Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Chinese Tea Party 中国茶会 春茶会☆

<<   作成日時 : 2009/05/06 02:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2



今日は、楽しみにしていたLuscious Deliciousさんで行われた、アンディー先生のチャイニーズ・ティー・パーティーの春茶会でした。不定期でいつあるかわからないこのお茶会、とても人気なのですぐに満席になってしまうため、申し込みが間に合わず参加出来なかったこともありましたが、今回は参加することが出来ました。(ちなみに今回で5回目のお茶会だそうですが、わたしが参加出来たのは2回目4回目と今回。)アンディー先生の説明を阿多さんが訳してくださるので、いろいろと詳しいお話をお聞きしながら、おいしいお茶をいただきました。



画像





いつも、なかなか手に入らないような貴重なお茶を飲ませていただけて、とても嬉しいお茶会です。今日いただいたお茶は4種類。



画像




1. 碧螺春(緑茶)(ヘキラシュン)

香港の方たちはあまり好まないので、香港のお茶屋さんではあまり売られていないお茶。今日いただいたのは清明節の前に江蘇省の太湖の東洞庭山で摘まれたお茶で、最上とされているもの、産毛があるのが特徴。2番目の新芽を摘んだものです。緑茶なのでぬるめのお湯(80℃以下)で煎れます。今日は、上投と言って、お湯を入れたなかに茶葉を浮かせるという方法で煎れられました。



2. 明前獅峰龍井(緑茶)

やはり清明節の前に獅峰で摘まれた茶葉(市場にはほとんど出回らない上質なお茶)で、豆のような香りが特徴。こちらは中投と言われるお湯を少し入れた上に茶葉を入れ、またお湯を入れるという方法で煎れられました。1人ずつ、小さなグラスでいただきました。



3. 鉄観音(青茶)

今年の春茶。蘭のような香織が特徴。今日のものもそうですが、焙煎があまりされていず醗酵が少ないのが最近の鉄観音の特徴。お湯の温度は高めにします。薔薇の花やハマナスの花と混ぜるとおいしいということで、ストレートでいただいた後、薔薇の花を混ぜていただきました。




4. 鳳凰単叢(岩茶)



炭火で焙煎された茶葉で、10年もの。醗酵が進んでいるので少しポーレイ茶のような香りもしました。磁気の蓋碗で煎れていただいた後、陶器の急須でも煎れていただき、その違いを楽しみました。



おいしいお茶を一通り楽しんだ後は、デザートビュッフェへと続きます。写真が多くなるので、続きは後ほど。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このたびのお茶会も素晴らしいお茶が、揃いましたね♪アンディー先生が選ばれたお茶、私も飲んでみたいです。
おいしくないとか、味がわからないとおっしゃる方が多い「碧螺春」も、おいしいものは、おいしいですものね。産毛を残して仕上げる技術は、難しいとされていますが、茶葉とともにゆらゆらしている姿を見るのも楽しいものですよね。次の記事のデザートも盛りだくさんで、楽しそう♪櫻井先生のデザートも魅力ですが、持ち寄りで、みんなで作る素敵なお茶会になりましたね☆
Shanti
2009/05/08 16:18
shantiさん、先生方のご好意で滅多にいただけないようなおいしいお茶をとてもお安い参加費でいただけて嬉しい限りです。お茶の味や香りの違い、ブラインドテイスティングでわかる自信は全くありませんが、おっしゃるようにおいしいものはおいしいです。持ち寄りデザートもとても楽しくておいしかったです。
noodle
2009/05/08 18:08
Chinese Tea Party 中国茶会 春茶会☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる