Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Easy Pasta Dish    夏向きの、さっぱりパスタ☆

<<   作成日時 : 2009/07/28 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0



あっという間に1週間経ち、また麻雀の火曜日になりました。この2年程出席率がかなり低かったのですが、このところ頑張って(?)出席しています。そして、今日は、大量得点で勝ちました☆

今週は夫が出張しているので、ひとりご飯です。なにか冷蔵庫の中にあるもので簡単に出来るもの、ということでパスタ。トマトとしそとロケットのウォームサラダパスタ、とでも言いましょうか。



画像





パスタといっても火を使うのはパスタを茹でるときだけで、ソースはトマトのレモン風味のサラダのようなものなのですが、パスタは冷たくせず、茹でたらトマトのサラダと混ぜます。冷製パスタでもなく、熱々のパスタでもなく、その中間くらい。

トマトを切ってボールに入れ、にんにくの擦りおろしをほんのちょっぴり。トマトは少しジュースが出るように、フォークでぎゅっと押します。冷蔵庫に紫蘇が余っていたので、千切りにして加えて、レモン汁、オリーブオイル、胡椒、今日はバルサミコ酢も少し加えてみました。トマトのサラダのような感じですが、サラダよりかなりレモンが効いている状態です。そこにパルメジャンチーズを摺っていれます。(お塩の代わりにパルメジャンチーズを入れるとコクが出るように思いますが、苦手ならお塩だけで。)ロケットも余っていたので入れました。後は、茹でたスパゲティーニを入れてよく混ぜるだけ。塩分が足りなければ、お塩も少し加えます。オーガニックのレモンがあれば、レモンの皮を摺っていれてもおいしそうです。熱々のパスタがレモン風味のドレッシングを吸い取って、さっぱりとして、冷製パスタとはまた違ったおいしさでした。男性にはさっぱりし過ぎている気がしますが、女性はお好きかもしれませんのでお試しくださいませ。なんと言っても、パスタをゆでている間にソースが出来上がりますし、パスタ以外は前もって作っておけるのも良いところだと思います。ロケットやバルサミコ酢はなしでもおいしそうですし、紫蘇ではなくバジルなら尚良さそうです。重要なのはレモンの酸味と塩分。パスタを茹でる時のお湯にしっかり塩味をつけることも大切だと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Easy Pasta Dish    夏向きの、さっぱりパスタ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる