Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Chinese Tea Course 豪雨 → 中国茶(中級)のレッスン → 大ボケ☆

<<   作成日時 : 2008/06/07 03:16   >>

トラックバック 0 / コメント 18



今日は、一日中雨でした。それも、一時期は台風のようなすごい雨。こんな日はのんびりと好きな音楽でも聞きながら、お家で本を読んだりビデオを見たりして過ごすのに限りますよね。

なのですが、新星茶荘さんでの中国茶の中級コースの1日目だったので、丁度一番酷い降りの中出掛けました。スタンレーまでシャトルバスで出て、降りたところから屋根のあるバス停まで5歩、1秒の距離で体半分びっしょり(涙)。横殴りの雨が凄まじい激しさで降っている中、ふと心配になって何か警報が出ていないか、ご一緒するChizChizさんにお電話してみました。黒雲警報が出るとお店などもお休みになるのでレッスンもキャンセルになります。結果は黄雲。仕方なく(?)ガラガラのミニバスに乗りました。画像処理をして少しはっきりと見えるようにしていますが、実際にはもっともっと雨で霞んで、あまり前が見えない状態でした。道が川のようになっているの、わかりますか?



画像





トンローワンに着く頃には,雨も普通の降りになっていたので、ヤレヤレ。




中国茶のレッスンは、蓋を開けてみればたまたま8人中5人の方たちのご都合が悪く、出席者はmarumiyさんとChizChizさんとわたしの3名だけ。わたしたちは少人数でいろいろ質問が出来ましたし、2度も練習も出来て良かったのですが、先生にはとても申し訳ないことでした。欠席の方たちはもちろんそれぞれ先生にご連絡は差し上げてらしたのですが、まさかどなたも他にもそれだけお休みがあるとは思われなかったのです。わたしも3人お休みだと知っていましたが深く考えていず、他の方々は出席されるものだと思い込み。。。日程変更すれば良かったですねぇ〜、とみんなで恐縮しつつのレッスン。次回からはこういうことがないように、連絡をしあうことにしました。

さて。今日のレッスンは烏龍茶。全部で6種類のお茶を試飲させていただきました。最初の3種類は、色種と呼ばれる烏龍茶で、形は鉄観音(鉄観音も烏龍茶の1種)と似ているけれど、低い等級のもの。飲茶などで出されるお茶はこのタイプ。いただいてみると独特の渋みがあり、おいしいお茶を飲み慣れているわたしたちにはおいしいとは思えないお茶です。3種類の等級を飲み比べたのですが、やはり等級が上がると少し渋みが和らぐようですし、同じ量の茶葉を入れても飲んだ後の茶葉を比べるとこんなに嵩が違います。等級が良いほど膨らみます。どれも入れる前の茶葉は全体にあまり揃っていず、大きめ、色は茶色。



画像




4番目にいただいたのは、鉄観音。鉄観音は中国福建省安溪のお茶。試飲させていただいたのは上の3種類のように等級がついたものよりも上等のもので、「紅芯鉄観音」という種類。色は上の3種類より緑がかっています。上等の烏龍茶の茶葉は入れる前は小さく見えます。香りはじわじわと香って来る,という感じ。



画像




画像





5番目の試飲は、中国烏龍茶の代表と言われる「黄金桂」。キンモクセイの香りがすることからそう名付けられているそうです。日本の方が好きな烏龍茶で、初めて中国茶を習った時にもいただきましたし、中国茶をお茶屋さんに買いに行くと薦められることが多いので、わたしにとっては、とても馴染みのある烏龍茶の味です。何度かお土産に持って帰ったこともあります。やはり、緑がかった色。入れたお茶の色は薄い黄色っぽい色。口に含んだとたんに香りが広がります。




画像





6番目の試飲は、烏龍茶にキンモクセイの花を混ぜた「桂花烏龍」。上記の「黄金桂」は茶葉自体にキンモクセイの香りがするのですが、こちらはお花でその香りをつけたもの。




画像




画像





今日は人数が少なかったので、「1種類について3杯づつ飲んでください!」とのご指示があり、みんな頑張って(何度もトイレに行きながら 笑)飲みました。中国茶は良いお茶程多くの回数入れることが出来、葉っぱが開き切るまでいただけるのですが、ある程度入れなければ葉っぱの開き具合を見ることが出来ないのです。

先生が試飲のために入れてくださっているときは、蓋碗(蓋付きのお湯飲み)で入れてくださっていましたが、練習の時は今日初めて茶壺(急須)を使いました。蓋碗の使い方は昔習った事を少しは覚えていたのですが、茶壺の使い方はすっかり忘れていました(涙)。人数が少ない分、時間も多めにあったので、1人2度ずつ入れる練習もさせていただき(未だに緊張して、何が何だかわからなくなるのですが)、わたしたちはお得でした(笑)。急須の形の選び方などもいろいろと教えていただきました。我が家にある急須をもう一度みて、どれがどのお茶に適しているのか見てみなくては。そして、ちゃんと使ってあげなくてはね〜。茶壺は使い始める前に処理が必要で、それが面倒で未だ一度も使っていないものばかりなのです。

レッスンの後も茶器を見たり,先生とお話したりしてお店を出たのは5時ごろ。それから場所を移動して、タイムズスクエアーでおしゃべり。例によって例の如くあっという間に時間は過ぎ。。。台湾、シンガポール,上海と3カ所に出張し、夜8時ごろの便で戻って来る夫と空港で会うことになっていたので、7時半頃,もう行かなくちゃ、とエレベーターに向って歩いたときに、その事件は起きました。おしゃべりしながら歩いていたら、足下を見るのがおろそかになり、ふと見ると「え??」足を置くところがない。。。タイムズスクエアーの本屋さんの入り口が一段高くなってカーブを描いているのですが、そのカーブが突き出ているところが目の前に〜!わたしは3人のうち一番そのカーブ寄りを歩いていたのです。そこで足を止めれば良いものを、あ〜〜っと思った時には間に合わず(運動音痴なもので。。。ドンくさ〜という家族の声が聞こえて来そう)、思いっきり派手に転けてしまいました(号泣)。痛いやら恥ずかしいやら。歩く時は、ちゃんと前と下を見て歩きましょう。

思いっきり左膝を打ち付けて、数分間は酷く痛くて一瞬気分が悪くなるくらいだったのですが、そこから5分程歩くMTRのトンローワンに着く頃には痛みはそこそこ治まっていました。膝を触ってみると膝のすぐ下がぼっこりと出ていて、そっと見てみると青くなってはいましたが、青くなっているところがひりっとする程度だったのです。MTRのセントラルからエアポートエクスプレスの駅までちょっと距離があるのですが、早足で普通にさっさと歩けているくらいだしそんなに酷くはないかなぁ、などと思っていました。「それにしても、あ〜、恥ずかしい」と思いつつ、「ほしいと思っていたあの骨董の茶杯を買わなくて良かったぁ〜。あ、カメラは大丈夫だったのかな、あのときバッグはどうなってたんだろう??」などと考えながらカメラをチェックしたり、結構余裕だったのでした。

ところが、エアポートエクスプレスで空港に着いて(所要時間30分弱)立とうとしたら、え〜、立てない?! うそ〜! どんどん腫れていっているのは感じていましたが、膝を伸ばせないくらい腫れているとは。ひぇ〜〜〜。膝を曲げたままぴょこぴょこと変な歩き方で到着ロビーまで歩き、夫が出て来た途端に「転けちゃった〜〜〜!」。

空港で軽くご飯を食べて(第2ターミナルに「Habibi」があると聞いて行ったのですが、カフェとは名ばかりのところでした、お勧めしません。。。)、戻って来てすぐに冷しました。

ちなみに、何を使って冷したと思います? 答えは「冷凍のフライドポテト」(笑)。イギリスではこういうとき、冷凍のグリーンピースを使って冷すらしいのです。確かに、上手くどんな形にも沿ってくれますからね。でも、グリーンピースがなかったから、と夫がフライドポテトを持って来てくれました(笑)。

まだまだ引っ越し準備が残っているのに、この週末で全部終わらせようと思っていたのに。。。全く、非常に情けない状況です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
noodleさん、あの場所では、昨日は不可抗力の事件でした。でもあの後思ったのは、私ももしあの時よけられなかったら、さらにnooldeさんの上にごろ〜んとなって、つぶしていたかもしれません。ひざ、暫くの間痛いかもしれません。無理しないでくださいね。イギリスでは冷やすのに冷凍グリンピースとは知りませんでした。どこの家にもあって、形も便利ってことなんでしょうね。我が家には冷凍ご飯しかありません。。。
昨日のお茶レッスンも楽しかったですね。また次回楽しみです。
ChizChiz
2008/06/07 10:12
ChizChizさんは運動神経が良いので、あんなことには絶対なりませんでしたよ〜。わたしがChizChizさんの上になっていたら、ぺちゃんこにしちゃっているところでしたが(笑)、その反対ならモーマンタイです(笑)。

イギリスには、ソフトなアイスノンなんて便利なものはなさそうですからね〜(未確認ですが)。冷凍ご飯では、膝の形に沿いませんぞ〜。

お茶、たくさん飲みましたね〜。
noodle
2008/06/07 10:17
ありゃ〜大変でしたね。。。 それでなくても床が 濡れているでしょうし 滑りやすいのでは。。 滑りやすい季節?? 写真も凄い雨ですね〜こういうときは 出たくないですもんね〜。 日曜から 3日hkですが
なんとなく こういう天気の香港憂鬱ですよね。。
cookie
2008/06/07 10:55
cookieさん、濡れていて滑ったならまだ救われるのですが、鈍臭いとしか言いようのない状況で転けたので、情けないやら恥ずかしいやらです。

今日は、黒雲になっています。雨の日は、家でのんびりが出来ると一番良いのですけどね〜。でも、仕事している方たちは、どんなときも出掛けなくてはいけないんですよね。働いていた頃、膝まで水に浸かってしまい、革靴がすっかりダメになったことを思い出します。
noodle
2008/06/07 11:28
noodleさん、お茶おいしそうです。私もお茶きちんと入れられるか心配、記憶に自信ないです。
膝は大丈夫ですか?私の場合も同じですぐに歩けて成田着く頃にはもう歩けず翌朝もっとひどくて、靭帯が伸びていたので夜は冷やし腫れが収まったら、翌日から温めろと言われました。
兎に角安静にしていることしかないようです。私も結婚式、その後移動、そしてお店があったので安静に出来ない状態。今でもまだ膝いたいので、
できるだけあまり歩かないように、、引越しは業者さんがとりあえず運んでくれるのでと思っていますがそーもいかないですね。わかります。
適当にがんばってくださいね。
madame okami
2008/06/07 12:06
madame okamiさん、お茶のいれ方、なかなか覚えられません。先生は全然怖くなくてお優しいのに、やっぱり緊張してしまいます。練習あるのみ、かな。

あのとき、膝も打たれたんですか?捻挫だったと思っていました。結婚式も大変だし,そのあとお仕事もありますものねぇ。わたしも靭帯をいためたかもしれません、膝の裏から下にかけて鈍痛があります。しかも、数年前に家の中で一度酷い転び方をして、そのときも同じ膝を思いっきり打ってしまい、いまでも階段を上がるときちょっと痛いので、これはちょっと困ったことになりました。それでなくても、ぞろそろ膝などに問題が出る年齢だと言うのにねぇ(涙)。

夫が「指示してくれたら、僕が全部するから!」と言ってくれていますが、そういうわけにも、ねぇ。でも、床に座れないし、重いものも持てないし、かがんだりも出来ないのでどうしようもないですねぇ。なんでこんな時に(涙)。
noodle
2008/06/07 12:15
Noodleさん、大丈夫ですか? 不謹慎ながら 皆さんのコメント欄を読みながら笑ってしまいました。
引越しは 大仏のように座って 「あーして」 「こーして」って指図する人がいるだけで かえって動かれない方が良いくらいですよ。 梱包も一切業者に任せた方が確かですよ。 物事がうまくいきますよね。足 お大事に。
Olive
2008/06/07 12:48
Oliveさん、わたしもChizChizさんのコメントを読んで、自分がChizChizさんの上に倒れるところを想像するとおかしいやら怖いやら(笑)。でも、もし本当にそんなことになっていたら、笑い事ではすまないところでした。ChizChizさんのか細いお体が折れていたことと思います。オソロシや〜。

引っ越し、とにかく出来るだけのものを処分したいのです。今まで,一部屋収納庫として使っていたのですが(お部屋として使うようなお部屋ではなかったので)、今度のところはお部屋はお部屋として使いたいのです。そうすると、全部持って行くわけにゆきません。そして、梱包もほとんど業者にしてもらいますが、以前ヘルパーがぐちゃぐちゃにしてしまったお料理の本を、以前のようにきちんとカテゴリー別に分けたいのです。お料理の本も数百冊あるので、それだけでも重労働。それに、新しい方での荷解きはほとんど自分でするつもりです。適当に入れられてしまったら、また出して入れ直す方がずっと手間なので。なので、座っている場合じゃないのです〜。

でも、動けないものは仕方ありません。。。
noodle
2008/06/07 15:02
未だ 処分するものありますか? 私もガレージセールに参加したかったです。実は着物買いたかったです。 買ってどうすることもないのですが。 10日娘の誕生日で その後試験が2つあるのですが 山ほどあるものみたいです。食器を処分されたなんて 欲しかったです。
足、無理すると 後にきますので お気をつけて。
Olive
2008/06/07 15:12
Oliveさん、食器、まだたくさん残っていますよ〜。でも、ほしいと思われるものがあるでしょうか。いらっしゃいますか?ご都合の良いとき,メールください。
noodle
2008/06/07 15:20
noodleさん
まだまだ腫れているとのこと、もしかしたら靭帯・・かもしれませんね。。病院へ行った方が良いのかなぁ。。冷凍グリーンピースで冷やすとは知りませんでした!昨日はビックリしましたがあの時、私がさらにその上に乗らなくて良かったー!!細いChizさんの腕や足が折れてさらに一番下敷きになったnoodleさんも折れていたかも。昨日のあの時一人で私ブツブツつぶやいてましたが私もあの場所でこけたことあるんですよ、それも一人の時!まさに同じ状況であのカーブしている一段高い床に足がひっかかったのですがなんとあの台の上に派手にドサッと上がってしまい、気付いたら四つん這いになってました。。(涙)スカートじゃなくて良かったけど。。両手の平、両膝が痛かったですがそれよりそこら辺にいた人がみーんな驚いた顔して見ていたのですっごく恥かしかったです。あの床、なんとかならないんですかね〜?危ないもの。
無理されず、お大事にされてくださいね。
次回の中国茶も楽しみです☆
marumiy
2008/06/07 17:41
marumiyさん、病院に行っても(骨でも折れていれば別ですが)何も出来ないみたいです。休むしかなさそうです。

え〜、marumiyさんもあそこで? それは知りませんでした。一人だと尚更恥ずかしいですよねぇ。あの高い床、まだ柔らかい木だからましですよね。膝はコンクリートで打ったと思うのですが,実はあのとき顎をあの木で打ったのです。でも、あまり痛くもなく、なんともなくて良かったです。あの部分がコンクリートだったら、大変なことになっていたところでした。。。

わたしがアメリカ人だったら、ページワンを訴えていますよね(笑)。

noodle
2008/06/07 17:49
アメリカの旅 日本から堪能させていただきました。
まだハワイまで・・しか足を踏み入れてなくて でもいつの日にかと
思いつつ 未だ憧れの場所です。お引越間近のご様子 どうぞお疲れが出ませんように。。お怪我もお大事になさいませ。。 お茶の話ですが こちらで今女子大の食文化の講義に通っております。卒業しても30年もたとうとしているのにまた学生をしておりまして^^ その中でお茶の講義のなかで先日 毛蟹(もうこう)というお茶をいただきました。名前から想像できないほどいい香りで 飲み終わってからも茶器の残り香に癒されました。いまでも どうして 毛蟹という名前がついているのか不思議です。。
マフ
2008/06/07 22:52
マフさん、ハワイ、良いところですよね、わたしも大好きです。

毛蟹というお茶の名前は初めて聞きました。名前の由来、今度,先生にお尋ねしてみます。
noodle
2008/06/07 23:14
相変わらず、雨降りの日が続いているようですね。
中国茶のレッスン、楽しそうですね〜♪
色々なお茶を飲み比べてみないと、美味しい美味しくないという感覚を実感できないので、こういう講座、とても羨ましいです。
それにしてもお怪我、大丈夫ですか。
私もよく転ぶので、他人事とは思えず・・・。
お引越しの準備などもあるかと思いますが、どうぞお大事になさって下さい。
Tamax
2008/06/08 00:39
Tamaxさん、ね、雨はTamaxさんのせいじゃなかったでしょ?(笑)この時期の香港、一度降り始めると何日も降ることが多いのです。

ありがとうございます、仕方ないのでなるべく動かないでいます。
noodle
2008/06/08 00:52
こんにちは、ご無沙汰してました。
中国茶のクラス、中級まで進まれたのですね!
私も北京で相変わらず続けています。
鉄観音も新茶の季節になったので、またお茶貧乏になりそうな予感です。
私も良く転び、捻挫癖になっているので、
歩けなくなる感官がよくわかります・・・。
お大事にされてくださいね!滑りやすいんですよね。
ゆき
2008/06/08 22:08
ゆきさん、こんばんは〜。中級と言っても初級は3回で終わり、中級も3回で終わりなので、触りだけという感じですが楽しんでいます。お茶も懲り始めると良いものが飲みたくなるので、大変ですよね。

転んだのは塗れているとか滑り易いとか関係のなく、ただの不注意だったので、余計お恥ずかしいです。お友達とのおしゃべりに夢中になっていると、危ないですね〜(笑)。
noodle
2008/06/08 23:06
Chinese Tea Course 豪雨 → 中国茶(中級)のレッスン → 大ボケ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる