Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Olive Oil Tasting Lunch オリーブオイルのテイスティングランチ☆

<<   作成日時 : 2009/01/24 18:52   >>

トラックバック 0 / コメント 7



10月のイタリア旅行の時に夫と一緒にアッシジの近くでお料理教室に参加したことは書きましたが、その後そのときの先生とメールでのおしゃべりが続いています。年齢もそれほど違わず、お料理という共通の話題があるのであっという間に親しくなりました。

その方とそのお友達のご好意で、昨年末、ウンブリアのSpelloというところで収穫された上質のD.O.Pのエクストラバージンオリーブオイルをイタリアから直接購入することが出来ました。輸送費が大きくかかってしまうのが残念ですが、なかなか手に入らない採れ立てのオイルなので、おもてなし教室のみなさんにもお分けすることになりました。本来ならもう少し落ち着いてからと思っていましたが、既に収穫から1ヶ月以上経っていますし、オリーブオイルは時間が経つとせっかくの風味がどんどん失われてしまうので、出来るだけ早いうちにと昨日集まっていただきました。みなさんにボトルをお持ちいただいてお分けしたのですが、せっかくわざわざいらしていただいたことですし、オリーブオイルのテイスティングを簡単にしたあと、シンプルなランチもご用意させていただきました。

比較したオリーブオイルは、全部で4種類。一応ブラインドテイスティングということで番号だけを打ち、中身は後でご披露という方法を取りました。とはいえ、色も味も新しいオイルとそうでないオイルはあまりに違うので、どれがどれとみなさんほとんどおわかりになりました。奥から手前にかけて1、2、3、4と番号を打ってあります。キッチンでフランスパンでテイスティングをした後、生野菜にオリーブオイルとおいしいお塩をつけて食べ比べ。



画像





画像




画像




1番はどこのスーパーでも売られている、わたしが普段お料理に使っているオイル、2番はフィルターをかけていないウンブリアのニューオイル(缶入りと一緒に送っていただきました)、3番目が今回のメインのSpelloのD.O.Pのニューオイル、そして4番目は比較的癖がなくておいしいと人気のあるイタリアのArdoinoのオイル。全てエクストラバージンですが、こうして白いボールに入れて比較すると、色の違いが良くわかります。やはり、ニューオイルはとても濃いグリーンで、草っぽさが強くスパイシーでぴりっとした刺激があります。(色は収穫される土地によっても違って来るようで、必ずしも新しいオイルは濃いグリーンということでもないようですが、最初は濃いグリーンのものも時間が経って光に当たるとクロロフィルが分解されて黄色っぽくなって行くそうです。)今回いただいたフィルターで漉していないニューオイルはD.O.Pの缶入りの物より少しマイルドでしたが、それでもやはり草っぽい香りが強いオイル。普段使っているエクストラバージンのオイルも悪いオイルではないと思うので、おいしくないとは思わないのですが、あまり個性はありません。4番目のArdonioのオイルもマイルドで癖のないオイル。

イタリアの方に言わせれば、やはりオイルはニューオイルがおいしいとのことですが、個性の強い味を好まない方もおられると思いますので、マイルドな癖のないものがお好きならニューオイルは強すぎると感じられると思います。わたしも夫もオリーブオイルを使い慣れているので、この癖の強いオイルをとてもおいしいと感じます。お世話をしてくださった方のお話では、スパイシーさが特に感じられるのは収穫後3、4ヶ月。そのあと1年間くらいはまだまだ香りが残っているのでサラダやブルスケッタ、お料理の最後にたらっと垂らすという使い方をし、1年くらいすると香りが弱くなるのでそのあとはお料理に使うと良いとのこと。また、何度か使っているうちに最初の印象と味が違って感じられることもあるともおっしゃっていました。ワインと同様、経験を積む程奥深さがわかるもののようでもあるようです。オリーブオイルは、2年くらいは(保存状態さえ良ければ)全く問題なく使えるとのことでした。スパイシーさや草っぽさがお好きでなければ、少し時間を置いてから使われると良いかと思います。ただし、高温や光には弱いので、暗く涼しいところで保存なさってください。

ウンブリアという土壌はオリーブにとっては過酷な土壌なので、その分香りや味が凝縮されておいしいオイルが出来ると聞いています。今回、お世話してくださった方のお陰で、なかなか手に入らないイタリア直送の採れ立ての上質のオリーブオイルを入手することが出来て、とても有り難いことでした。これからしばらくの間、おいしいオリーブオイルをいただけると思うと、嬉しい限りです。



さて、ランチの方はというと、今回はかなりローキーに、ほとんど手間のかからない簡単なものにさせていただきました。まずは、キッチンのアイランドテーブルから生野菜の盛り合わせとオリーブオイルをダイニングテーブルに移動させ、前菜として召し上がっていただきました。イタリアではこれを「pinzimonio」(ピンツィモニオ)と呼ぶそうですが、(調べてみたところイタリア語で胡椒をふりかけるという意味で、本当は胡椒も必要なようでした。上記のイタリアのお料理の先生に教えていただいたのですが、先生のメールには胡椒は書かれていなかったので。。。)これはレストランでは滅多に見かけないイタリアの家庭でポピュラーな前菜だそうです。バーニャカウダは比較的よく知られていると思うのですが、こちらはあまり聞かない気がします。おいしいオイルとおいしいお塩でいただくと、サラダとはまた違ったおいしさがあると思いました。



画像




写真はありませんが、この後、シンプル極まりないブルスケッタ(トーストしたフランスパンににんにくをさっとなすりつけ、オリーブオイルをたっぷりかけて塩をぱらっとかけるだけ)をお出ししました。オリーブオイルの味と香りを味わうには、シンプルなブルスケッタが一番のような気がします。イタリアではオイルをたっぷりかけて、オイルを食べるというくらいかけていただくようです。

そして、レンティル(レンズ豆)とスペルト小麦のスープ。普段、レンズ豆のスープにはベーコンを加えたり人参などのお野菜を加えたり、またはスパイスを加えて煮ることが多いのですが、今回はオリーブオイルのおいしさを味わうためにシンプルに玉ねぎ、レンティル、スペルト小麦、パセリ、ベイリーフのみ。





画像





レンズ豆は、イタリアのウンブリアで買って来たもの。ウンブリアに行くまで知らなかったのですが、ウンブリアのレンズ豆は有名なようです。人が住むのには過酷な標高1500メートルのところで育つレンズ豆は、平地のレンズ豆よりずっと小さく、色もばらばらですが(それがまた珍しく可愛らしく見えます)、高知なので害虫が発生しないため農薬を使う必要がなく、寒さのため皮が柔らかく味深いと言われているそうです。土地が狭いので量産が出来ないのだそうです。あちらに行くとどこのデリでも売られていたので名産品なのだろうと思い1袋買い求めました。そんなに特別なものだとわかっていれば、もっと買って来たのですが。。。

普段良く使っている、特に上質とされているフランスのPuy Lentilと比較してみました。写真が小さめなのであまりよくわからないかもしれませんが、小さいとされているPuy Lentilと比べても更に小さなレンズ豆です。



画像




レンズ豆と一緒に使ったスペルト小麦については、また今度書きたいと思います。


この後、写真を撮り忘れましたが、アボカドやリンゴ、ピーマン、サラダ菜類をマスタードハニードレッシングで和え、炒った松の実を混ぜたサラダ。ベーコンをカリカリにして加えるつもりが、忘れました(涙)。マスタードとハニーを加えるととろっとしてフルーティーな香りがするので、最近のお気に入り。

そして、デザートにはイギリスで買って来たスティルトンとぶどうを少しずつまんでいただきました。お野菜ばかりのランチでしたが、レンズ豆とスペルト小麦は思っていた以上にお腹にたまりました。

ちなみに、テーブルはオリーブ色でまとめました。



画像





画像





今回、とても久しぶりにみなさんと集まれて、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。今年もこうしてみなさんといろいろな情報交換をしながら、楽しい時間を共有出来ればと思っています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
noodleさん
オリーブオイルのティスティングだなんて、楽しそうですね♪ 新鮮なオリーブオイルはどんな香り、お味がするのでしょう。ブログを読みながら想像にふけっています(笑)こうして並べてみると、本当に色の違いがよく分かりますね〜
そして、色鮮やかなお野菜とオイルがグリーンのテーブルセッティングによく映えて綺麗ですね。今年もたくさんの素敵なテーブルセッティングを見せていただけるのを楽しみにしています。
DECO
2009/01/24 20:26
DECOさん、是非ともDECOさんにも味わっていただきたかったです。ぴりっと刺激のある緑緑したお味でした。好き嫌いがある味のように思いますが、ある程度オリーブオイルに慣れてらっしゃる方ならおいしく召し上がれるのではと思います。こちらこそ、いつもDECOさんのきれいなブログを楽しみにさせていただいています☆
noodle
2009/01/24 20:30
羨ましすぎて、ため息まじりに拝見しました(笑)。
spello・・忘れかけていましたが、ずいぶん前にお友達が滞在していたので、遊びに行った場所だ!と懐かしく思い出しました。オリーブ色でまとめたテーブルセッティング、とても素敵ですね。緑好きの私としては・・たまりませ〜ん!
じんじん
2009/01/25 20:41
じんじんさん、先日はメールありがとうございました、とても嬉しかったです。じんじんさんにも採れたてのエクストラバージンオイルを召し上がっていただきたいです。香港まで味見にいらっしゃいませんか?(笑)
noodle
2009/01/25 22:56
そんなこと行っていただいたら、その気になっちゃいます〜(笑)。
じんじん
2009/01/30 15:27
(恥)そんなこと言っていただいたら・・・の間違いです(汗)。
じんじん
2009/01/30 15:27
じんじんさん、わたしもしょっちゅうタイプミスをしていますので、お気になさらず。是非是非、その気になっていらしてください、お待ちしていま〜す!
noodle
2009/01/30 17:10
Olive Oil Tasting Lunch オリーブオイルのテイスティングランチ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる