Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Beef Tagliata ビーフ・タリアータ(イタリア式ステーキ)☆

<<   作成日時 : 2009/04/15 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 10



ずっと気になっていた髪をやっと染めて来ました。すっとしました☆ 髪が気になると、外出した時に落ち着きませんね〜。1ヶ月経つのが早くて、困ってしまいます。このところお肌の調子も悪かったので、そして美容院に行くとかならずそのあと悪くなるので少し回復するのを待っていたため、前回染めてもらってからいつもより1週間長い5週間経ってしまったのですが、この1週間は苦痛でした(笑)。今度日本に帰ったときは、ウィッグを見てみよう☆と本気で思っています。どうせなら、ブロンドなんかどうでしょうね(笑)。いつぞや、パーティーでお友達のを貸してもらって被ったら、『Cute!』という声と共にみんなの注目を浴びたことを思い出しました。



今日はネットが半日使えず不便でしたが、PCCWがネットの接続の原因を見つけて修理してくれました。やれ、やれ。今度は本当に直ったのでしょうか?

アマゾンの本は、DHLで足止めをくっていました。アマゾンに問い合わせたら、こちらで電話をして調べろと言われ(何故?)、結局足止めの原因はDHLの配達人の勝手な勘違いでした。香港のマンションの多くは高層マンションなので、住所は何階のAだとかBだとかいう住所がほとんどなのですが、このマンションは低層でAもBもCも1軒ずつしかないのですが、それを階が抜けていると勘違いしたらしいです。が、それなら何故電話をして来ないのでしょう??それで丸々2日放ったらかし(怒)。このマンションになってからも既に5、6回オーダーしていますが、こんなことは初めてでした。って、過去形で書いていますが、まだ届いていません。今日の10時までに配達するとのことでしたが、もう9時半です(苦笑)。届くんですかね〜。(10時ちょっと前に届きました!)



今日は、ふとステーキが食べたくなったので、アメリカのアンガスビーフの「dry aged」されたものを買って来ました。このdry ageというのはビーフを熟成させる方法で、専用の貯蔵庫で数週間熟成させたビーフのことを言います。元々良いお肉でなくてはこの熟成方法をとることは出来ず、またお金もかかる方法なので普通のものに比べて高価になりなかなか手に入らないけれどおいしい、と言われているものです。

ステーキは大好きなのですが、とびきりおいしいビーフでなくては! でなければ、他にもっとおいしいと感じるものがたくさんあるので、わざわざ高いお金を出してステーキを食べたいとは思えない。日本のビーフのようにとけるように柔らかいビーフでなくても良いのですが、臭みはなくしっかりビーフの旨味のあるものでなくてはほしくありません。そしてあまりにも大きな固まりで出て来ると、見た途端に食欲がなくなってしまいます(笑)。夫はどかんとした大きな固まりを焼いて、シンプルな赤ワインと胡椒とクリームのソースなどをかけたのが好きなので、いつもは大抵そのようにしているのですが、今日は自分の好みを優先して(笑)、ちょっと違った食べ方をしました。

イタリアで出されるステーキに、「Tagliata」というものがあります。直訳すると「切る」という意味ですが、ちょっと固めのランプ肉などを焼いて薄くスライスして、ロケット(葉)と一緒にいただきます。今日はランプではなく、リブアイにしました。レアーに焼いてスライスしてロケットの上に載せ、上質のバルサミコ酢とオリーブオイル、そしてレモンをかけて。



画像





お肉はやや固めでしたがスライスしているので気にならず、おいしいお肉でした☆ 付け合わせは、いつもはドーフィノアを作るところふと違ったものを作りたくなって、ポテトをグレーターで大きくおろし、グリエールチーズをおろしたものと混ぜ、クリームと塩胡椒、ナツメグをかけてオーブンで1時間程焼きました。なんと言うお料理でしたっけ、これ? が適当に作ったからか(ネットで調べようとしたのですが、そのときネットがダウンしていました 涙)、食感がぬるっとして、もうひとつでした。夫はおいしいと言っていましたが。。。再度チャレンジしてみます。もう1つの付け合わせは、残り物のキャベツのざく切りをパンチェッタと一緒にオリーブオイルで炒めました。こちらはおいしかったです。

ガツンとステーキを食べたという気分にはならないようですが、食べやすくておいしいと言って、意外と夫もこの食べ方を気に入ってくれました。大きな分厚い(5センチ弱?)リブアイを1枚だけ買って、夫が2/3、わたしが1/3いただいて、ちょうど良い具合でした。


ところで、以前は(今も人によっては)ビーフに限らずお肉は早くお塩をしてしまうと水分が抜けておいしくなくなるので、調理する直前まで絶対お塩はしないように、というのが常識でしたが、最近はお塩をして1晩から数日置いてから調理するという方法もポピュラーになって来ているようです。今日のステーキ、1晩置く時間はなかったのですが、3時間程前にお塩をしてみました。そのせいかどうかわかりませんが、今日のステーキは特においしく感じました。何度か実験してみようと思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
1番にコメント書かさせて頂きます。 ステーキにお塩をして翌日食べるなんて全然知らなかったです。 私も香港に来てから 日本に居た時よりお肉の食べる量が減りました。 早速、 主人にこの話をしてみたいです。 私はこまめでないので。 情報有難う御座います。 この日の夕食 私も全部真似して作ってみたいです。 とっても美味しそう!
Olive
2009/04/16 00:44
最近多いですね、お塩して2時間おくとか、、私も結構するようになりました。
ロブションさんもお塩使いが面白い使い方しているようです。
そーいや、、燻すときは前日に塩漬けします。。
明日、ベーコンを燻すときあの丸ごとニンニクを燻してみることにしました。
楽しみにしておいてくださいね。報告します。
madame okami
2009/04/16 03:55
Oliveさん、お肉だけでなく最近はシーフードもそうするシェフも多いようです。香港のお肉があまりおいしくないこともありますが、一般的に年齢が上がる程お肉を食べる量は減りますね。
noodle
2009/04/16 10:01
madame okamiさん、2時間3時間ではなく、お肉の場合は本当は1晩から3日くらい置くようです。お塩の量はそれほど多くなく、です。塩漬けとはまた違いますね。薫製ニンニク、楽しみにしています!
noodle
2009/04/16 10:02
ジャガイモのオーヴン焼きはヤンソンズ・テンプテイションではないかしら?
pko
2009/04/17 08:45
pkoさん、教えてくださってどうもありがとうございます。そういえば、ヤンソンさんの誘惑というポテト料理がありましたね。わたしがイメージしていたものとは違うなぁ、と調べてみましたら、そちらは拍子切りのじゃがいもとアンチョビ、チーズ、クリームなどを合わせて焼く北欧のお料理のようです。わたしのイメージはフレンチのもので、じゃがいもは拍子切りではなくグレーターで荒く卸したものなので、食感が違うものですね。。。
noodle
2009/04/17 12:13
お肉、おいしそうです!いくらでも食べられそうです!! それから、noodleさん、毛染めのことですが、ヘナいいですよ。私もヘアダイで地肌も痛み、髪も傷み、悲しい思いをしていましたが、ここ3年ほど、自分でヘナで染めるようになってから、髪の艶がもどってきて、地肌トラブルとも さよならでき、とてもハッピーです。グレイヘアの部分が明るい茶色に染まって、まるでハイライトを入れているようで、悪くないです。難点は 自分でやるのが時間と労力がかかって、面倒と言うことなんですが、仕上がりのうれしさに、切り替えてから ずっとギブアップせずに続いてます。
snowflake
URL
2009/04/17 16:29
snowflakeさん、薄切りだと何故かいただけやすくて、固まりで出て来るよりもたくさん食べられてしまいます。

毛染め情報、ありがとうございます!わたしの場合、元々の髪の色が真っ黒なのです。なので、周りがみんな茶髪の時でさえ黒にちょっとハイライトを入れる程度でした、茶系の髪が似合わないのです。それともうひとつ、ヘナって案外酷いアレルギー反応が出る人が多いので、わたしのようにアレルギー体質の場合はリスクが大きいようです。髪はこのところの悩みの種の1つで、この先どうしようかと考えてしまいます。金銭的にも時間的にもロスが大きいなぁ、と。。。
noodle
2009/04/17 18:55
そうなんですか、noodleさん、ヘナにアレルギーかもしれないなんて、考えもしませんでした。私は 輝くような銀髪にあこがれているんですが、それにはまだ、グレイヘアの割合が少ないので、まだまだ時間がかかりそうです。そこに たどり着くまで、なんとかヘナで持ちこたえようと思っています。私も化粧品などに これまで数々のアレルギー反応があり、苦労しましたが、ヘナにはアレルギーでないようで、ラッキーでした。 髪は女の命!ですから いろいろ大変ですよね。
snowflake
URL
2009/04/17 23:12
snowflakeさん、ヘナって植物なのでアレルギーの方、多いらしいです。snowflakeさん、アレルギーでなくて良かったですね。髪がすっきりきれいでないと気持ちが滅入ってしまいます。グレイヘアーのままに出来れば潔く、お肌にも髪にも良いのですが、どんなに似合う方でも少なくとも10歳は年上に見えますね。それはちょっと悲しいかなぁ、などと思っています。最近、部分ウィッグが流行っていて、結構自然で素敵なので、本気でトライしようかと思ったりもしています。
noodle
2009/04/17 23:21
Beef Tagliata ビーフ・タリアータ(イタリア式ステーキ)☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる