Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Practice 中国茶の練習☆

<<   作成日時 : 2008/06/23 20:03   >>

トラックバック 0 / コメント 4



今日は朝からキッチンの整理にかかりました。引っ越し業者さんが入れたものを全部出して、使い易いように考えながら整理しながら入れ直しをしたのです。途中でちょこっとメールをしたりランチ休憩を挟んだりしましたが、ついでに長く使っていなくて汚れていたものを洗ったりしていると、結局ほぼ一日かかりました。やれやれ。昨日オーダーした収納家具が来て、作り付けの棚(棚と棚の間が広すぎる)に棚を足してもらわなくては完全には整理出来ませんが、一部とりあえず後で動かすつもりで入れているものを除いて、全体的にはなんとか使い易く収納が出来ました。以前のマンションより収納棚の奥行きがあるのでものがたくさん入るようです。今のところ、それがこのマンションが前より良かった部分ですかね。キッチンが片付いていないのは、イライラの元。しかもここのキッチンはドアがガラス戸なので、ダイニングから見えてしまうのです。やっと、すっきりしました。

これでリビング/ダイニングルームとキッチンが片付きました。尤も一番片付け易い場所なのですけれど。家具の入れ替えがありましたが、大体は前のマンションのものをそのまま入れれば良かったですからね。

主寝室はほとんど片付いたのですが、まだ1つ家具を買わなくては入り切らないものがあります。タオル類とベッドリネン類。以前のマンションでは、バスルームに大きな作り付けの棚がありましたし、廊下にも大きな作り付けの棚がありましたが、このマンションにはないので、ベッドルームにタオル用の収納棚が必要です。まだ、他の家具と馴染んで用途に適していそうなものが見つからないのでまだ片付いていないのです。ブラインドもまだつけに来てもらっていないので、昨日、お友達からもらった古いレースのカーテンを夫が無理矢理なんとか窓にかけていました。壁一面が窓で、大きな道路を挟んだあちら側に建物が見えているので、ブラインドなしでは生活しにくいです。

明日は麻雀の日なので、片付けはお休みです。一気にやってしまいたい、と思う気持ちを鎮めつつ、焦らずにやります。一番の問題は、キッチン横のワークルーム。こちらのマンションはベッドルームにある作り付けの収納が以前のマンションより格段に少なくなっていますし、スタディーは小さいので作り付けの棚もほんの少ししかありません。前のマンションのスタディーには大きな本棚が4つの他に、壁一面に大きな作り付けのクロゼットがあったので、そこにわたしのクラフト関係のものや古い写真、文房具ラッピンンググッズなど様々なものが入っていました。ゲストルームにもやはり大きな壁一面に作り付けのクロゼットがあったので、そこには着物、着物の端布、季節外れの洋服などがぎっしり入っていました。その上、別に一部屋丸々収納に使っていたので、そこに入っていた本棚からはみ出していた本やお客さん用のお布団など、いったいどこに入れようかと頭を悩ませています。考え始めると頭のなかでいろいろなことがぐるぐる。。。まぁ、一部屋ずつ、ですね。



キッチンの整理が終わってから、お茶が飲みたくなったので、中国茶の練習を兼ねて入れてみることにしました。いつもは、ダイニングルームのテーブルで練習していたのですが(いつもって、たぶん3回くらいですが 笑)、今日はスタディーのデスクで。というのは、これまでコンピューター用の小さなデスクを使っていたのですが、今回引っ越して来た先では、下の階の小さな変形のお部屋(たぶん子供部屋として使えるようになっているのでしょう)の角に作り付けのデスクがあります。それを夫が使うというので、わたしはこれまで夫が使っていた、いつも山のように夫の書類だのCDだのが乗っかっていた大きなデスクを使えることになったのです(嬉)。家具の配置を決めるソフトの図の大きなほうのデスクです。広々としているので、気持ち良いのです。

実は、中国茶用の電気のポットの置き場にずっと困っていました。リビング・ダイニングにはどうも合わず、キッチンに置くと場所を取ってしまうし。スタディーなら雰囲気が壊れるということもなく、お茶の道具もここに置いておけばときどきこうして気軽に練習が出来ます。良いことを思いついちゃいました☆




画像





ちなみに今日煎れたのは、ルシャス・デリシャスさんでの春茶会のときに、お安いお値段で分けていただいた10年ものの大紅袍(岩茶)。やっと茶壺を煮たので、今日は茶壺で煎れてみました。まだ、少し土臭さが残っている気がしますが、おいしくいただきました。この茶壺は岩茶用になりました。茶壺は、お茶の種類別にある程度分けて使う必要があるのです。

来月、ルシャスデリシャスさんで夏茶会があり、とても楽しみにしていたのですが、コンピューターの不具合らしく予約が入っていなかったそうです。まだ満席になる前にお友達がせっかく予約を入れてくださったのに、とても残念。わたしのコンピューターからは予約不可能なので、夫に一度なんとか出来ないか聞いてみようかと思っていますが、たぶん彼にもわからないだろうなぁ。




以前のマンションも今のマンションも英語で言う「ドュプレックス」、日本語で言うとメゾネットでしょうか、マンションだけれど1階と2階があるので、中に入ると一軒家のような造りになっています。前のマンションはベッドルームは4部屋とも上の階にありましたが、こちらは下の階に2部屋、上の階に2部屋という造り。下のお部屋のうち1つは主寝室としても使えるタイプのお部屋で、もう1つ小さな方のお部屋をスタディーに使っています。以前はスタディーも2階にあったので、夫が出張している時などはほとんど一日中スタディーでブログをしたりメールをしたりして、1階にはあまり降りなかったことも多かったのですが、ここでは朝起きてシャワーを浴びたら下の階に降りて来ることになります。以前はベッドルームの隣がスタディーだったのでいつでもコンピューターがすぐ側、という状態で便利でしたが、今はわざわざ下に降りて来なくてはいけないのでちょっと面倒な気がしています。その反面、キッチンが側にあるので、こうしてスタディーでお茶を入れたりすることも出来る、という訳です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
丁寧に読みながら頭の中に模型を作っていくと 新居が完成?!しましたよ^^ 先日もお話させていただきましたように私も今中国茶(照葉樹林
帯における茶の文化)をお勉強中。先日は中国茶芸師の留学生の指導でお茶会が開かれました。今私は中国のお茶の香りに惹かれています。
私も今電気ポットを購入しようと思っています。こちらではステンレスのものしか見つからないのですが どちらでお買い求めになられたのでしょう。。ステンレスの物・・・二の足踏んでいます。。。
マフ
2008/06/23 22:42
こんにちは。毎日 お疲れさまでございました。
ゆっくりとお茶を煎れられるぐらい落ちついたようですね。
「まだまだよぉ〜」と聞えますが、、、(笑)
岩茶用の私の茶壺は、以前朱泥をつかっていたのですが、姿が好きな色にならず、それから、紫泥もしくは黒泥で煎れています〜☆
天気予報で、香港の近くに台風がいってるようで、、、悪天候でしょうか?
mandarinjade
2008/06/23 22:45
マフさん、先日先生に毛蟹茶のことをお聞きしました。それほど高級なお茶ではないけれど、甘いお茶で人気だとのこと。毛蟹の足のように毛が生えているようにみえるところから名付けられたそうです。

この黒い中国茶用ポットは、広州で買いました。香港でもお茶屋さんで似たようなものを見かけます。普通にお湯を沸かすポットを長く使っていましたが、上手くお湯が落とせないので、やはりこれがあると便利です。でも、香港と日本では電圧も違いますから、面倒ですね。日本ではまだ売られていないのでしょうか。
noodle
2008/06/23 23:20
mandarinjadeさん、こんばんは。ほんと、まだまだなのですが、少しは生活も楽しまないとね。普段生活するところだけは片付いたので、やれやれですが、まだ半分以上残っていて、昨日いらしたお友達も荷物の多さにびっくりされていました(笑)。

台風の警報T1が出ていますが、あまり近くはないようで、まだ雨も風もありませんが、少しお天気が崩れるようです。
noodle
2008/06/23 23:24
Practice 中国茶の練習☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる