Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Italian in Kobe 神戸の老舗のイタリアン☆

<<   作成日時 : 2008/02/10 18:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0



神戸に着いた日のディナーに行くつもりでいたイタリアンレストランが臨時休業していたので、では、昔良く行っていた「Donnaloia」(ドンナロイヤ)に久しぶりに行こうということになりました。結婚してもうすぐ20年になるのですが、おつきあいしていた頃から良く行っていたレストランです。当初は大丸百貨店の近くにあったビルの地下にありましたが、震災でそのビルが潰れて、しばらくして今の加納町のビルの中に再オープンされました。今では数え切れないくらいのイタリアンレストランが神戸や阪神間にはありますが、20年前は神戸にもまだそれほど多くのイタリアンレストランはなく、ドンナロイアは神戸に住む欧米人に知られていたお店だったと思います。なにしろ創業55年だそうです。夫が神戸で初めて行ったレストランがここだったとかで、海外赴任して神戸に住み始め、マンション探しに使った不動産業者さん(アメリカ人)が連れて行ってくれたのがこのレストランだそうです。10年ほど前に香港に引っ越すまで10年少しの間、2,3ヶ月に1度か2度くらいは行っていたでしょうか。わたしたちにとっては行きつけのレストランの1つでした。

5年ほど前に夫と一緒に一時帰国したとき、懐かしくて食事に行ったのですが、まだ同じサービスの係りの方がお二人ほどおられ、中でもいつもわたしたちをテーブルに案内してくださって、その日のスペシャルの品を10品ほどメモも見ずにすらすらと説明してくださるベテランの女性は、わたしたちの名前まで覚えてくださっていてびっくりしました。今回もやはりいらっしゃって、名前も覚えてくださっていました。オーナーシェフまで挨拶に出てきてくださって、恐縮しました。


昨日は前菜の盛り合わせ(おまかせ)をシェアーしました。8種類のきのこをソテーして白ワインビネガーでマリネしたもの、ナスを焼いてバルサミコ酢をかけたもの、トリッパ(胃)のトマトソース煮。



画像




夫はカネロニ。本来は1本のところを2本にしてもらって、メインとしていただきました。少しわたしも分けてもらったのですが、わたしたちが思うカネロニとは違い、中身はミートソースではなくたぶん牛のすね肉をよく煮込んでほぐしたもの、ソースはホワイトソースに少しチーズがかかったもので、トマトソース系のものは使われていませんでした。焦げたところが香ばしくて特においしかったです。



画像





わたしはポテトのニョッキのトマトソースにしました。とてもおいしかったです。




画像




当時通っていた頃は夫も若かったので、前菜、パスタ、メイン、デザートといただいていましたが、今回はパスタをメインにいただきました。こちらはパスタはメインとしてでなく、イタリア式に2番目のお皿として出されているので、パスタの量は少なめです。



デザートは栗のチョコレートケーキをシェアー。



画像




ワインは、バルバレスコ。



画像




ここのミネストローネが大好きでよくいただだいたのに、すっかり忘れていて、ホテルに戻ってから「ミネストローネをいただけば良かった!」と思い出しました(笑)。

決して今風のおしゃれなレストランではありませんけれど、いつ行っても同じ味がいただけるレストラン。懐かしい話をいろいろとしながらの、おいしいディナーでした。





ドンナロイヤ
神戸市中央区加納町2丁目5番1号
神戸滋慶ビル地階

Tel:(078)261−9291

定休日 火曜日




そして、ディナーの後はジャズのライブのある「ソネ」にも足を運びました。ここもやはり結婚する前からよく行ったお店です。1ステージだけ聴いて、「寒い、寒い!」と言いながらホテルまで歩いて帰りました。楽しい1日でした。




画像




画像





SONE (ソネ)
神戸市中央区中山手通1丁目24−10
Tel:(078)221−2055




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Italian in Kobe 神戸の老舗のイタリアン☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる