Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のランチ 〜 サプライズ☆

<<   作成日時 : 2006/10/07 19:10   >>

トラックバック 0 / コメント 6



わたしと夫はかなりboring(退屈な、面白くない)な夫婦で、あまりその日の気分でいろいろな行動をする、ということをしません。毎週土曜日はお昼前に家を出て、便利なところにあるということでマックか夜上海の飲茶かグレイトのカフェで軽いランチを食べ、お店をいくつか覗いた後、グレイトかシティースーパーで食料品の買い物をして帰って来ます。日曜日はほとんど出かけずに、家でPCを触ったり、音楽を聴いたり、本を読んでのんびりと。でも、たまぁ〜に、必要に迫られて、或いはどちらかの提案で普段と違う行動をすることもあります。今日はそんな日でした。

今日はPC関連の買い物があったので、夫がワンチャイに行かなくてはいけないのはわかっていました。いつもなら、パシフィックプレイスに車を止めて夫が一人でワンチャイに行き、わたしは夫が戻って来るまでお店をうろうろしたり本屋さんで過ごすのですが、夫が「今日はサプライズの日だよ〜。」と。夫がそう言ったら、もちろんそれが何なのか聞いても教えてくれません。「教えたらサプライズじゃなくなるでしょ。」といわれます。その通り。

ということで、今日はワンチャイまで車で行きました。サプライズはランチのことだろうな、と思っていましたが、ワンチャイであまりランチを食べたこともないので、どこか行ったことがないところに行くのかなぁ、などと思いながら付いて行ったのですが、駐車場からちょこっと歩いたところでひらめいてしまいました。「わかったぁ!アイリッシュ・パブでしょ?!」当たりでした☆


ワンチャイにあるこのアイリッシュ・パブは、わたしは以前1度だけ連れて行ってもらったことがあるところ。わたしは日本に一時帰国するとき、だいたい1週末だけ挟むのですが、その一人で過ごす土曜日に、夫がよくランチを食べるところです。ここでランチをして、ワンチャイのコンピューターのお店をうろつくのが、彼が楽しみにしている土曜日の過ごし方。特別食べ物がおいしいというわけでもないのですが、やっぱりパブがいいらしい。



画像




画像




私がオーダーしたスモークチキンとアボカドのサラダ。



画像




夫のビーフギネスパイ。



画像




Delaney's
18 Luard Road
Wanchai
Tel : 852-2804-2880



ところで、このサプライズっていい言葉ですよね。単語としてはもちろん悪いことが起こったときにも使いますが、貴方にサプライズがあるのよ、というと必ず良いサプライズ。このサプライズという言葉を初めて知ったのは、熊井明子さんの本、「私の部屋のポプリ」の中。日本ではまだポプリなんてとても珍らしかった頃の本で、彼女が日本に最初にポプリを紹介されました。高校生の頃、将来の夢も大きかった頃、彼女の本がとても好きで何度も読みました。ファンレターのようなものもお出しして、素敵なお葉書も2度ほどいただきました。静かな暖かい文章を書く方で、彼女の本からは外国の香りもして、わたしの知らない世界をたくさん教えてくださった随筆家のお一人です。若い頃は時々思い出しては手にしていたのですが、そう言えばここ数年読んでいません。今日夫がくれた「小さなサプライズ」でふと思い出して、読み返したくなりました。最近、この本が復刻版として出版されているようで、嬉しいことです。機会があれば是非手に取ってみてください、とてもお薦めの本です☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
☆この私も 熊井明子さん!ファンです。秘密の花園から赤毛のアンにあこがれて、熊井さんのエッセイをし知り、英国のポプリとかハーブの影響受けました。とてもとても前のことで。。。
実家にたしか、「私の部屋のポプリ」あるかとおもいます。函入りだったような?なつかしいなぁ。忘れてました。
「芋たこなんきん」NHKの朝ドラで田辺聖子さんの半生のドラマ化がはじまりました。結構これもはまっております。
なつかしいですか?ひょっとして 田辺聖子さん?
ワンチャイのパブ、イギリス旅の続きみたいで、楽しくていいですね。

mandarinjade
2006/10/08 00:15
外国の人ってサプライズ好きよね〜!そしてアンも!最近は気の効いた日本人男性(失礼!?)もサプライズ演出してくれる。。でもまだまだアンがすることのほうが多いのです。。(グスン。。だれかロマンチックな男性求む!笑)
でもみんななぜか「サプライズがあるよ〜」と内容は言わないまでも、「サプライズ」があること自体を予告してしまう。。。きっと、彼自身も驚かせる事が楽しみで、そして待ちきれないんでしょう〜。言わなければもっとビックリするのに、どうしても「サプライズがある、でも中身は内緒♪」といっちゃうのよね^^。アンもガマンしきれなくって、ついつい口にしてしまって。。さほど驚かせられなかた経験が。。。
でも、やっぱりその「心」が嬉しいのよ!そうなのよ!と熱く語っているのは何故でしょう。。。そして、どうしても「ギネスパイ・・」の味が気になる。。アンでした。

SWEET HONEY!
2006/10/08 00:34
sweet honeyさん(及びアンジェリーナさん、アンさん、アンジェさん・・・なんとお呼びすれば。。。?)、わたしの夫はそれほどロマンチックじゃないのですが、遊び心のある人なのでこういう演出は好きみたい。

ギネスパイ、味見にちょっともらったマッシュルームはおいしかったです。お肉は食べなかったのでわからないですが、夫はおいしいと言っていました。彼はわたしほどうるさくないのですけど、食べ物に。でも、見た感じはなかなかおいしそうでしたよ、パイの部分もカリッと焼けていて。
noodle
2006/10/08 00:54
mandarinjadeさんも熊井明子さんのファンですか?!好みが合いますね。そうそう、赤毛のアンも(熊井さんの影響だったのかどうかまでは覚えていませんが)たくさんシリーズを読みました。今でも取ってあります。

田辺聖子さんのドラマが始まったそうですね、他のブログでも話題になっていました。面白そう。たぶん母がビデオに撮ってくれているんじゃないかな、楽しみ。田辺聖子さんの恋愛小説、大好きです。

あ、そうそう、このパブの隣がなんとケバブショップでしたよ〜!例のラムを何層にも重ねて串に刺したのとチキンも同じように何層にもなって串に刺したのが下がっていて、これこれ、こういうチキンのケバブが食べたかったの、サンドイッチにして〜!というお店でした。テイクアウトと、小さなテーブルが3つほどありました。今度挑戦しようかな。でも、香港は衛生状態がちょっと心配だったりします。このお店、mandarinjadeさんにもお伝えしなくては、と思って。
noodle
2006/10/08 00:59
はじめまして。ぶんさんのブログから参りました。 
田辺聖子さんのファンなんですね。私も恋愛小説が好きです。私はぶんさんと同世代なので、nooodleさんよりかなり上の世代かと思いますが、「女の長風呂」シリーズも大好きでした。田辺聖子さんの本はご本人そのままのほんわりした柔らかなお話、でも、人生の酸いも辛いも知り尽くした大人の女性の書いた本ですよね。夢見る夢子さん的な部分もあるし・・。

熊井明子さんも懐かしいですねー。そういえば最近はどうされているのかしら。

こちらのブログ、写真も美しいし、文章も素敵ですね。ゆっくり拝読させていただきます。私はブログをいまだ持っていないので、お返しするものがないのですが、またお邪魔させてくださいね。あ、そういえばHNのnoodleは麺好きだからですか? 私も一日一麺食べるくらい麺好きです(^^)
machi
2006/10/08 08:30
machiさん、こちらでははじめまして、ですね。お越しいただき、ありがとうございます。ぶんさんのお年をはっきりとは存じ上げませんが、わたしもちょっと下程度だと思います。熊井明子さん、最近新しい本はお見かけしない気がしますが、妹さんがハーブ関係でご活躍で、お二人で講習会か何かされていたのを拝見したことがあります。

Noodleの由来は長い割につまらないので書いていないのですが、単なる夫がわたしを呼ぶときの愛称の1つなのです。ブログを始めるとき、香港とも合うし、麺類大好きなので丁度いいから、これにしよう!ってことになりました。

また、お越しくださいね☆
noodle
2006/10/08 13:31
今日のランチ 〜 サプライズ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる