Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港のレストラン 〜 Lumiere(ルミエール)☆

<<   作成日時 : 2006/09/02 02:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2



上海に出張していた夫が、今日空港に7時過ぎに着くフライトで戻ってくるということで、少し遅めのディナーをセントラルで食べることになっていました。香港の空港も関空と同じくらい効率の良い空港なので、上手く行けばタッチダウンして10分から15分後には、空港からセントラルまで出ているエアポート・エクスプレスに乗ることが出来ます。乗ってしまえばセントラルの駅まで23分という速さ。エアポート・エクスプレスのセントラル駅と続いている、IFCというビルの中にいくつかレストランが入っているので、便利の良いようにそこのレストランにということに。Redというレストランの良い評判を聞いたので一度行ってみようということになったのですが、電話をかけてみたら今日はパーティーで貸切。じゃあ、何度か行ったHarland'sにしようか、と電話をかけたら、ここもパーティーで貸切。3件目は、イタリアンのIsola。ここは一番早いテーブルが8時半。ちょっと遅いかなぁ、と、最終的に Lumiereというレストランになりました。やれ、やれ。

この、Lumiereというレストランには1年ほど前に友人夫婦数組と行ったことがあります。四川料理と南アメリカ料理のフュージョン料理、というもうひとつ良くわからないコンセプト。インテリアはとても素晴らしくて素敵なレストランだけれど、お料理の割にはずいぶん高かったという記憶があったので、今回4番目のチョイスとなったわけです。


ここは、ライティングがとても印象的なレストランです。あちら側に見えているのは、窓ガラスに写っているライト。その向こうは香港のチム側の夜景です☆ 窓側に座って夜景を見ながらのお食事はロマンチックでしょうね。わたしたちは窓側とは正反対側の壁側の席でしたが、4席のテーブルに案内されたので、夫と二人横に並んで座ってレストラン全体を眺めることが出来、それもなかなか楽しかったです。夜景も遠くに見えましたしね。



画像




真ん中にあるバーの上のライティングも素敵。写真は撮れなかったのですが、このレストランのロングバーも素敵です。


画像




すぐ目の前ではジャズのライブミュージック。なかなか良かったです。「セサミストリート」というリクエストが来て、なんでそんな曲??と思っていましたが、これがなんともJazzyで素敵な曲に変身していました。マイルスが演奏しそうなアレンジね、なんていいながら、楽しく聴きました。歌っている方も、思いがけないリクエストを自分流に歌うのを、とても楽しんでおられるように見えました。Jazzってアレンジでどんな曲もJazzになるから、素敵ですよね。中国のポップス(広東語ではなく、マンダリンのようでした)も1曲歌われていました。



画像




まず、サービスで出てくるアミューズ。小さな餃子のようなもの(中身は少しカレーの風味のあと、ぐわっと干海老の味が来ました。わたしは駄目でしたが、これはレストラン側の問題ではなく、わたしの問題です。。。スープはホット&サワースープ)



画像




前菜、メインを一人1品ずつ選んで、二人で分けていただきました。わたしが前菜に選んだのは、カリカリしたスペアリブというもので、スペアリブのお肉をタロイモの衣で揚げたものに、マンゴと何かのソースのついたもの。リンゴに入っていたので、ソースにもリンゴも入っていたのかも。丸いものの中身がスペアリブのお肉で、敷いてあるのがきゅうり。途中まで食べて、はっと気づいて写真を撮りました(笑)。飲茶にもっちりした衣の中に八角の香りのものが入っているものがありますよね?ああいう食感でした。食感が独特で、おいしいことはおいしかったですが、中身がスペアリブのお肉の必要性はないような気がします。あまり中身の味はしなかったので、何を入れても同じような。ソースは甘すぎて、つけるとソースの味しかしないくらい。


画像




夫が選んだ前菜は、チキンのファヒータ(fajita)というメキシコ料理。トルティーヤにチキンとワカモーレなどを巻いたもの。分けてしまってから写真を撮っていなかったことに気づきました。右手前に写っている、わけのわからない物体がそれ。あまりおいしそうに見えなかったのですが、予想に反して、とってもおいしかったです☆ 結構辛め。わたしはこれが一番気に入りました。



画像




メインにわたしが選んだのは、海老のチリとガーリックソース、というもの。海老チリ、好きなので。海老そのものはおいしかったのですが、ソースに濃厚な海老の味がして、わたしはちょっと苦手でした。が、たぶんそれがおいしいんですよね。これまた、レストラン側の問題ではなくわたしの問題で、普通の人にはおいしいと思います。夫はおいしいと言っていました。でも、メインコースで海老2尾だけってのは、どうだろう。。。左に見えている型に抜いてあるのはご飯。これまた、大変お上品な量。


画像




ここはライティングが赤いので、写真が全部赤くなってしまって何がなんだかわからなくなってしまっていますが、夫がメインに選んだのは、たくさんの野菜を炒めて長いパン(という説明でした)に入れて揚げたもの。長いパンというのは、大きな分厚い餃子の皮のようなものに胡麻がたくさんかかっていて、それにチリ入りの野菜炒めを包んで揚げたようなものでした。普通かな。おいしくなくはなかったです。



画像




滅多にデザートをオーダーしないわたしも、この量ではもの足らず、今日は珍しくデザートも。グランマニエ・スフレ。普通でした。



画像




夫が選んだデザートは、チョコレートのフォンダンケーキ。とろっとしたチョコレートが中から出てくるケーキ。アイスもおいしくて、熱いとろけるチョコレートケーキと冷たいバニラアイスという好きな組み合わせ。



画像




ご覧のように、量はかなり少ないので、わたしなどはしっかり3コースいただかなければ物足りませんでした。デザートをなしにして、もう1品スープか麺かなどを頼んでも良かった気がします。

ガス入りのミネラルウォーター大1本とワインと上の食事で1200ドルちょっと(18000円)は、このタイプのお料理には高すぎる気がしますよね。フレンチなどの手の込んだお料理ならわかりますがそうではないし、量もかなり少ない。盛り付けもきれいに盛り付けてはありますけれど、きゅうりとトマトが飾りだったりで結構安易ですし、手間隙かけているわけではありませんから。ただ、このお会計のうち、500ドルがワインだったのだそうです。ここはワインが高いらしい。ですので、ビールなどで食事をいただけば二人で800ドルくらいになり、このロケーションでこのインテリアなら、香港では妥当なところだと思います。中華料理やメキシコ料理にこの値段はどうかな、とどこか引っかかるものはありますけれど、とても賑やかで活気があっていい感じです。お友達同士で行くのにも、デートにも、雰囲気的には素敵なレストランだと思います。食事の方もまぁおいしいと思いますし、たまにはいいかもしれません。


Lumiere
3101-3107, Podium Level 3
IFC Mall
Central

(852) 2393 3933

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『四川料理と南アメリカ料理のフュージョン料理、というもうひとつ良くわからないコンセプト』というのに、笑っちゃいました。
ほんと、何だろう?(ぷぷっ)

こちらのレストランって、4人席に二人を通すとき、二人くっつけて席を用意されませんか?
うちの夫は、しっしっとばかりに向こうに行けと、私を横に来させずに、必ず正面に座らせます。
「私の顔が見たいのね!」と言いながら正面に座りますが(笑)。

Jazzyなセサミストリート、聞いてみたいなぁ〜。
先日、バンコクでTamaxちゃんたちと行ったイタリアンでは、ちょっと離れたところで生演奏、生歌があって、とっても良かったのです。
帰り際、歌ってる女性を見て、う〜ん、声だけにしておけばよかったというみんなの感想でした。(笑)
chisato
2006/09/02 14:52
chisatoさん、こんにちは。そうですか、2人並んでよく席を用意されますか? しっし、って(笑)。わたしたちが行くレストランは大体向かい合わせのような気がしますが、そう言えばロマンチックな雰囲気のお店は隣同士に案内されような気がします。夜景の素敵なところとか。あまりそういうところへ行かないので・・・。このレストランはテーブルが結構大きくて隣同士のほうが話がしやすそうだったのと(大きなレストランでかなりうるさかった)、ジャズライブを見たかったので隣に座りました。普段は向かい合わせのほうが話がしやすいので、そうします。

Jazzyなセサミストリート、すごく素敵だったんですよ。CDがあったらほしいくらい。ははは、声が素敵で歌が上手な人、ときどきそういうことがありますよね。
noodle
2006/09/02 15:03
香港のレストラン 〜 Lumiere(ルミエール)☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる