Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Lunch at The Pawn 「質屋さん」(?)でランチ☆

<<   作成日時 : 2009/06/22 20:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0



今日もお昼前にすごい雨になりました。丁度お友達とのランチに出掛けようとしていたときの突然の豪雨。いつもはすぐ見つかるタクシーもすぐには見つからず、どうしようかと思いました。この時期の香港の豪雨には、本当に泣かされます。結果的にはいつもより4、5分かかっただけでタクシーが来て、お約束の時間にも間に合ったのですが、タクシーが見つかるまではひやひやしました。

今日のランチは、ワンチャイにある「The Pawn」といレストラン。こちらの建物は建てられてから100年以上経つそうで、昔は質屋さん(The Pawn)だったそうです。ちょっとややこしいのですが、こちらのグランドフロア(日本の1階にあたる)には先月初めに飲茶をした『OVO Logue』があり、今日行った『The PawnのDining Room』はその2つ上のフロア(日本の3階)にあります。ちなみにその間には、やはり「ThePawn」のLiving Roomというバー兼ラウンジ(食事も出来るそう)があります。イギリスをイメージしているそうで、フィッシュ&チップスやソーセージとマッシュポテトなどもいただけるとか。

このビル、OVOの飲茶以外はまだ行ったことがなく、このDining Roomも数人のお友達からおいしいと聞いていたのでずいぶん前から気になっていたのです。今日ご一緒したお友達も行かれたことがない、とのことだったので、こちらに行ってみることになりました。


今日も雨の件で焦っているうちに、すっかりカメラを忘れてしまい、iPhoneの写真です。

前菜は2人とも「ローストしたアスパラガスの冷たいスープ」。ローストしたとあったのでもっと香ばしさが出ているかと思いましたが、それは感じませんでした。塩胡椒が足りませんでしたが、塩辛すぎるより良いです。まぁ、普通かな。それより、一緒に盛られて来たサラダのドレッシングがとてもおいしかったです。



画像




お友達は、メインにお魚をオーダーされました。ヒラメだったと思いますが、くるっと卷かれて出て来ました。お魚の癖がちょっと強いけれど、ソースがおいしいとおっしゃっていました。



画像





わたしは、パプリカやバジルソースのペンネをいただきましたが、これがとてもおいしかったです。アスパラガスも入っていました。ぴりっとして、バジルの香りもして、重すぎずおいしかったです。最後まで全然飽きずにおいしくいただけるパスタ、香港では滅多にありません。またいただきたいと思う一品でした。



画像





デザートは洋梨のタルト。普通においしかったです。



画像





お友達が飲める方だったので、白ワインを1杯ずつだけいただきました。ワインと食後のコーヒーも入れて、1人340ドルくらい(4300円)、だったでしょうか? ワインが70ドル程だったので、ワインをいただかなければ270ドル(3400円)ほど。ちょっとお高いでしょうか? でも、香港でのおいしいランチとしては、3コースでしたので、妥当なお値段だろうと思います。何よりおいしかったので、また行ってみようと思うレストランでした。


街市などぶらぶらして、あるお店に向っている途中、お友達3人がお茶をされているところにばったり遭遇。丁度しばらく一時帰国をされていた方たちもいらして久しぶり〜、ということで、おじゃまさせていただいて夕方までおしゃべりしていました。途中、また大雨になったりしていましたが、幸い外に出た頃にはすっかり上がっていて、今日は濡れずにすみました。長い傘を持って歩いていると降らないような(笑)。

大雨になると小さな折り畳み傘ではほとんど役に立たないので、降りそうな時は長い傘を持って出るのですが、降らないとじゃまなのですよね。。。今の時期、出掛ける時はいつも迷います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Lunch at The Pawn 「質屋さん」(?)でランチ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる