Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Dinner with friends お友達ご夫婦と再会ディナー☆

<<   作成日時 : 2009/03/28 00:57   >>

トラックバック 0 / コメント 4



わたしのiMacちゃんが、修理されて戻って来ました。 お帰りなさ〜い!  I missed you!(笑)☆


今日は雨になってしまいましたね。ラグビーセブンスを観戦に行かれた方も、プレイヤーの方たちもお疲れさまでした。明日も雨の予報ですね(涙)。


今日からお友達ご夫婦が泊まりにいらしています。イギリス人ご夫婦だけれどオーストラリアに移住され、香港から上海、上海からシンガポール、と今はシンガポールにお住まい。上海にいらしたときには、何泊か泊めていただいてお世話になりました。最後にご一緒したのはいつだったかという話になり、もう1年半くらい前のことらしい。半年くらいかと思っていました(笑)。いずれはオーストラリアのパースに帰られるので、そのときはパースにも遊び行きがてらお顔を見に行けたらと思っています。


明日は一日中ラグビーセブンスの会場に行って、夜は大勢のお友達と外でディナーという予定なので、今日は家で食事をすることに。昨日、一昨日と出かけていたのであまりじっくりとメニューを考えたりお料理をする時間もなく、どんなメニューにしようか、どうもインスピレーションも湧かず困りました。

今回は、メインを先に決めました。そして、メインが重めなので、前菜は軽く。。。先日、Luscious Delicious さん東京イタリアンのレッスンで習った前菜の応用で、帆立をさっと焼いたものにグレープフルーツとを合わせて、お持ち帰りして来た特製ドレッシングと我が家の普通のドレッシングと混ぜ(特製ドレッシングだけでは量が足らなかったので)、ラズベリーのドレッシングも作ってかけてみました。自分用は、生ハムで。

自分で味見が出来ないものをおもてなしに出すのは不安なのですが、ホタテとグレープフルーツは合うので、まぁ、酷い出来にはならないのでは、と。帆立は刺身用をレモン汁とオリーブオイルとで少しマリネしてからお塩をして、焼き目だけつけました。日本の方になら生でお出しするのですが、欧米の方にはまだまだ生ものを嫌う方もいらっしゃるので。お友達ご夫婦も夫も美味しいと言っていたので、悪くはなかったのではとは思いますが、こればかりは食べていないのでわかりません。

おもてなしのテーブルであちらの変な色のライトを消してこちらの電球を就けて、ということは出来ないので、変な色の写真しか撮れていませんが。。。



画像




画像




メインには先日オーストラリアのお友達がいらっしゃったとき、前もってビーフの赤ワイン煮を作って冷凍してあったのを結局使う機会がないままだったので、それを忘れてしまわないうちに使うことにしました。自然解凍して一度火を通してからお肉だけ取り出し、人参とマッシュルームを入れてぐつぐつ弱火で煮て火が通ってからお肉を戻して出来上がり。お肉はとろっと煮えて、ソースにお野菜の甘みが出て、おいしくなっていました。付け合わせは、インゲンをさっと茹でてからオリーブオイルで炒めたものと、ソースをつけながらいただくとおいしいマッシュドポテト。写真をアップロードしてから、メインの写真を撮っていなかったことに気がつきました(涙)。ということで、写真はなし、です。


デザートも、同じレッスンで習った「サバイオーネと果物のグラタン」を応用。グラタンにはせず、果物のマリネの上にサバイオーネを載せて冷蔵庫で冷やしたものにしました。ところが、このデザートは、考えてみればレッスンのときにシェフが思っているような出来上がりにならなかったものでした。サバイオーネは何度もレストランでいただいていますが、このレシピはサバイオーネそのものではなくアレンジされているものなので、どういうテクスチャーになるべきなのかなどがわかからないのです。出来上がりだけではなく、行程途中の様子も本来のようには出来なかったとおっしゃっていたので、自分で作っていてもどういう状態を目指すべきなのかがわからず、途中で「なんでおもてなしに初めてのこのレシピを選んじゃったんだろう」、と後悔しつつ作りました。

卵を泡立てるところまではとても上手く出来て、「お〜、ばっちり!」と思っていたのですが、その後液体を加えてからが超不安(涙)。なんだか、とってもしゃばしゃばしているではないですか。しかも、先生がレシピよりゼラチンを減らすようおっしゃっていたのであっさり減らしてしまい、ますますどんな風になるやらと心配でした。固まらなくても食べられるものではあるのですが。。。でも、ちゃんと固まってくれましたし、なかなかおいしく出来ました。甘すぎず軽い仕上がりで、お腹一杯でもするっと入ってしまいました。



画像




ただ、果物のマリネは適当に作ったので問題なかったのですが、サバイオーネの部分をレシピの通り作ったら、すごい量になりました。これって、たぶん12人分くらいあるんじゃないかしらん(笑)。ゼラチンが入ったムースっぽいものって、冷凍することは出来るのでしょうか。

ちなみに、今日はグラスの器に入れたのですが、安定が悪いので冷蔵庫に入れるときはこんな風にタッパーに入れて冷やします。手前にあるのが、残ったザバイオーネ。ご覧の通り、大量に出来ました。



画像




この後、チーズもいただいて、終わり。食後のおしゃべりは早々に切り上げて、明日の朝に備えて早めにおやすみなさい、です☆







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お友達に おうちでご飯をご馳走するというのは なによりのおもてなしですね。目にも (そしてきっと舌にも)美味しいご馳走で、リラックスした楽しいひとときを過ごされただろうなと想像しています。冷蔵庫でグラスに入ったデザートを冷やすときのアイデア、なるほど〜と画面の前で頷いています。次回 私もグラスを使うときに やってみます!
snowflake
URL
2009/03/28 20:07
snowflakeさん、こんばんは。日本の方は大抵どこのレストランに行きたいという強い希望がありますが、欧米の方は日本人程拘りがないので、外食ばかりするより家で寛ぐ時間も楽しんでいただける気がします。あっという間の週末でしたが、楽しかったです。
noodle
2009/03/29 23:01
本当においしそう!NOODLEさんのおうちの冷蔵庫には魅力的な食材やスパイスがいっぱいなのでしょうね♪(変な着目点)今週末、日本に一時帰国するので一眼レフも購入してきます。技術もありますが、NOODLEさんのように食べ物がさらにおいしく撮れたらいいなあと願いつつ・・・このグリーンのお皿、素敵☆赤がとっても映えますね。
ALOHA
2009/03/30 14:26
ALOHAさん、こんにちは。我が家の冷蔵庫、半分以上がスパイスなどの生鮮品ではない食材で埋められています。どうしても無駄が多くなりますね。一眼レフを買われるのですね。楽しみですね。お皿、色も質感もとても気に入って使っています。欲を言えば、もう少し大きなサイズだと尚嬉しいのですが。
noodle
2009/03/30 18:28
Dinner with friends お友達ご夫婦と再会ディナー☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる