Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Photoshop Elements ディナーの撮影とフォトショップエレメンツ☆

<<   作成日時 : 2009/03/30 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 4



いつもディナーの写真をアップしていますが、実はディナーの写真はフォトショップエレメンツでかなり補正をしています。というのは、我が家の(と言うより、ほとんどの欧米人の家)では余程のことがない限りほとんど間接照明しか使っていず、特にこのマンションの天井にある照明は蛍光灯なので使いません。つまり照明がとても暗いのです。ただ、今のところは間接照明だけでは暗すぎるので、階段の上の電気を点けています。階段の電気も蛍光灯なのですが、上の方から間接的に光が漏れてくるので黄色っぽい色に見えるため、普段の生活には違和感がないのですが、タングステンランプの色とは違うので、階段の上の電気をつけたまま夜写真を撮ると変な色の写真になってしまいます。そこで、普段ディナーの写真を撮る時は、階段の電気を消して、ダイニングに置いているフロアーランプ(タングステン)を点けて撮っています。詳しいことはわからないのですが、タングステンと違って蛍光灯には欠けている色があるので、いくら補正をしてもおかしな色になってしまう、と聞いたことがありますし、光の種類をミックスするとますますおかしな色になってしまいます。このあちらの電気を消してこちらを点けて、というのがとても面倒なのですが。。。

そして、フロアーランプの光を直接テーブルに向けると陰が強く出過ぎたりしてしまうので、壁や天井に向けているのですが、そのため電気をつけていてもかなり暗い状態です。前のマンションはダイニングルーム側にも窓があってもう少し明るかったのですが、今のところは縦長になっていてダイニングルーム側には全く窓がない状態なので、昼間でも暗いのです。昼間は少しは光が回っているので電気なしに撮りますが、やはりかなり補正で明るくしています。

例えば、今日のパスタの写真など、補正後はこれですが、



画像





補正する前は、実はこんなに暗いのです。



画像





そして、明るくしただけでは色がとても黄色っぽい状態です。



画像





この色を補正して、やっと最初にアップしたような写真になります。色の補正も、今はほとんど昼間撮ったかに見えるように補正していますが、少し黄色みを残して夜の雰囲気を出した方が良いのかもと思ったり。




画像





迷い始めるときりがありません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フォトショップエレメンツで加工していると、ほんとうに どこが止め時かわからなくなりますが、楽しいですね。冒頭のお写真が こんなに暗いところで撮ったものだったなんて おどろきです。こうやって加工途中の何枚かを見せていただくの、参考になります。私のところでは 最初と最後しか残っていなくて、途中でいいのがあったかも。。。と よく考えたりしています。
snowflake
URL
2009/03/30 23:31
snowflakeさん、わたしも普段は最初と最後しか残していませんが、今日はこの記事のために途中経過も残してみました。明るさの補正も色の補正も、いつもとても迷います。好みもあり、正解というのはたぶんないと思うので余計ですね。
noodle
2009/03/30 23:46
私の家も引越し当初はすべて病院のような味気ない蛍光灯でしたので、ほとんど暖色系の明かりに付け替えて、間接照明を多くしました。“目に悪いわよ”と両親には言われそうですが暖色系の明かりの方が断然リラックスできます。なので、ウチでも食べ物の写真を撮るとまさに2番目のような感じになります。3番目も温かみは出ているものの黄色が強く、4番目は洗練された感じです。実際、肉眼に一番近いのはどれなのでしょう
aloha
2009/03/31 14:19
alohaさん、日本人の家と中国人の家は蛍光灯が煌煌と点いているところが多いですね。確かに、間接照明だけというのは目には悪そうです。目で見た感じに近いのは、そうですね、3番目くらいでしょうか。写真を撮った後でフロアーランプを消して階段上の電気を点けるので、写真を撮っていない時はもう少し明るさがありますが。
noodle
2009/03/31 18:32
Photoshop Elements ディナーの撮影とフォトショップエレメンツ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる