Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Dinner in SOHO セントラルのSOHOでディナー☆

<<   作成日時 : 2008/01/13 15:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0



昨日は、金曜日とは別のイギリス人ご夫婦とディナーをご一緒しました。どこに行こうかと相談していたのですが、早めの時間に一緒にセントラルに出て、SOHO(セントラルにある長いエスカレーター付近のレストランやバーがたくさんあるところ)をうろついて気になったお店に入ってみようというになりました。わたしたちが香港に来た10年程前は香港がとても景気が良いときで、週末に予約なしではどこもなかなか入れませんでしたが、ここ数年はそれほどでもないようで、7時半頃までに着けば入れるところも多いようなのです。そして選んだのが「Peccato」というイタリアン。後でわかったのですが、このお店は「Wildfire」や「Boathouse」などと同じ「IGOR'S」のグループでした。香港のこういう場所にあるレストランは、こういう大きなグループに属している場合がとても多く、そのためたくさんあるようで実はあまり競争がないのも、香港の(中華以外で)レストランが高くてあまりおいしくない大きな理由ではないかと思います。


(昨日は結構暑かったのですが、それでも真夏よりはずいぶんましなので)今の時期はドアは開けっ放しになっていて、テラス部分で食事をされる方もたくさん。SOHOはこういう間口が小さくてドアが開けっ放しというカジュアルな雰囲気のお店が多いです。



画像



(今回大きなカメラを持って行ったのですが、このカメラ、何故かこの写真のように変な反射が写ってしまうことが多くて困ります。外の看板のTREEが左下に反射されて写っているのですが、こういうのが多い気がします。なぜでしょう??)



メニューはあまり大きくなく、前菜、パスタ/リゾット、メイン、デザートとそれぞれ5種類くらいずつだったでしょうか。シーフードがとても多かったです。ということで、わたしにはあまりたくさんの選択の余地はなく、前菜は生ハムとメロンとサンブッカ。サンブッカというのはアニスの香りのする甘いリキュールなのですが、案外合っていました。



画像




メインには、仔牛のラグーで作ったラザニアというのを選びました。まぁまぁですかね。まずくはないですが。。。



画像




夫はラム。(ちなみに夫は前菜にポレンタとポルチーニなどキノコ類のソテーした物を選んでいましたが、少し横からつまんだところおいしいようでした。)



画像




お友達は前菜はなしで、メインはスカンピのリングイーニ。海老がぷりぷりしておいしそうでした。お友達のご主人は、前菜はわたしと同じ生ハムとメロン、メインにはブイヤベース。ブイヤベースはまぁまぁだったようです。



画像




夫がオーダーしたデザート(パンナコッタ)をシェアー.お友達のご主人は食後のコーヒーだけ、夫はコーヒー、わたしとお友達は何も頼まず。ワインは白1本、赤1本。1組1300ドル(20000円くらい)。SOHOのお店の平均的なお値段だと思います。サービスは特に問題なく、食べ物もまぁまぁ。全体的のSOHOのレストランの平均というところでしょうね。また行きたい!とは思いませんが、いろいろ試してみたいのでお友達と行ったことがないレストランを試すのは楽しいですし、お友達と一緒なら食べ物は二の次の部分がありますので、いろいろ試す良い機会という気がします。


ディナーの後は、ランカイフォンまで歩き、パブで少し飲みました。ランカイフォンに着いたのは、たぶん10時ごろ。まだまだ静か。パブではピープルウォッチング。いろいろな人がいますからねぇ。

このあたりのパブやバーで困るのは、喫煙OKなことと、音楽がうるさいので声を張り上げて話をしなくてはいけないこと。帰る頃には喉が痛くなります。そんな、隣の人の声もなかなか聞こえない騒音の中で、長い間電話で話している人がいたのは不思議。




画像




画像




画像




パブを出たのが真夜中過ぎ。その頃にはすごい人ごみになっています。ランカイフォンは夜になるといつも凄い人。わたしたちは滅多にそんなに遅い時間まで外にいないので、こういう経験もたまには楽しい。みんな、何故だかパブやバーの中ではなく、こうして道ばた(パブやバーの目の前の道)で立ったまま飲んでいるのです。香港人より一目で外国人とわかる人たちが断然多いのも特徴。でも、こんなに凄い人なのはこの一角だけで、1ブロック下りれば普通の人通りです。

こんな風に夜遅くまで安心して遊べる(?)ところがあるのは日本人には特別なことに思えませんが、欧米人には結構特別なことなのです。例えば英国ではロンドンならともかく、地方都市に住んでいるとこういう場所はありません。ショッピングをするシティーセンターのお店も夕方の6時ごろに閉まってしまいますから、夜はがらんとして怖い雰囲気です。アメリカやヨーロッパ全体に例外の都市もいくつかはありますが、地方都市は大体似たような状況だと思います。だから、余計、こうして欧米人がこういうところに集まるのかもしれませんね。



画像




それにしても、昨日の昼間は暑くてびっくりしました。27度くらいあったようで、イギリスの真夏です。会う人会う人、「少し寒くなって喜んでいたのに、暑いわねぇ。」というのが挨拶のようになっています。今日は少し気温が下がりましたし、明日から数日は少し(香港としては)冷えるようです。こう変化が激しいと体調を崩しかねないので、気をつけましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Dinner in SOHO セントラルのSOHOでディナー☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる