Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS That Strange Fruit 例の謎の植物の正体★

<<   作成日時 : 2007/10/04 14:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2



昨日、chizchizさんから教えていただいたのですが、chizchizさんのお母さまによると例の謎の植物は「朝鮮あさがお」だとか「キチガイナスビ」と呼ばれ、江戸時代に華岡青州が外科手術の麻酔薬として使ったことで有名な毒性のナス科の植物とのこと。結構最近、華岡青州のドラマを見ましたっけ。その植物のことは覚えていないのですが。

調べてみると,なんと、猛毒があるそうです!毒性が強いのは花だそうですけれど。。。あ〜、食べなくて良かった。例え食べられるものだとしてもお花屋さんで売っていたので、農薬のこともあり食べようとは思いませんでしたが、もしあの日どなたかがちょっと味見をされたりしていたら、と思うとぞっとします。何かわからないものは、食べないようにしましょう。売っていたお花屋さんはご存知なんでしょうかね。まぁ、食べる人はまずいないとは思うけれど。。。


下の画像は、話題とは関係ありません。。。



画像





香港は久しぶりに良いお天気になりました。海の色がきれいです。まだ、気温は31度と真夏と変りませんが、湿度が低めで風もあるので、まぁまぁ過ごしやすそうです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Noodleさん、あれ毒性があるんですか?! 実はちょっと食べてみたいと横目で見ていたんですよ。 食べなくて良かったです。でも麻酔薬に毒とは ちょっと怖い気がしますが 何の作用のために使ったのかしら。
夜外に座るのが気持ち良くなりましたね。
Olive
2007/10/05 00:59
Oliveさん、詳しくは知らないのですが、毒にも薬にもというやつではないでしょうか。使い方で麻酔薬にもなれば、毒にもなるということではないかと。いずれにしても、だれも食べてみなくて良かったです〜。でも、匂い、かなりきつかったですので食べる気にはならなかったですが。。。
noodle
2007/10/05 01:05
That Strange Fruit 例の謎の植物の正体★ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる