Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Very Japanese ご飯のお供☆

<<   作成日時 : 2008/04/25 13:51   >>

トラックバック 0 / コメント 4



若い頃、イギリスに留学したとき、一番心配だったのは食事でした。案の定、せっかく一生懸命作ってくれていたホストファミリーのお母さんが嘆く程イギリス料理は全く口に合わず(笑)、数週間の間に7キロも減ってしまいました。約10ヶ月後に帰国し、またまた数週間で元に戻るのを通り越してしまったのですが(涙)。


元々、白いご飯とお漬け物があれば幸せ、というタイプなので、イギリスに行ってしばらくはご飯が恋しかったです。妹が遊びに来た時はお漬け物を頼み、日本のお米と似ていると同じ学校のひとに教えてもらってスペインのお米でご飯を炊いて食べたりしていましたっけ。普段はサンドイッチを買っていましたが、イギリスの学校の近くには中華料理屋さんがあって、ご飯が恋しかったわたしにとってそこでランチをするのが大の楽しみでした。当時、1ポンドが1000円という時代だったので、貧乏学生の身としてはそうそうレストランで食事は出来ませんでしたが。


結婚して夫と暮らすうちにお米をほとんど食べない生活にすっかり慣れて、(ご飯に合うおかずのときは思いますが、普段)ご飯が食べたい!と思うこともあまりなくなりました。でも、今でも実家に帰るとご飯がおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。お米は腹持ちが良いということなので、つまりは消化にあまり良くないのか、最近はご飯を食べすぎると必ずお腹をこわします。なので、日本に帰ると、かならずお腹を壊すのです(笑)。それでもおいしくて、つい食べてしまう。。。

今回、帰った時にはまったのが、「唐辛子昆布」というもの。甘辛くてぴりっとしておいしくて、これでお茶漬けをするといくらでも食べられてしまう。「もうちょっとだけ。。。」とお代わりをしてしまい、あきれられました(笑)。もしかすると香港で売っているかもしれないなぁ、と思いながら香港まで持って帰って来たので、さっそく今日のお昼にお茶漬け、おいし〜い☆ 開けてみるとあまりたくさん入っていなくて、もっと買ってくれば良かったと後悔。これじゃあ2日で食べ切ってしまうかも(笑)。



画像





画像





画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
noodleさんが、イギリス料理が合わなかったころがあったなんて、驚きました。「唐辛子昆布」、私も探してみます。昆布大好き。香港になければ、送りますよ!
随分前に、ロンドンへ行ったときには、ヨーロッパの国々をまわっていたので、チャイナタウンのチャーハンや野菜炒めが、和食に近く感じられ、ほっとしたのを思い出しました。
和の食器の組み合わせも素敵ですね。
Shanti
2008/04/26 00:26
Shantiさん、若い頃、お魚やシーフードだけではなく、お肉類も苦手でした。今でも臭みのあるお肉は食べられませんが、当時はもっとだめなものが多かったのと、イギリスのお肉は日本のものと比べて臭みが強い(高級なものは良いのですが、安いお肉は臭みが強いです)ので本当に困りました。それだけではなく、焼いただけ、茹でただけというお料理を美味しいとは思えなかったのです。塩味がとても強いのも困ります。今ではローストは結構好ですが、やはりパブなどのものは口に合わないものが多いです。でも、食べられそうなものをオーダーするのが上手になったので、それほど困らなくなりました。

この昆布、お口に合うかどうかわかりませんが、見かけられたら一度お試しください。
noodle
2008/04/26 01:01
noodle様、ご無沙汰しております、かすみです。昨日プレゼントを受け取りました。とても素敵なものでしたので、大変感激しております。心から感謝を申し上げます。このネックレスにあうお洋服を探す楽しみができました。
さて、ブンセンの唐辛子昆布の写真をみて思わすキッチンの方をふりかえってしましました(笑)なにを隠そう、ここしばらくは常に5袋常備しているからです。ごはんのお供にぴったりですよね。私の口にはぴったりな商品です。
かすみ
2008/04/26 10:36
かすみさん、プレゼント、無事到着して何よりです。どちらかと言うと秋冬向きの色合いなので、夏の間出番があるかどうかわかりませんが、使っていただけると嬉しいです。

唐辛子昆布、お好きですか?(笑)実家にも何袋か常備してありました。ふつ〜のものかもしれませんが、おいしいですよね?こういうものをいただいておいしいと思うと、日本人だなぁと思います。
noodle
2008/04/26 11:12
Very Japanese ご飯のお供☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる