Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Supper 一人ご飯☆

<<   作成日時 : 2008/01/15 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 8



麻雀の会で出したものが結構余っているので、今日の1人ご飯はランチタイムと同じもの。残り物をお皿に並べて、と〜っても久しぶりに自分のためにワインも開けました。1人でいるときに飲むのは、たぶん1年に一度あるかないか。ランチタイムとまったく同じ食事というのがつまらないので、ワインを飲みたくなったのかもしれません。



画像




チーズの上に載っている黒いものは、自家製レーズン。おもてなし教室で作った自家製のセミドライのぶどうが夫にもお友達たちにも好評なので、以来時々作っているのですが、先日小さなほうのオーブンを使ったら温度が高すぎたようで、セミドライのつもりがほぼ市販のレーズンに近いくらいドライになってしまいました。あ〜あ、これじゃあ市販のものと同じだなぁ、とがっかりしていました。でも食べてみると市販のレーズンとはやっぱり全然違って、甘くて、皮がプチッとはじける食感もよくてとてもおいしいのです。

パンは2種類、胡麻入りのパンとドライフルーツ入りのパン、ドライフルーツ入りのパンはしっかり詰まった食感のパンです。こういうパンは、トーストすると外側がかりっとして少し軽くなっておいしいので、トーストをして、チーズを載せていただきました。


画像




わたしは1人の食事の時、こうしてトレーに載せて、ソファーに座ってテレビやビデオを見ながら食べます。でも、夫は1人の時もダイニングテーブルに座って食べるそうです。

夫は、病気のときでも服を着替えて、ベッドにいないでリビングルームのソファーに座る人です。昔、膝や腰が酷く炎症を起こしてしまい、ほとんど動けず、やむを得ず仕事を何日か休んだことがありましたが、そんなときでもなんとか歩けるようになってからは、激痛の中、服を着替えてわたしの肩につかまりながらリビングまで出ていました。(神戸時代なので、階段はほとんどなかったのが幸いでした。)一日中パジャマで過ごしているのを見たのは、結婚して20年間のうち3日くらいあったでしょうか、どうしても、どう頑張っても、わたしの肩につかまってさえ歩くことが出来なかったとき、ベットに横になったままだったとき。わたしも見習って、(夫も出張していた時に流感で熱が高くて動けなかったということが2度程あり、そのときはパジャマのまま一日寝ていましたが、それ以外は)朝起きると必ずシャワーを浴びて、出掛ける予定がないときも外に出られるような服に着替えます。結婚する前は、日曜日など、一日パジャマで過ごしたりしていましたので、これは明らかに夫の影響。日本人は家の中ではトレーナーなどを着ている人が多いですが、周りのイギリス人にそういう人は見かけません。人が来たら慌てて着替えなくてはいけないような格好でいるのは、だらしない気がして、好きじゃないと感じるようになりました。

思うに、日本人は床にごろごろすることが多いですよね。わたしも実家ではホットカーペットでごろごろしますので、しわになっても良い服に着替えます。我が家ではソファーに座るか、せいぜいソファーにごろっとなるだけなので、それほど服が皺になったり汚れたりすることもなく、わざわざ部屋着を着る必要もありません。

お料理番組を見ていると、イギリスの料理家さんで、キッチンで作ってその場で立ったままいろいろ食べている人などいますけれど、味見はしても、食事をそんな風にしてしまうようにはなりたくないし、お鍋から直接食べるようなこともしたくないと思っています。

だらしないと感じる基準、人によってまちまちですよね。面倒くさがり屋なので自分だけのためにきちんとした食事を作る気になりませんし、夫がいない間、読んだ本をベッドサイドにだだぁ〜〜っと積み上げていたりしていますし、カードやジュエリーを作ったりしている時はテーブルの上は散らかしたまま、夫が戻る日までほったらかしにしたりしています。ですので、決していつもきっちりしているということではないのですが、これだけは守りたいというようなものが自分なりにあります。食事は座ってするとか、家でだらしない格好でうろうろしないとか、キッチンはいつも使ったらすぐにきれいに掃除するとか、リビングルームとダイニングルームはいつ人が来ても良い程度には片付けておくとか。わたしは、本来がとっても面倒くさがり屋なので、だらしなくしているとどんどん止めどなくそうなりそうで怖いのです。夫の出張が多くて1人の時間が長いので、余計そう思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昔「金曜日の妻たちへ」を見たとき、自宅で白いブラウスとスカートを着ていたので結婚したら絶対にそうしようと思いましたが、、やはり白いものは汚れてしまい、ブラウスは腕まくりしてしまい、スカートは寒くて(笑)
テレビ「ホタルノヒカリ」で干物女が半径1m以内に何もかも取れるのが幸せって言っているシーンで、わぁ納得と思いましたがその後、それを片付けると思うと、、
ジャージを着ていたホタルちゃんをみてジャージに着替えたら楽チンでしたけど・・。
食事は一人の時のほうが気合いれてしまいます。一人プレート作るのが大好き♪
今日のnoodleさんのいいですね。私はハンバーグ定食みたいなのをついつい作ってしまうんです。
madame okami
2008/01/16 01:14
madame okamiさんのように自分のために食事をきちんと作れるのはすごいなぁ、って思います。ハンバーグ定食、食べたいけれど、一人分だけ作る気にはならないんですよねぇ。

確かに白いもののときは、お料理するなら着替えますね。ジャージねぇ。。。わたしが家でジャージを着たら、離婚されるかもしれません(笑)。色気も何もないですよねぇ。。。
noodle
2008/01/16 01:20
noodleさん こんばんは。
結婚されても、いつまでも女性として見てくれている関係って、ほどよい緊張感もあって、美しくいられるのですね^^
一人ご飯は、もっぱらお弁当の残りが多いですが、自分の為だけに器を選ぶと
ちょっとcafe風になったり、それだけで美味しく思えたりします。
noodleさんの一人ご飯、トレーも私も好きなParatiisi。
お洒落です!
麻雀の日のテーブルも春を先取りでチューリップも可愛いですね♪
kei
2008/01/16 18:27
大好きな組み合わせのプレートで美味しそうです♪
パンとハムにチーズ、そしてワインがあれば最高に幸せな1人ご飯です。
1人の時でも好きな器に盛り付けたりするだけで、1人ご飯タイムがちょっと楽しくなりますよね。

さすがにすっぴんパジャマ姿だと、誰か来た時に居留守を使わなくてはならない歳なもので、朝起きたら着替えてささっとお化粧はしますが、あまりキレイな格好はしてないです(汗)。Noodleさんのご主人と一緒だったら、とっくに離婚されてるはずです(笑)。
お料理をすると、油がはねたりトマトソースがピッと飛んだりしてすぐに服を汚してしまうもので、ドラマの中に出てくるような、家の中でぱりっとした白シャツを着てお料理をする姿が憧れです〜。
Tamax
2008/01/16 20:01
keiさん、どこまで本気かわかりませんが、見ていてくれるうちが花だと思って気をつけるようにしています。チューリップ、もうすっかり開ききって、いくつか散ってしまいました。
noodle
2008/01/17 00:28
Tamaxさんも偶然1人ご飯のアップでしたね!パンとハムとチーズとワイン、わたしも大好きな組み合わせです。並べるだけですけれどね〜。

お料理する時もエプロンがあまり好きではなくて、たくさんのTシャツの前に染みをつけてしまっています。白シャツを着てお料理したら、絶対汚しますね。。。
noodle
2008/01/17 00:31
ご無沙汰してます。
なんてことない日常でも心掛けている事って本当に大切ですよね。
改めてnoodleさんの日記を拝見してそう思いました。

私も家だからダラダラせずに誰かに見られてる(笑)と思われているぐらいがちょうどいいのかもしれません♪
クローバ
2008/01/20 21:43
クローバさん、お久しぶりです、お忙しそうですね。まぁ、いつもいつもきちんとしようとすると無理でが、最低限のことだけは気をつけようと思っています。でないと、面倒臭がりやのわたしのことなので、どんどん目もあてられない状態になりそうです(笑)。
noodle
2008/01/20 23:51
Supper 一人ご飯☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる