Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Italian Cooking Class イタリア料理のレッスン☆

<<   作成日時 : 2008/03/12 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2



香港はもうすっかり初夏、気温は25℃まで上がっています。まだ香港としては湿度が低めなので日陰を歩くと肌寒く感じますが、陽が当たると結構暑い。あ〜、もうすぐ恐怖の夏がやって来ます(涙)。

さて、今日は,楽しみにしていた「Luscious Delicious」さんでのイタリア料理のレッスンでした。イタリアからいらしたChef Diegoさんによるレッスン。

今日のメニューは;

前菜: ポレンタの器に入ったブロッコリー、マッシュルーム,スペックのパルメジャーノフォンデュー
お魚のコース:イイダコ(今日は小さなイカ)とクスクス
お肉のコース:豚フィレ肉のゴートチーズ詰め、いちぢくとくるみ添え
デザート:キャンディーに詰めたリンゴと松の実、チョコレートクリームソース


まずは、前菜の「ポレンタの器に入ったブロッコリー、マッシュルーム,スペックのパルメジャーノフォンデュー」( Polenta nest w/broccoli, mushroom, speck in parmigiano fondue)。



画像





画像





「パルメジャーノフォンデュー」とメニューにはあるのですが、予定が変わったのでしょうか、それらしきものはありませんでした。それともこういう形か調理法をそう呼ぶんでしょうか?? 戻って来てから気づいたので、お聞き出来ませんでした。

ポレンタというのはトウモロコシの粉で、お湯やスープを加えながら練るもので、マッシュドポテトのような状態でいただいたり、固めてから焼いたりしてお肉料理などに添えていただくものですが、わたしはあまり好きではないのです。独特の匂いと食感がちょっと苦手。食べられますが、「おいしい!」とは思わないということ。でも、マッシュドポテト状になっているよりは、固めてあるものの方が食べやすいです。

スペックというのは、塩漬けと風味付けをされてからスモークされるもので、よく知られている生ハムより脂身とそうでない部分がはっきりと分かれています。日本ではあまり見かけた記憶がないのですが、香港ではパックされた生ハムなどと並んで薄切りのパックはよく見かけます。今日はブロック状のものから厚めにスライスされたものを使われていました。

見た目がとてもかわいらしくおしゃれっぽく、前もって準備も出来るのでおもてなし料理に向くお料理だと思うのですが、ポレンタがあまり好きじゃないので。。。あまり好きな人って回りにいません。食べ慣れて好きになるものの1つなのかもしれません。



お魚のコースは、小さなタコとクスクス( Cous cous w/moscardini (baby octopus))。今日は小さなタコがなかったので、小さなイカで作られました。わたしはいただけませんでしたが、とても柔らかくておいしいと皆さんに大好評でした。



画像




こんな盛りつけも。



画像




お肉のコースは、豚フィレのゴートチーズ詰め、いちぢくとくるみ添え。(Pork fillet w/goat cheese, figs & walnut)。



画像




そして、デザートは、キャンディーに詰めたリンゴと松の実、チョコレートクリームソース( Short-bread ‘candies’ filled w/apple & pinuts in chocolate cream)。英語が何故「パフペイストリー」ではなく、「ショートブレッド」になっているのかは謎。変更になったのでしょうか、それともイタリア的表現?? お聞きするのを忘れました。。。キャンディーとなっているのは、パフペイストリーをキャンディーの包み紙のような形に形作るからなのですが、焼いているうちに開きました(笑)。パフペイストリーに固めのカスタードクリーム、りんご、松の実が入っています。あっさりしているので、日本の人もおいしくいただけます。



画像




シェフの調理や盛りつけの様子。あっさりシンプルな盛りつけで、わたしは好きです。



画像




画像




画像




画像




画像




こちらのテーブルも、いつも素敵なのです。花器も使いやすそうで素敵なので、どこで入手されたのかお聞きしましたが,何年も前なのでもう売られていないだろうとのことで、残念です。クロスは写真よりも全体に明るい色で、春らしい素敵なテーブルでした。




画像




画像




シェフのことは何も存じ上げないのですが、イタリアでも高級レストランのシェフなのかなぁ、と勝手に思っています。イタリア料理も高級になると、上品で少しフレンチっぽくなりますよね。そういう感じのお料理でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております、さくらです。
コメントをさせていただくのは久しぶりです。
が、noodleさんのブログには毎日お邪魔しておりました(笑)。
美しいお料理ですね〜。目でも舌でも楽しめそうです!
noodleさんのお料理とテーブルセッティングも、いつも素敵ですよね。
ポレンタは、漫画「のだめカンタービレ」に出てきました。そのときに初めて知ったお料理なのですが、どんな味なのかずっと気になっています。
さくら
2008/03/12 23:11
さくらさん、お久しぶりです。いつも覗いてくださっているとのこと、ありがとうございます。我が家のテーブルは暗い色が多いのですが、Luscious Deliciousさんはきれいな明るい色が多くて楽しいテーブルです。

ポレンタ、ちょっと癖がある食材のように思います.夫は結構好きみたいです。マッシュドポテトのようにすると、ちょっとぬめっとして、ざらっとして、独特の食感。好きな人は好きなんだろうなぁ、という食感です(笑)。
noodle
2008/03/12 23:19
Italian Cooking Class イタリア料理のレッスン☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる