Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Chinese Tea Course 中国茶のレッスン(初級2回目)☆

<<   作成日時 : 2008/04/04 00:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2



画像




画像




画像が手元になかったので、とりあえず一度レッスンの画像はなしでアップしましたが、自分の記録としても残しておきたいので、もう一度写真付きで先々週の中国茶のレッスンをアップしておきます。

先々週の初級2回目のレッスンは緑茶でした。試飲は雲南省の緑茶2種類(同じ緑茶でもずいぶん違いました)と緑茶ベースのジャスミン茶2種類。お茶を入れる練習にはジャスミン茶しか使えなかったので、ジャスミン茶に飽きたわたしたちのために日本の緑茶も1種類使わせてくださいました。


雲南省の緑茶。こちらは試飲はたぶんしなかったと思います。(たった2週間前の事なのに、はっきりと思い出せないのですが、もうこれしかないので出来ないということだったような気がします。)



画像




こちらも雲南省の緑茶。色が上のものより濃く、お味は少しスモーキーな燻したようなお味がしました。実際に燻したりしているわけではなく、茶葉そのものがそういうお味なのだそうです。



画像




こちらは、女児環と言われる緑茶で、女性のイヤリングと言う意味だそうです。棒にくるくるっと巻き付けてこういう形にしているのだとか。



画像




パールジャスミン。ジャスミン茶には(良い茶葉を使ってもジャスミンの香りで消えてしまうので)あまり良い茶葉は使われていないと聞いていますが、このジャスミン茶は香りが良いので好きでよくいただきます。



画像




茶葉は、産地などによって大きさが全然違います。このすっかり錆び付いてしまった頭では、どれがどの大きさと覚えられるはずもないのですが(笑)、こんなに違うものなのだということを知るだけでも興味深いこと。



画像




レッスンはいつも和やかな雰囲気で進められて、前に出て煎れるときは緊張しますが、そのほかの時間はリラックスして楽しく受けさせていただいています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
見慣れたお茶の葉が、noodleさまの腕にかかると芸術的♪茶荷に入っているジャスミンもこんなアングルで撮っている!と感心しました。お湯を流している様子も綺麗ですね。他の茶葉の撮り方も素敵☆平面に置くと葉が立体的になりますね。私もこんなふうに撮れたらいいなって思いました。
Shanti
2008/04/04 18:20
Shantiさん、お誉めいただいてありがとうございます。でも、設定している状態で撮るだけなので、記録用写真のようで楽しくない写真だと自分では思っていました。Shantiさんのお茶の記事のお写真、いつも素敵ですよ〜♪ 今、そちらにおじゃましたところでした。
noodle
2008/04/04 23:17
Chinese Tea Course 中国茶のレッスン(初級2回目)☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる