Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Blackberries again 挨拶☆

<<   作成日時 : 2007/08/09 15:57   >>

トラックバック 0 / コメント 8



(画像と記事の内容はぜ〜んぜん関係ありません。)



画像





今日も予定を入れず、家でのんびりしています。昨日、今日と台風の影響で大雨が降ったと思ったらやみ、というのを繰り返しています。この先1週間の天気予報では、ずっとこんなお天気らしいですが、先日もそう思っていたら結構良いお天気になったりしていたので、香港の天気予報ってあまりあてになりません。この辺りのお天気は予想しにくいんでしょうか。日本では何日も何週間も続けて雨というのはあまり経験がない気がしますが、香港ではよくあること。1週間ずっと雨も充分あり得ることです。今年の夏は異常なくらいずっとカンカン照りでしたが、オール・オア・ナッシングという感じですね。


ネットであれこれ見ていたら、「フリー・ハグ・ムーブメント」(「知らない人とハグをしよう」運動)というのが広まっている(?)と知りました。オーストラリアから始まって、東京でも多少は行われたようですね。

ところで、「ハグ」なんて日本語(?)はいつの間に出来たんでしょう。9年前、香港に越して来た頃にはなかったです。ここ数年ですよね。確かに、日本語で「抱きしめる」というより、「ハグ」の方がピンとは来ますが、実際にはどれくらい浸透しているんでしょう。ドラマなどで時々見かけますが、若い方達には広まっているんでしょうか。


イギリスに留学した頃、ほっぺにキッスをしたりハグをしたりという欧米の習慣は最初とても気恥ずかしくて、どうして良いのやらわかりませんでした。大昔のことですので(笑)わたしを含めて周りの日本人の女性たちはほとんどがシャイでしたから、女性とでもぎこちなかったのですが男性となんてとんでもない、と最初は逃げ回っていました(笑)。でも、そのうちそんなことも言っていられなくなりますし、だんだん慣れても来ます。3ヶ月程して、同じクラスだった人たちがそれぞれの国に帰る頃には、自然にほっぺにキッス(と言っても、頬がふれあう程度で唇まで触れることはまずありませんが)も出来るようになっていました。そして、日本に帰る頃には、キッスやハグをする方が自然に思えていましたから、習慣とは恐ろしいものです。イギリスで知り合ったお友達とは、普段はしませんでしたが、日本に帰るというときは日本人同士でもキッスやハグをしていました。その方が自然に感じたからです。今でもたまに日本人相手に思わずハグをしそうになって、「あ、だめだめ!」と思うこともあります(笑)。きっと、気持ち悪がられちゃいますよね。

反対に欧米人と話していて、家族ともキッスもハグもしないと言うとみんなとっても驚きます。それでどうやって愛情を表現出来るの?と本当にびっくりして聞かれます。しなくても愛情は感じ合えると言うのですが、文化が根本的に違うので、わかってもらうのはむずかしい。


香港に住んでいても日本人同士のおつきあいしかない場合は必要ありませんが、欧米人とのおつきあいもある場合は、結構戸惑う習慣かもしれませんね。日本人同士で話題になりますが、「え〜、いやだぁ〜」と言う人も多いですから。

キッスの回数も国籍によっていろいろです。英国人は基本的には1回。大抵相手の右側。ただし、香港に住む方達は大抵2回(右1回、左1回ということ)ですね。平均が2回なので2回にしている人が多いようです。アメリカ人はたぶん2回だと思います。スイスのお友達も2回だったと思います。イタリアはどうだったかな、たぶん2回。フランス人はほとんどが3回(右、左、右)、中には4回、5回のところもあるようです。香港では平均をとって(?)少なくともわたしの周りでは2回が多いです。でも、お互いに相手の動きを見ているところもあり、相手が1回で終わりそうなら1回のときもあったり、終わりだと思ったらまだあって、慌ててまたしたり(笑)。右か左かも絶対ということではないので、ときどき真ん中でぶつかりそうになったり(笑)。

初対面のときは、握手だけがほとんどだと思います。人数の多いパーティーなどで初めて会った相手とは、大抵あった時も握手、別れるときも握手。けれど、数人と夕食を一緒にするときなどは最初は握手、別れる時はキッスが多いと思います。もちろん、そのときの状況にもよりますし、相手の出方を見たりもします。

だんだん親しくなって来ると、頬にキッスがハグに変わります。片方の頬にキッスしてハグ、という場合もあります。一番多いパターンは、普段は頬にキッスで、ホリデーなどで長く会わないときにはハグ。キッスよりハグの方が親しさの表現というのは意外かもしれませんが、キッスと言ってもほとんど肌が触れない程度のものなので、それより、ぎゅっとする方が親しさの表現ということになるようです。


ちなみに、詳しいデータは忘れてしまいましたが、いつもハグをしている夫婦の離婚率は極端に少ないそうですよ☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うーーーん、やはりハグって日本人にはない感覚。恥ずかしい感じがします。やはり、慣れなのでしょうねー。
会釈している姿を見ると日本人とすぐ分かるといわれましたが、やはりほかの国の方からは奇異に見えるのでしょうか?
旦那さんが帰ってきたら、今日からハグ攻撃!したいと思います。(笑
yuyu
2007/08/09 21:11
yuyuさん、やっぱり恥ずかしいですか? 結構良いものなんですけどね。お友達がすごく辛い思いをしているときなど、思わずぎゅっとしたりします。でも、この「思わず」がキーですよね。無理にしても変な具合だし(笑)、ぞれぞれで良いと思います。でも、夫婦は別ですよね。日本人だって、夫婦ならおかしくないですよね?うちは、しょっちゅうです☆
noodle
2007/08/09 21:17
そういえばいつの間にか日本でもハグという言葉が普通に使われるようになりましたね。
いつからだろう…でも言葉は浸透していても実際している人は殆どいませんよね。
私もそれこそ香港にやってくる段階になって友人たちとハグしました(笑)
特に意識していませんでしたが思わず気持ちがそうさせたと言った感じです。
ハグは外国人の友人とは当たり前のようにできるのに、日本人同士だと気軽にはなかなか…
ましてはキスはしませんね(笑)
でもこれらのことって素敵な表現方法だと思います♪
日本人は日本人なりの表現で気持ちを表しているのでしょうが、こちらはストレートですよね。

さすがにnoodleさんご夫婦はしょっちゅうなんですね♪
私は一方的にハグして(からみついて?)嫌がられています…

noodleさんのハグ&キッス解説↑、とても詳しくて勉強になりました!
shushu
URL
2007/08/10 00:25
shushuさん、こんばんは。外国人と言っても、例えば英国人は家庭によって、わたしたちの世代では両親がハグもキッスもしなかった家庭も多かったようです。日本人同士ではなかなか自然には出来ませんよね。外国の人とおつきあいのある方では、自然に出る人もまれにいますが。まぁ、それぞれの文化があるので、それぞれで良いとは思います。
noodle
2007/08/10 02:38
noodleさん、おはようございます。
やっぱりnoodleさん宅は”しょっちゅう”なのですね^^
我が家も見習って?仲良く過ごして行きたいと思っております。

写真ですが、宿題もしていかなかった私。
撮ったものみていただくこと、なかったですね。
謙遜ではなく、センスがないので構図がまったく><です。
性分なのかどこか一箇所を切り取って撮影することが苦手。
そのため雰囲気のないごちゃごちゃした記念撮影になってしまいます。
今はおうちで晩ごはんをかっこよく撮る練習中です。
(メニューはかっこよくないのですが。笑)
yuyu
2007/08/10 10:13
yuyuさん、おはようございます。

お家の食事を撮るのって、結構大変じゃないですか?うちも夫がまだかまだかとうるさいので、ほんの数秒しか撮れません。先に食べて良いよ、と言っても嫌がるのですよね〜。いつか、お写真見せてくださいね。
noodle
2007/08/10 11:41
どちらかといえば日本の風習はつつましくて控えめなイメージがあります。表現もそういうとこから自然になんとなく相手に伝わるという感覚になったのかぁ〜と思います。

ヨーロッパに住んでる日本人の友人はこっちに帰ってきたらハグとかキス
をところかまわずしてますよ(笑

されたときはちょっと恥ずかしいようなでもうれしい気分になります。

P.S
Noodleさんのブログ リンクさせて頂きました〜。
クローバ
2007/08/11 20:05
クローバさん、そうですか、ヨーロッパに住まれている日本人のお友達は、ところかまわずですか?(笑)日本から出たことのなかったときは、日本人には日本人の気持ちの表現の仕方があると思っていましたし、それで良いと今でも思っていますが、欧米の国に住んだ多くの日本人がそうなるというのは、やはり、それが本来人間としては自然なのではないかなどと思ったりもします。

リンクしていただいて、ありがとうございました。こちらからもさせていただきますね。

今度書き込みをされるときに、URLのところにクローバさんのブログのアドレスを書き込んでいただけると、書き込みを読まれた方がそちらにすぐに飛んで行けます。(わたしも面倒でついしないことが多いですが。)
noodle
2007/08/12 00:10
Blackberries again 挨拶☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる