Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Dinner at "Cecconi's"@Soho  Sohoの「cecconi's」でディナー☆

<<   作成日時 : 2007/07/20 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0



出張先から戻った夫とSohoのレストランで待ち合わせ。比較的最近出来た「Cecconi's Cantina」(注 音が出ます)というイタリアンレストラン。旅行前に一度電話をしましたが、もう予約で満席で入れなかったのです。今日も大変賑わっていました。メルボーンのレストランの支店のようです。Soho SpiceやOliveなどと同じグループ。香港ってスーパーマーケットもですが、レストランも大きなグループになっているのですよね。競争が少ないからレベルが低いのかな、などと思います。


夫の前菜、いちぢくのロースト(山羊のチーズ、パンチェッタ、はちみつとマスタードのドレッシング)。



画像




わたしの前菜のリゾット。玉ねぎのキャラメライズしたもの、ガーリックのコンフィ、タレッジオチーズ。ここではリゾットはたぶんメインディッシュとしていただくのでしょう、量が多すぎましたので、おいしかったですが半分くらいにしておきました。



画像





夫のメイン。ラムの白ワイン煮(ガーリックと野菜入り)。ポレンタ添え。とてもおいしかったそうです。



画像




わたしのメイン、ポークのカトレット。詰め物は松の実、ドライのいちぢくとソルタナ。三枚肉のカリッとさせたものと赤キャベツ添え。三枚肉はあまりカリッとしていなかった。皮のところがカリカリだとおいしいのですが、これはとても脂っこくて食べられませんでした。ポークのカトレットは、ポークの味がちょっと苦手な味でしたが、これはたぶんわたしが敏感過ぎるのだと思います。詰め物は甘くて、ソースも甘くて、付け合わせのキャベツもとても甘い。ポークは甘いものと合うけれど、これだけ全部とても甘いと、わたしには甘過ぎました。



画像





場所柄間口の狭い小さなレストランで、テーブルはとても小さくて窮屈ですが、内装はすっきりしてなかなか良い感じです。



画像




全体に量がとても多いので、前菜を軽いものにしてもメイン全部はなかなかいただけないかもしれません。シェアーするくらいでも良いかも。とびきりおいしいとは言いませんが、香港にしてはちゃんとしたお料理という気がします。イタリアンというよりは、イタリアンの影響を受けたオーストラリア料理という感じでしょうか。お水1本、グラスワイン1つずつ、デザートはなしで最後にエスプレッソ1杯ずつで二人で10000ドル弱(15000円)ですから、標準か、ややリーズナブルというところでしょうか。でも、きっとメルボーンの方がずっとおいしいんだろうなぁ。。。



Cecconi's Cantina
G/F 43 Elgen Street
Soho
Tel 2147-5500




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Dinner at "Cecconi's"@Soho  Sohoの「cecconi's」でディナー☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる