Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Spelt Salad  スペルト小麦のサラダ☆

<<   作成日時 : 2009/04/20 22:04   >>

トラックバック 0 / コメント 2



香港はもうすっかり真夏のお天気になり、昼間の気温は30度でした。夏になると湿度が上がり、夜になっても27、8度までしか下がらないという日本で言う夏日がほとんどになり、とても過ごし難くなります。週末にはよく雨も降りましたし、今週は雨が多くなる予報。そろそろ本格的な夏が始まるのでしょうか(憂鬱)。

今日は午後からセントラルに出る用事があったので、ついでにぶらぶらと何軒かお店を回ってリゾートで被る大きな帽子や新調したいと思っていたお財布などに散在。カンカン照りではなかったのでなんとかお店巡りも出来ました。



暑くなって来ると、サラダなどあっさりしたものがほしくなりますね。今日はひとりご飯だし、このところお肉をたくさん食べ過ぎているように思うので、体に良さそうなスペルと小麦のサラダを作ってみました。



画像





作ったサラダは、とってもシンプル。一晩水に漬けたスペルト小麦を水から茹で、最後の5分程度でお塩を入れて、好みの柔らかさになったらざるに揚げて冷まし、きゅうり、たまねぎ、トマトなどの細かいさいの目切りやロケット菜などと混ぜて、レモン汁を効かせたドレッシングで和えただけです。(多めにスペルト小麦を茹でて、半分はスープに入れる為に冷凍しておくつもりでお塩だけでなくスープストックのパウダーも加えました。)バジルがあったので、バジルも入れました。

で、お味の方は。。。まぁまぁ?(笑)。思っていた程、おいしいと感じませんでした。付け合わせには良いと思うのですが、これだけいただくとちょっぴり退屈。いつも良く作るクスクスのサラダのスペルト小麦版というようなサラダですが、クスクスの方が全てが一体化しておいしいと思います。良く見かけるのは、スペルト小麦とレンティルのサラダ、なので、何かと混ぜた方が良いのかもしれません。





ちなみにスペルト小麦はイタリアではファロ(Farro)と呼ばれるようですが、Farroが全てスペルト小麦とは限らないないようです。以前、スペルト小麦のスープを冬にアップしましたが、初めて使ったときにそのまま煮たら、殻が口の中にたくさん残ってしまいました。その後、わたしが買ったスペルト小麦は殻付きということがわかり、一晩水に漬けてから茹でる必要があることがわかりました。イタリアでは殻は取ってあるのでそのまま調理すれば良いのですが、わたしが見つけて香港で手に入るスペルト小麦は、この殻付きしかありませんでした。一晩お水に漬けたスペルト小麦をお水から45分から1時間程度煮ます。固さは好み。今日も、ルクルーゼの真っ赤なハートで煮ました。



画像





そういえばスペルト小麦入りのミネストローネスープにご飯を加えてお味噌で味をつけて味噌おじやのようにしたら、とてもおいしかったので、残っているスペルト小麦はそうしていただこうかと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そろそろ長靴の出番ですねぇぇ。長靴は長時間履くと熱くて死にそうになります(笑)
おいしそうですよ、スペルト小麦のサラダ、、
お味噌とトマトソースって遭うんですね。最近よく日本のシェフたちがトマト味噌とか作っています。
今日はピエールガニエール10品食べて最後は眠たくなり死にそーです。
パン美味しいのがありました。あれ今度作らせてください
madame okami
2009/04/21 02:49
madame okamiさん、お味噌とトマトとミルクというのは定番だと思います。もう15、6年前だったか、料理の鉄人の道場さんが使われていました。わたしもその頃からミネステローネには隠し味にお味噌を入れたりします.ピエールガニエールのパンが食べられるんですね、楽しみにしています♪
noodle
2009/04/21 10:39
Spelt Salad  スペルト小麦のサラダ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる