Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Public Footpath コッツウォルズでウォーキング☆

<<   作成日時 : 2007/10/25 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0



英国(イングランドとウェールズ)にはパブリック・フットパスと呼ばれる道があります。日本にはないものなので説明がむずかしいのですが、簡単に言えば歩行者に通行権が保証されている道のことで、牧場や農地、時には普通のお家のお庭など私有地の中にもたくさんこのパブリック・フットパスが通っています。使用目的は変って来ているものの、100年以上も昔から使われ続けて来たパブリック・フットパスもたくさんあり、英国の伝統と言っても良いくらい。英国独特のもののようです。

前述のように、今回のイギリス旅行では、コッツウォルズのパブリック・フットパスを歩くのを楽しみにしていました。ウォーキングの本もいろいろと出ていて、夫は途中でパブでランチを食べることの出来るコースを書いた本を買って、これと思うコースをカラーコピーし、フォルダーに入れていました。パブリック・フットパスは森の中を歩いたり,牧場の中をつっきいったりするので、地図なしではとてもわかりづらいのです。



画像




パブリック・パスの入り口には、こんなサインが立てられています。



画像




パブリック・フットパスは原っぱを通ることが多いのですが、そこには羊や馬や牛などがたくさん放牧されていることが多いので、家畜が通れいようになゲートが使われています。いくつかの種類があるのですが、これはスタイル(Stile)と呼ばれるもの。踏み台のようなものに足をのせて、柵を跨ぎます。



画像




実際歩いたコースについては、また後ほど。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Public Footpath コッツウォルズでウォーキング☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる