塩味も強くて、日本の安い食堂のカレーを辛くしたような感じです。



画像




デザートも1つ取って分けましたが、はずれだったので写真はなし。


実は、食事が出てくるのが早すぎて、次から次へと出てきてしまい、わたしたちには大変せわしない感じでした。わたしたちは、もっとゆっくりと食事を楽しみたいのです。大人数で食べているなら、たくさん出てきたのを少しずついろいろお皿に取っていただく、ということをしますが、2人の食事でテーブル一杯にお皿が並ぶのは、あまり良い感じではありません。熱いはずのものが冷めてしまうし。途中まで我慢していたのですが、とうとう最後のメインのカレーまでが、まだ前菜が3品ほど残っている時点で出てきてしまいました。香港って、こういうレストランが結構あるのですが、お客さんはほとんどが欧米人でこのレベルのレストランではこれはどうかな、と思い、途中でウエイターさんに早く出しすぎだということを伝えたところ、気持ちよくカレーとフランスパンはキッチンに引き上げてくれました。もっと早い時点で、ゆっくり出してください、とお願いすれば良かった。


今日はビールを飲みながらいただきました。二人で750香港ドル(10000円ちょっと)。ランカイフォンという場所柄もあり、レストランもなかなか良いレストランなので、これが妥当な線かなと思います。ベトナム料理のレストランって、まだまだ少ないですね。あっても、金曜日の夜に夫婦で行きたいと思うタイプのレストランではなかったり。ここはおしゃれだし、食事もまぁまぁなので、たまに行くならいいかな、と思います。



Indochine 1929
2/F, California Tower
Lan Kwai Fong, Central

Tel: 2869 7399 Fax: 2840 1234

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
わぉ!私ベトナム料理って大好きなんです。
学生のときにバックパックで2週間ほどかけてホーチミンからハノイまで色んなところに寄り道しながら旅をしたのがいい思い出です。
今でも土日のランチなんかはフォーを作って食べたりしてますし、揚げ春巻(チャーゾー)もよく夕食時には登場しますよ♪お野菜もたっぷり取れるし、ベトナム料理ってヘルシーでいいですよね。ちなみに。揚げ春巻きは上記旅行の最中によくゲストハウスの厨房に入れてもらって作り方を教えてもらったりしましたけど、地方によっても違うみたいでしたし、それぞれの家によっても違う感じでした。ほんと冷蔵庫の残り物を具にして作るかんじで。それもまた各家庭の味があってどれもおいしかったですよ!今ではすっかり贅沢&ひ弱になってしまったので、もうゲストハウスには泊まれないですけど…(笑)
Masakong
2006/09/09 04:58
Masakongさん、そういう旅行は若いときの特権ですよね。Masakongさんは今でもお若いですが(笑)。

そう、ベトナム料理、お野菜やハーブをたくさん食べられるのでヘルシーだし、日本人の口に合いますよね。揚げ春巻き、Masakongさんのレシピ、今度教えてください!!

noodle
2006/09/09 10:39
先を越されました。行きたいんですけど、オットットが出張等で留守がちでまだ行けません。この写真を見るのが辛い、、、(笑)。洒落たレストランですね。私の行こうとしているところはベトナム人が沢山来るところですが、日本人は庶民的すぎてあまり来ないようなところなんです。でも、美味しいんですよ。

揚げ春巻き挑戦してみます。大体行くと今まで決まったものばかり食べていたんですけど、あるかな?とんかつソースみたいなベトナムのソースもあるんですね。まだ見たことないです。それもあるかな?

上の方のコメントでは冷蔵庫の残りを具にして春巻きにするとか。すごく合理的ですね。冷蔵庫の整理になるし、野菜も沢山食べられて。真似しようっと!
ぶん
2006/09/09 12:32
お久しぶりです。御無沙汰していた間の記事を 拝見しつつ とても
素敵なお暮らしぶりに 心が和みました。マクロレンズをお求めになり
美しいお花の写真もたくさんあって楽しませて頂きました。
ネールケアは まだ一度もちゃんとやったことがなかったので触発され
ました!ちょっとがんばってみます。『若い方は・・』という表現に??
と思ってしまいました(*^_^*)
IFCビルディングや香港空港など また懐かしいイメージがいっぱい
膨らんできました。今年中には香港を再訪したのですが・・・。
また 楽しみにお邪魔します。
mother-of-pearl
URL
2006/09/09 13:52
本当にご無沙汰しております。とうとうジャカルタに暮らし始め、一ヶ月が過ぎました。生活の基盤もでき、行動を開始しようとしたところ、多分日本人が聞いたら隔離しなくてもいいの?とういうような病気の洗礼を受けていました。こちらでは結構一般的な病気ですが・・・今は元気になり、侮るなかれ、ジャカルタといった感じです。
香港とは色々な点で違います。先ず自分の足で買い物に出かけられません。香港の便利さが恋しいです。食品は案外日本食を始めとして、手に入りやすいのですが、シティーのような品揃えのところはないです。今日も松の実を探してスーパーめぐりをしていました。やっと韓国スーパーにありました。またゆっくりこちらの良いところを吸収できればなと思っています。Noodelさんのブログを見て元気をもらいました。
サワディー
2006/09/09 15:51
ぶんさん、先越しちゃいました(笑)。中華料理やベトナム料理って、おしゃれなところより庶民的なところの方がおいしかったりしますよね。香港では、庶民的なところで食べるのはわたしはちょっと怖いんです、衛生観念があまり発達していない場所なので。それに、材料もやはり安い中国のものを使うので。トンカツソースみたいなソース、わたしも以前は気がつきませんでした。ぶんさんのブログでのコメントで、ああ、こんなののことだったのかな、と今回思ったのですが。
noodle
2006/09/09 16:10
mother-of-pearlさん、お久しぶりです。『若い方は・・』という表現はまずかったでしょうか?(笑)私の廻り、若い方たちは殆どの方がきれいにされているんです。わたしの世代ではせいぜい普通のマニキュアで、塗っていない人も結構多い気がします。mother-of-pearlさんのところにも、後ほどおじゃまします☆
noodle
2006/09/09 16:13
サワディーさん、病気になってしまわれたのですね〜。もう、お元気になられた、とのこと、良かったです☆ 外国で、それもまだ慣れていないところでの病気なんて、大変でしたね。

ジャカルタはまだまだいろいろな意味で大変なところだと想像します。文化も独特なので、面白い反面、大変なこともありそうですね。ジャカルタと香港って、そう遠くないですし、フライトも割りとリーズナブルだった気がします。ときどき香港に息抜きを兼ねてショッピングにでもいらしてはいかがでしょうか。
noodle
2006/09/09 16:17
ベトナム料理 〜 Indochine 1929☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる