Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Chinese Cooking Lesson お料理教室(中華)☆

<<   作成日時 : 2008/11/26 20:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4



今日は、ちょっと久しぶりに開催された、味十味さんでの中華料理のレッスンに参加して来ました。


画像





メニューは、

* 海藻入り冬瓜のスープ
* 百合の芽とキクラゲ入り、牛筋の蒸し物
* ベーコン、トマト、卵の炒めもの



紫菜という海藻の入った冬瓜のスープ。干し貝柱の出しで、「磯の香りたっぷり」なので、わたしはパスして持ち帰りました。



画像





百合の芽とキクラゲ入りの牛筋の蒸し物。牛筋ということでしたが、牛筋というのは臭みがあって脂身が多いお肉だと思うのですが、思っているものと形状もずいぶん違いました。牛筋ではなく、はらみ? 臭みもなく、すこししっこっとする歯ごたえで、あっさりした蒸し物。百合の芽は以前も一度使いましたが、乾燥したものを戻して使います。白っぽいものがそう。




画像





ベーコン、トマト、卵の炒めもの。日本の人はあまりトマトを炒めるということをしないようなのですが、何故か実家では似たようなものが、以前から食卓に上がっていたような気がします。でも、たぶんわたしが結婚してからのこと。イギリスで初めてトマトを焼いたものがソーセージなどと出て来た時は、意外なおいしさに驚いたものでした。プチトマトをさっと炒めて、塩胡椒とハーブをかけたものなど、ときどきお肉の付け合わせにしたりします。ベーコンも玉ねぎもトマトも卵とよく合いますから、当然おいしいです。




画像





ビール付き!




画像




お店のアシスタントをしている方が教えてくださる家庭料理で、とても簡単に出来るものばかり。マリネ液や調味料も戸棚の中にあるものがほとんどで必要な食材も多くないので、あと1品ほしいと思う時などや、ひとりご飯のときにも良さそうです。炒める時などの油の量も中華料理にしては控えめで、MSGを使わないなどヘルシー志向。お味も比較的あっさり目の、日本人が好きそうなお味でした。



ところで、今日も話題になったのですが、アジア料理によく使われる「Maggie Seasoning Sauce」って何で出来ているのでしょう。MSGが入っているのではないかと思っていたのですが、ちょっと調べてみたところ麦やイーストなどから出来ていて、プロテインからの自然のMSGは含まれているけれど、製造工程でMSGを加えることはしていない、とのこと。ただ、「Artificial Flavour」は加えられている、とのことなのですが、この「Artificial Flavour」って、なんなんでしょうね。このソース、味に深みを加える為に使われるもののようで、タイ料理やインドネシア料理にもよく使われます。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日のは特にヘルシーに感じましたね。夜お腹が空きましたので四日連続の「そば」を食べました〜。。
このまかない料理を毎日たべれる店のスタッフは本当に幸せだと思います。。私はいつも遅くに出勤するので「まかない残り物」ですがおいしくいただいております。。
いつか香港の「おばちゃん料理教室」実現しますね。
madame okami
2008/11/27 01:20
madame okamiさん、今日もありがとうございました!わたしはスープがなかったので、あれだけではやはり足りず、ローストしたお野菜あれこれとパンとワインが夕食でした。

おばちゃん料理教室、楽しみにしています!
noodle
2008/11/27 01:24
noodleさん、こんにちは^^
昨日は久しぶりにお目にかかれてうれしかったです。それにしても毎回UPの速さに驚かされます。私なんてまだ写真も見返していません〜^^;
シーズニングソースってタイ料理やインドネシア料理にも使われているんですね。昨日ちょっと味見させていただいて「おいしい(味つきの)お醤油」と思いました。今度買ってみようかなぁ。でも、また使いきれない調味料が増えるだけかなぁとも思います。
yuyu
2008/11/27 15:09
yuyuさん、こんにちは!こちらこそ、久しぶりにご一緒出来て嬉しかったです。シーズニングソースは、ミーゴレンなどにも使われるのでわたしは常備しているのですが、アジア料理はあまり頻繁に作らないので、滅多に登場しないですね。かと言ってないといざ作ろうという時に困るのですが。

記事は出来るだけその日か次の日にアップしないと、どんどんアップしたいことが貯まってしまうのです。。。そのつもりで始めたブログではないのですが、この頃は記録代わりに使っている面も大きいので、アップしておくと何かと後から便利なのです。
noodle
2008/11/27 15:25
Chinese Cooking Lesson お料理教室(中華)☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる