Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Wine Dinner ワインディナー☆

<<   作成日時 : 2008/01/12 02:40   >>

トラックバック 0 / コメント 12



今日はなんだか一日中食べていたような気がします。日本人のお友達数人と味十味でおいしいランチをいただいた後、Causeway Bay(トンローワン)に1年ちょっと前に出来た Agnis b(アニエス・ベー)のカフェ(レストラン?)でケーキセット。内装もパリっぽくおしゃれで、ケーキもなかなかでした。昼間はカメラを持って出なかったので写真を撮れなくて残念なのですが、ご一緒したDECOさんが数日中にアップしてくださると思います。




agnes b. le pain grille
shop 1, G/F, 111 leighton rd,
CWB, HK
2577 2718




そして、夜は夜でイギリス人のお友達ご夫婦にお誘いいただいて、Shouson HillにあるCrown Wine Cellarというところでワインディナー。


画像




画像




写真は取り難い雰囲気だったので、最初に全体を少し撮っただけで終わりにしました。今思えば、せめてワインが入っている状態でグラスを撮れば、もっと雰囲気が出たのに。どうしてそういう基本的なことにそのとき気づかないのか、自分でも不思議。

このレストランはメンバー制で、レストランでの食事も提供していますが、ワインを預かってくれて、今日のようなワインディナーなどの催しが行われています。レストランの雰囲気が素敵なので一度食事に行きたいねとずいぶん前に何人かのお友達と話していたことがありました。メンバー制なのですが、そのときにコンタクトを取ってみたところ、1度だけならメンバーでなくても利用する事が出来るとお聞きしたのでした。結局そのときの皆さんとは行く機会がなかったのですが、今回思いがけなくお友達に誘っていただいて、行くことが出来ました。

今日はアルザスのワインメーカーの「Hugel & Fils(ヒューゲル・エ・フィス)」(写真の向って一番右の方がいらしていました)のワイン7種類をディナーとともにいただきました。アルザスワインなので主に白ワインで、赤は1種類だけでした。「お箸に一番合うワイン」という触れ込みで、つまり中華や和食などと合うということのようで、日本にもよく行かれるようなお話でした。実は、わたしは白ワインは苦手。飲めないわけではなく問題なく飲めますが、あまりおいしいと思わないのです。ワインを飲み始めた20年前は白ワインから始めましたが、そのうちだんだん赤が好きになり、それもとても重いタイプの赤が大好きになって、その頃には白は苦手になりました。今日は白ワインが主なワインだったので、食事もメイン以外はシーフードで、メインもわたしが苦手な鴨だったのですが、グリークサラダ、マッシュルームスープ、ビーフのカルパッチョ、フィレステーキに変更してくださいました。白はあまりおいしいと思わないので、うちで食事をする時は大体1杯くらいしかいただかず、後は夫が飲むことが多いのですが、せっかくのテイスティングなので今日はいつもよりたくさんいただきました。

いただいたワインは:

Hugel & Fils Gentil 2005
      Muscat Tradition 2005
      Pinot Gris Tradition 2002
      Riesling Jobilee 2004
      Riesling Jobilee 1988
      Pinot Noir Jubilee 2004
      Gewnrztraminer Vendange Tardive 2000


それぞれにはっきりとした特徴があって、面白かったです。夫は特に1988年のものが気に入っていました。20年ものなんてなかなか飲めないので、こういう機会に飲めるのは嬉しい。2004年のもとてもおいしいと皆さん絶賛されていました。


食事の方は正直なところ、わたしがいただいたものはあまり、でしたが、みなさんのシーフードの生ガキやおさしみ、ロブスターなどのディナーはとてもおいしそうでしたし、夫もおいしいと言っていました。日本の人は口が肥えている人が多いので、お食事そのものに満足されるかどうかわかりませんけれど、食前酒といただく生ガキを含めると6コースに6種類のワインがついて、1人HK$888(13000円くらい)。わたしは、もう最近はそれほど量は飲めなくなってしまいましたが、どんどん継ぎ足してくださるので、飲める人はお得だと思います。

これまで、他のクラブなどでもワインディナーに参加した事が何度かありますが、今回のワインディナーはとてもライブリーでリラックスした雰囲気で楽しかったです。ワインメーカーと参加者との交流も盛んでしたし、ワインメーカーの方はとても楽しい方で、それぞれのワインに関する詳しい説明もありました。オーストラリアからいらしていた別のワインメーカーのご夫婦も参加されていたのですが(先日はそこのワインといただくワインディナーの催しがあったそうです)、そのご主人がピアノがお上手ということで、リクエストに応えて何曲かビートルズの曲を弾きながら唄われたり、とても良い雰囲気でした。我が家からも遠くないので気軽にタクシーで行き来出来るのも良いですし、メンバーになる費用もとてもリーズナブル。夫もとても気に入ったらしく、メンバーになろうかなぁ、などと言っていましたので、なるかもしれません。タクシーで10分程度の距離なのですが、タクシーの中で時計をみてびっくり!夜中の12時を回っていました。それだけ楽しかったということですね。



Crown Wine Cellar
18 Deep Water Bay Drive
Shouson Hill,
Hong Kong Island,
Hong Kong


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は楽しかったですね〜 私もあの後また出かけ結局一日中食べて飲んでいた気がします。
ワインディナー楽しそうですね。しかもアルザスのワイン♪香港はアルザスワインが高いですし種類も少ないので、ワインディナーなどで色々な種類が飲めると嬉しいですよね。noodleさんは白は苦手なんですね〜私も日本では赤ばかりでしたが、香港の気候のせいかこちらへ来てから白も好きになりました。
DECO
2008/01/12 03:20
DECOさん、わたしも今そちらにコメントしていたところでした。DECOさんもあれからお出かけだったんですね。DECOさんはお若いから良いですが。。。(涙)。

アルザスワインて、正直あまり飲みたいと思わないワインですが(笑)、こういう機会があると普段飲まないものを飲めるので楽しいです。いつか、ご一緒しましょう。
noodle
2008/01/12 03:25
そうですよね 私も 赤ワインのほうが 今は 好きですが サムイは暑くて 白ワインのおいしいのを 今探してます。。ま〜毎日飲むのには 高いワインというタイですが ビール派で ないので ついついワイン。。 今気が付いたのですが Noodleさんもビール派じゃないですよね〜(笑)
cookie
2008/01/12 11:22
ワインディナー、いいですねー。
上海でもたまにこういう催しがあると耳にしますが、まだ一度も参加したことがありません。ワインだけでなく、集まってくる方々とのお話も楽しそうですよね。いつか行ってみたいと思いますー。
私は、お昼なら白、夜なら赤!って感じですー(笑)。
上海Signora
2008/01/12 11:49
cookieさん、ビール、結婚するまで飲めませんでしたが、何故かすぐに飲めるように(笑)。今では結構好きですよ。イギリスの(瓶入りや缶入りでなく、パブで飲む本物の)ビターも大好きだし、暑いときの日本やドイツのラガー系も好きです。食べ物に寄ってはビールがなくてはだめ。お好み焼きや焼き肉など濃い味はビールですね。タイ料理などアジアのお料理にはビールが合いますよね!
noodle
2008/01/12 12:04
上海Signoraさんもワイン大好きですもんね〜。一度一緒に買いに行きましたよね。わたしはシーフードがだめなので昨日はそれが出来ませんでしたが、こういう催しは、普通のワインのテースティングと違って、ワインと食べ物のマリアージュも楽しめるのも良いですよね。
noodle
2008/01/12 12:11
ヒューゲルの方いらしていたんですね。すっごいリスト、アルザスワイン代表の物ばかり、、店にもゲベルツはいれていますがライチーの香りがして飲み易く、いまでは私でもがぶがぶいってしまいそうな味。
この地方ドイツ領になったりフランス領になったりとの歴史があるだけドイツのワインの味に似ていますね。
クラブのワイン会大好きです。今はそのクラブメンバーの方が帰国したので長い間いっていないです。
noodleさんとベトナムでも私たちビール頼んでましたね♪
先日も夜バーに行った時「ビール!!」と言ってしまいました(笑)
madame okami
2008/01/12 17:55
例のレストランに行かれたのですね。羨ましいです。 昔の我家からは歩いてもいけた距離。 私達もそんなに素敵な場所を発見しておけば良かったです。
遅くなりましたが 今日もとっても楽しくて 美味しいランチが出来て田舎者の私にはとっても感激でした。 また誘って下さいね。
Olive
2008/01/12 17:56
madame okamiさん、そうそう、最初のワインはライチーの香りが強いものでした。わたしはちょっと苦手でした。。。いらしていた方、とても楽しい良い意味でフランス人らしい方で、とても楽しい会でした。

ベトナム料理にもビールが合いますよね!白ワインでも良いけれど、赤ワインは合わないですね。。。
noodle
2008/01/12 18:23
Oliveさん、こちらこそ楽しかったです。スタンレーもかなり田舎です(笑)。この辺りに住んでいる人たち、みなさんラフなリゾート服ばかりですし、お化粧っけもなしです。

そうなんです、みんなで行こうって言っていましたよね、このレストラン!わたしがいただいたお食事は、元々のメニューのではなかったので、もう一つだったのかもしれませんけれど、お食事メインより雰囲気を楽しみに行くところかなぁ、って気もしますが、どうなんでしょうか。もし、メンバーになったらご一緒しましょう。
noodle
2008/01/12 18:26
あのとき行きたいと話していたワインセラーですね。羨ましい〜。喧騒を離れた静かなところにあるのも素敵だなって思っていました。といっても、ワインのことは分からないのですが、よい雰囲気のなかで、いろいろなワインが楽しめていいですね。20年ものって、どんな味がするのでしょう?
Shanti
2008/01/12 22:52
Shantiさん、そうです、結局行く機会のなかったあのワインセラーです。20年ものの白ワインは、色もずいぶん濃くなり、味もしっかりしたお味で甘めでした。
noodle
2008/01/13 01:43
Wine Dinner ワインディナー☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる