Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Birthday Dinner バースデー・ディナー/ピエール・ガニエール(前半)☆

<<   作成日時 : 2008/07/15 18:35   >>

トラックバック 0 / コメント 6



昨日の夜中、ブログも書き終わり、眠くなったので寝ましょう、と思い、キッチンにお水を取りにいったら、足が水の中に浸かりました。え??! なんと、浸水していました( ̄■ ̄;)!?

ブログにも書いたようにすごい雷で、雷が落ちてコンピューターが壊れたという話も聞くので怖くなり、慌ててファイルを全部クローズして寝ることにしたわけですが、雷と同時にすごい雨になっていました。引っ越して来てから何度も豪雨になっていますが、昨日の夜中は特にすごかったのです。以前から何度か雨が降ると洗濯機の下から水が入って来るしそのすぐ側からすごい音がしていたので、おかしいから早くチェックしてほしいと言っていたのですが、その音は空気が入って来る音なので心配ないと言われていたのです。心配ないと言われても、雨も入って来るので困るとは言っていましたが、そのままにされていました。これまではバスタオル2枚分程度の水でしたが、昨日はキッチンの半分以上水浸し、洗濯機の側は数センチの浸水。しかも、どんどん入って来ている様子。

とりあえず、バスタオルを何枚も何枚も(我が家のバスタオルはバスシートという日本の普通のバスタオルの2倍はある大きさと厚さです)使ってお水をとりつつ、急な用事の時にと教えてもらっていたオーナーの秘書に電話をしたところ、オーナーの雇っている人2人がやって来ました。フィリピン人のヘルパーさんともう1人フィリピン人の男性で、なにが出来るかわからないので、このマンションの配管関係のことがわかる人を呼んでほしいともう一度電話をしたら、電話を切られていました。( ̄□ ̄;)!!

結局、わかったのは、なんと、壁に穴があいており、それを塞ぎもせずに洗濯機と乾燥機を入れるボックス(作り付け家具のようなもの)を入れこんであったのです。(@_@) 信じられます? その穴の向こう側(壁の外側)にこのビルの雨水が流れる配管があり、2つは繋がっており、雨が沢山降ると勢い良く流れている雨水の一部がその穴からキッチンに入り込んでいたわけでした。そんなところに穴があったら、普通、塞ぎませんか? そして、これは先ほどわかったことですが、その穴のところには三角ドレイン・コネクター(?)があり、大雨が降ると雨がこちら側に入って来るような構造になっているのだそうです。よくわかりませんが、つまりビルの雨水用のパイプと繋がっていて、たぶんこちら側が少し下がっているってことなんでしょうか??その穴は穴であって、洗濯機と繋がっているわけではないようなのです。摩訶不思議。

とりあえずセメントで塞いでくれたようでしたが、雨の降る中ではもちろん固まるはずはありません。幸い雨はしばらくしておさまったので、入って来ていた雨水も止まりましたけれど。。。今日、バルブを取り外して、きちんと塞いでもらっていますが、普通に工事をしていれば、こんなことにならないものを、素人ばかりを使って安上がりにしてあるため、こういう訳のわからないことが起こるわけです。本当に、ぐったりです。そんなこんなで、寝たのは2時でした 。(;´ρ`) グッタリ

というわけで、思いっきりいくつも顔文字を使いたくなる話でした。


その浸水したキッチンをタオルで拭いて、オーナーさんのところから来られたお二人があれこれされているときに窓から外を見てみたら、下の階のお庭が浸水してプールのようになっていました。「家の中は大丈夫なのかなぁ?」と言って見ていたのですけれど、とてもおかしかったのは、今朝そこの方がお庭の木にお水を撒いていたこと(笑)。夜中だったのできっとすやすや眠っておられて、そんなことになっていたとはご存知なかったのでしょうね。夫と2人で「昨日の夜、たっぷりお水は飲んでると思うよ〜」と笑いながら、上から見物していました。


さて、昨日のディナーです。レストランが暗いですし、上からスポットライトが当たっているので写真はあまりきれいに撮れていませんが。。。昨日のワインはこちら。前回もこのワインじゃなかった?と言ってたのですが、ブログでチェックしてみるとそうでした。



画像





アミューズはこちら。(夫には1センチ角くらいの大きさのうなぎもありましたが、わたしにはうなぎの代わりにころころした丸いもの2つが2セットつきました。)丸いころころしたのはなんだったか覚えていないのですが、軽いさくっとしたもの、赤いソースの載った丸いものは、トマトのコンカッセのタルト、小さなスプーン状のものに載っているのは、ポーク・クラックリング。




画像




前菜は、2人とも同じものをオーダーしました。「フランスのイメージ」。典型的なフレンチを集めたもの。こちらのスタイルは前菜はそれぞれテーマというかタイトルがついているセットのようになっていて、日本の会席料理のようにいくつものお皿が一度に出て来ます。最初にいただいたのは、半熟の卵がそば粉のクレープに載ったもので、夫にはキャビアが、わたしにはネギが載せられていました。




画像





画像





画像





フォアグラのパテ。黒いのは何かのドライフルーツ(ぶどうにしては大きい気が。。。)を香り良く甘くワインかなにかお酒でコンポートにしたもの。



画像




フォアグラといただく、ブリオッシュのトースト。



画像





キャベツとトリュフとチーズのサラダ。トリュフとキャベツは意外。チーズはとろっとした、ちょっと臭みのあるチーズでした。




画像





そして、エスカルゴ。最初にエスカルゴは食べられるかと聞かれて食べられると答えたのですが、覚え違いをされたらしく、エスカルゴの代わりに生ハムのサラダが出てきました。「エスカルゴは食べられると言いましたよ」と言うとエスカルゴを用意して来てくださったのですが、待っている間に別の方(たぶんマネージャー)が「It's never too late to change your mind 気が変わっても大丈夫ですから(直訳すると、気持ちを変えるのに遅すぎることはないですよ)と。」わたしの気が変わったことになっていました。「いえ、いえ、わたしの気は変わっていませんよ。」と言いましたが、あちらはきょとんとされていました。ウエーターさん、わたしのせいにしたらしい。。。



画像




もう1品あったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。小さなスプーンに入れられた、赤い果物のゼリーでした。



間違って持って来られた生ハムのサラダも「お詫びに」どうぞ、と置いて行かれました(笑)。が、正直言って生ハムのサラダを本格的なフレンチレストランで食べたいとは思わないですし、これだけ品数があるので、いらないんだけどと思いながらもそうも行かず、夫と半分ずついただきました。ほんの一口ずつですが、必要ないひとくちでした。

エスカルゴ以外は少しずつの量なのですが、玉子とフォアグラで結構お腹にたまりますし、エスカルゴはたくさんあったので食べきれず夫に食べてもらいました。エスカルゴのソースは塩味が強いのでどうしてもパンに手が伸びますし、フォアグラもブリオッシュのトーストなしではいただきにくく、もうこの辺でお腹は丁度良い具合。わたしは決して食が細い方ではないのですが、このように少しずつあれこれいただくと、得にフォアグラがあったり、濃い味のものがあると結構すぐにお腹が一杯になってしまいます。「メインはいらないんだけど〜」と、憂鬱(笑)。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
noodleさん
昨夜の雨はすごかったですね。うちの近所の銀行ではあの大雨と雷の中、今日の「オリンピック記念の20ドル」を買うのに長蛇の列が出来ていました。徹夜されたみたいです。
それにしても、えぇぇ〜?!?キッチンが浸水!!ってビックリしちゃいました。先日水が少し入ってきているとは伺っていましたが足が水に浸かるだなんて。。壁に穴ですか・・ふぅ・・どうしてそんな工事の仕方になっちゃうんでしょうねぇ。。。(顔文字でそのお気持ちがとてもよく伝わってきました)
marumiy
2008/07/15 20:21
marumiyさん、あの豪雨の中で行列とは、恐るべし執念ですね(笑)。そうなんですよ、水浸しでした。それも仕方のない理由ならまだしも、壁の穴をそのままにしているってどういうことなんでしょうか?笑っちゃいますよね。
noodle
2008/07/15 20:24
noodleさん、こんにちは。
あの雷の晩、、、そんな恐ろしいことが!!!
壁の穴がそのままって、、、@@
いろいろ以前にも家の欠陥とか故障などのお話しうかがって
「ひぇ〜!」と思っていましたが、びっくりびっくりです。

気を取り直して、、、
旦那さまお誕生日でいらしたのですね!おめでとうございます。
↑前菜の半熟の卵がとろしとしたものとてもおいしそうです。。。
yuyu
2008/07/16 13:07
yuyuさん、ありがとうございます。半熟卵はもちろんおいしかったのですが、ミシュラン付きのレストランで食べたいものかどうかは?です。普通のおいしさでした。もちろん、本来はキャビアといただくわけで、たっぷりのキャビアといただけばおいしかったのでしょう。

本当に、香港っておそろしいところですよね〜。他にもどんなところに何が隠されているかわかったものではない、という気がして、落ち着けません。夜も天井が落ちて来るんじゃないかと急に怖くなったり、ノイローゼの一歩手前??でも、ここではあり得ることだけに、ときどき怖くなります。
noodle
2008/07/16 13:13
お久しぶりのコメントです♪
なかなかコメントする時間がとれずにいますが、記事はよく拝見してますよ〜。毎度読み逃げでスミマセン…!
後半の優雅なお食事の記事と前半の驚愕の事件のミスマッチがまさに香港を象徴してるようでなんとも言えないですね。旅行なんかで遊びに行くとエキサイティングで楽しい街ですが、住むとなると大変ですね。見た目は外国チックだけど中身は中国っていうかなんていうか…。
Masakong
2008/07/16 14:37
Masakongさん、わたしもそちらの記事、ちゃんと拝見しているのですが、ブログと違ってコメントしにくい雰囲気で読み逃げさせていただいています。

香港、楽しくて良いところなのですが、ワークマンシップは最悪なので、お家賃と全く見合わないのが悲しいです。英国もかなり酷い部分があるようですが、ここまではね。
noodle
2008/07/16 16:31
Birthday Dinner バースデー・ディナー/ピエール・ガニエール(前半)☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる