Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Dim Sum Lesson 飲茶のレッスン☆

<<   作成日時 : 2009/07/18 18:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4



台風が近づいていて、シグナル3が出ています。今日の夜は夫とバースデーディナーに出掛けるのですが、大丈夫なんでしょうか。予想図では、ほぼ直撃のように見えますが。。。今のところ大して雨も風もないのですが。。。



昨日は、Luscious Deliciousさんでの飲茶のレッスンに参加しました。



画像




教えていただいたのは、叉焼包の他に蓮の実餡、カスタード餡、小豆餡の3種類の甘い蒸し饅頭の点心の4種類。まずは、叉焼包。



画像





カスタード餡の蒸し饅頭。中身がカスタード餡だとわかるように、印をつけます。



画像





真ん丸の小豆餡の蒸し饅頭。



画像





(わかりにくいですが)少し楕円にして、小豆餡と区別出来るように作った蓮餡の蒸し饅頭。



画像





デザートというのか、甘いものが続くので間にと出してくださったデザート。ライチーの剥き方がとても可愛くて、彩りもきれい。こちらでは、こういうちょっとしたプレゼンテーションの仕方などが、とても勉強になります。レストランのようにプロでなくては出来ない凝ったプレゼンテーションではなく、シンプルで素敵、というところがとても好きです。



画像





点心のレッスンは、今回が2度目。以前、小龍包などのレッスンを受けました。今回の叉焼包の包み方は小龍包の包み方と同じだったので、1度受けていたお陰か、全然ダメ〜と思ったのですが、「よく出来ました」と言っていただきました。上手には出来ないのですが、なんとなく理屈だけはわかります。他の方たちは初めてのようでしたが、器用な方が多かったのか、「ヘタですね〜」は聞かなかったような気がします(笑)。

蒸し立てでいただいた飲茶はどれもおいしかったのですが、残念なことに、家庭ではほぼ100%作ることが出来ないとわかりました。手に入らない材料があるのです(涙)。まぁ、材料が手に入ってもなかなか作らないとは思うのですが。。。

それにしても、こうして習うと点心がどれほど手がかかっているのかがわかります。香港ではとってもお安くおいしい点心をいただくことが出来るのが有り難いのですが、シンガポールではあまりおいしい点心はいただけないと聞いています。香港では中華以外ではあまりおいしいところがないので、また行きたいと思うレストランは、ほぼ100%飲茶のレストラン、香港を離れて一番食べたくなるのも飲茶だろうと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どれもおいしそうですね。
自分で習って作るっていうそのアクティブさが
素敵です☆
私も子供がもうちょっと手が離れたら何か習いに行きたいなぁ。
むーみん
2009/07/18 21:39
むーみんさん、記事にも書きましたが、このレッスンで習ったものは自分では作れません、材料の中に買えない材料があるので。たぶん、買えても手間がかかり過ぎるので作らないと思います。点心は2、3品では物足らないですし食事にはならないので、なかなか手間暇かけて作ろうという気分にはなれないですね。
noodle
2009/07/19 00:02
noodleさん、私、その後の香港夏野菜料理のレッスンに行きました。やっぱりニアミスです今回も。点心は以前のnoodleさんの記事を読んで、作るのが難しそうだと思い、食べに行くのみとしています。テーブルのしつらえとか、ちょっとした工夫がさりげなくチャイナでいいですね。お茶もお一人お一人に小さなポットがあるんですね。うかがっていないレッスンですが、noodleさんのお写真、記事がとても参考になりました。
snowflake
2009/07/19 11:54
snowflakeさん、そうでしたか、またニアミスでしたか(笑)。おっしゃるように点心は食べに行くものだと思います(笑)。でも、こうして作るのだなぁ、とわかるのは面白いですよ。お茶もそれぞれにたくさんある種類から好きなのを選んでいただくことが出来ます。おいしい茶葉です。
noodle
2009/07/19 12:56
Dim Sum Lesson 飲茶のレッスン☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる