Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Reunion Dinner 久しぶりの再会☆

<<   作成日時 : 2008/11/09 02:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0



今日は、オーストラリアにお住まいのお友達を囲んで何組かのお友達ご夫婦と一緒に、数年振りの再会のディナーでした。香港で知り合ったお友達で、みなさんキルトやビーズのアクセサリー作りなど何かと手先のことをするのが上手な方たちばかり。集まっては誰かが何かを教えてクラフトをするというグループでした。わたしは当時近所に住んでいた親しいお友達の紹介で2、3度参加させていただいただけで、その頃にすぐグループのほとんどの方たちが香港を離れてしまわれたのでグループの一員と言えるかどうか怪しいのですが、一応お仲間に入れていただいています。それぞれオーストラリアやアイルランドなどに帰られたのですが、その後数人の方が数ヶ月の出張や何度かプライベートで香港にいらしたりと交流は細々と続いていて、メールのやり取りも頻繁にあるので、むしろ自然解散してしまってから親しくなったという感じ。夫婦揃ってのディナーも何度かさせていただきました。

1年程前、集まれる人で香港に集まりましょうという提案がされて、当初は7組が集まれる予定でしたが、さまざまな事情でいらっしゃれない方たちが出てしまい、結局3組プラスお一人、という集まりでした。わたしたちともう1組は香港在住、もう1組は長期出張で香港滞在中、つまりお一人だけが海外からいらしています。このところの不況で、旅行も気軽には出来なくなってしまっているようです。

ディナーの場所は、九龍側の「エレメンツ」というショッピングセンターにある、「モダン中近東料理」の「Malouf's」というレストラン。



画像




外で飲み物を飲むことも出来、レストランは2階にあるという造りになっています。前菜は、お店の方お勧めのものをいくつか取ってシェアーし、メインはそれぞれに選ぶというオーダーの仕方をしました。写真にはないのですが、前菜の1品だった、オーゾパスタのサラダのようなものが特においしかったです。他の前菜はまぁまぁでしたが、ちょっとパンチに欠けるかなと思いました。メインにわたしがオーダーした「チキンと茄子の逆さまピラフ」というものは、あまり、、、でした。チキンカツのようなものは、まぁまぁでしたが、ピラフの上に乗っていたチキンはたぶんローストしたチキンを使っているのだと思いますが、とても匂いがきつくてわたしは食べられませんでした。ピラフはナッツとレーズンの味以外あまり味のないピラフで、もう少し香辛料が効いていてほしいなぁ、というお味。夫はビーフケバブを頼んでいましたが、まぁまぁとのことでした。夫はどちらかというと点が甘い方ですから、夫がまぁまぁと言うのは大体あまり、、、です。やはり、香辛料はほとんど感じかなかったそうです。食前酒もいただいて、食事中はワインを2本くらいだったでしょうか、それで1人460ドルほどでしたので、まぁ、普通のお値段でしょうか。

このお店でディナーをすると聞いて夫が「(オーストラリアの)メルボーンのシェフのお店らしいよ。」と言っていたのですが、メニューを読むと、「MOMO」という有名なレストランのシェフのお店で、わたしも彼のお料理の本は数冊持っているくらいに有名な方のお店でした。(Sohoの「Olive」のアドバイザーでもあるそうです。)そんなお店だと最初から知っていればとても期待してしまったと思うので、がっかりしていたかもしれません。と言っても、彼がレストランでお料理を作っているのではなく、プロデュースをしただけなのだろうと思います(情報をチェックしたわけではないので、定かではありません)。オーストラリアには何度か行きましたが、レストランのレベルはとても高くて、シドニーでもメルボーンでもとてもおいしい食事をたくさんいただきました。1度、彼が実際に働いているレストランでお料理を食べてみたいなぁ、と思います。




Malouf's
3/F Elements
1 Austin Rd West
Kowloon

Tel: 852 2810 8585



7時半から夜中近い時間まで、ずっとおしゃべりが絶えず、楽しいひとときになりました。また、こうして数組が集まることが出来るのは、いつのことになるでしょう。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Reunion Dinner 久しぶりの再会☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる