Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Chicken Basque バスク風チキン☆

<<   作成日時 : 2009/05/31 00:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0



今日、夫が作ってくれたディナーは、Delia Smithのサイトの「今月のメニュー」から「バスク風チキン」。Delia Smithの創作だそうです。

これが、わたしがおもてなし教室でご紹介したチキンとチョリソのパエリヤにそっくり(笑)。チキン、チョリソ、赤ピーマン、タマネギなどの他にオリーブ、サンドライトマト、オレンジも入っています。なぜかお米は、インドのお米のバズマティ米を使っています。トマトペーストやパプリカが入っているので、しっかりと赤黒い色がつきます。お米がバズマティ米なのとチョリソの割合が少ないので、わたしのチキンとチョリソのパエリアよりかなりあっさりした感じ。ただ、夫はチキンやチョリソやお野菜は4人分を半分にして、お米と水分は4人分のまま作ったそうなので、本来ならもっと具沢山になるもののようですが、わたしはこれくらいの割合が丁度良い気がします。ドライトマトの酸味も時々感じられ、とてもおいしかったです☆ 日本のお米かスペインのお米を使って、パエリア風にしてもおいしそう。




画像





画像






バスク地方というのはフランスの南とスペインの北の国境辺りにある地方ですが、秋に予定している旅行で行きたいと思っているところの一部です。カタルーニャ地方にも行くつもり。どちらも食べ物がおいしいのだとか。今、情報収集中です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Chicken Basque バスク風チキン☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる