Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Okonomi-yaki お好み焼き☆

<<   作成日時 : 2008/12/15 21:27   >>

トラックバック 0 / コメント 4



ChizChizさんのブログを読んでいたらお好み焼きを食べたくなり、今日の夕食はお好み焼きです。

関西ではお好み焼きはお昼だけではなく、立派な夜の食事になります。そうでないご家庭もあるかもしれませんが、すくなくとも実家や周りの知り合いや友達たちの家庭では、夜の食事にお好み焼きを食べていました。ChizChizさんのブログのコメント欄でも話題になりましたが、付け合わせなどというシャレたものはなく、お好み焼きだけ、またはお好み焼きと焼きそば、またはお好み焼き、焼きそば、焼き飯、という炭水化物のオンパレードの食事です。普段の焼き飯はお醤油で味を付けますが、お好み焼きのときに作る焼き飯はウスターソースとお好み焼きソースで味をつけます。おそばとご飯を混ぜて、そば飯にすることもあります。そうそう、ビールは絶対必要!! 関西の人たちはそれぞれお好み焼きにはうるさいので家で作る方が自分の好みに焼けて良いのですが、テーブルが油だらけになったり、後で部屋に匂いがこもってしまうのが玉に傷。

夫とわたしはもっぱらお好み焼きと一銭焼きだけ。いつもはずるをして「山芋の粉」(便利!)というものを使っているのですが、今日はなかったので山芋を擦りおりしたものを入れたたため生地の濃さがよくわからず(山芋のせいで実際より濃く見える)、少し小麦粉が少なすぎたらしく、ふわふわのお好み焼きになってしまいました。ふわっとした柔らかめが好きなのでぼてっとしすぎるよりは良いのですが、少し柔らか過ぎでした。。。

お好み焼きには普通はイカやタコ、または豚ばらなど入れますが、わたしも夫もイカもタコも苦手。豚ばらもあまり好きでもないので、いつもは何も入れず野菜だけで焼きます。ダシが出ないので大量の青ネギを入れますが、葱のお陰かそれだけでも結構おいしいのです。今日はベーコンを載せました。(ChizChizさんのご主人の作られたお好み焼きがきれ〜いな丸い形をしているのに対して、わたしのはどうしてこうがたがたなんでしょう 笑)



画像





お好み焼きの前に食べる一銭焼き。以前も書いたことがありますが、神戸に住んでいた頃、日本の人はもちろん、欧米人もよく行っていたお好み焼き屋さんがあり、そこでメニューにはないけれど欧米人のお友達が必ず頼んでいたのがこの一銭焼きでした。どのように作るのかはわからないのですが、こんな感じかな、と自分で工夫して焼いています。お好み焼きより薄めに溶いた生地を丸く流し、その上に天かす、紅ショウガ,青ネギのみじん切りをまぜたものを全体に載せ、ちょろっとおしょうゆをかけます。片面が焼けたら上手にひっくり返し、上からギュウギュウと押し付けてカリカリになるまで焼き、最初に焼いた方をもう一度かりっとするまで焼いたら出来上がり。かりかりして、おいしい☆




画像





今日はやっと重い腰を上げてクリスマス関係のお買い物を少して、これまたやっと重い腰を上げてもみの木でリースを作りました。毎年同じ方法でリースを作っているのですが、なかなか上手く出来ません(涙)。まだまだお買い物も残っていますし、結局週末にミンスパイも焼きませんでした。

今週は夫はずっと香港なので、時間のやりくりがちょっと大変。不況の波は大きいらしく、しばらく出張はないそうなので、上手にディナーの計画を立てなければ。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
宣言どおり、お好み焼きでしたね〜。私、一銭焼きというのは食べたことがありません。私も作ってみたいですが、一度本物を食べてみたいです☆
そうそう、ファブリーズの宣伝で、パパが居ない間にお好み焼きをやったことがばれないように、ファブリーズするっていうのがありました。お部屋でやると匂いがね〜。我が家は残念ながらフライパンでやっていますので、その心配がありません。
ChizChiz
2008/12/16 01:01
ChizChizさんちが前回お好み焼きだったときも食べた〜いと思ったのですが、夫が出張に出てしまって出来ませんでした。今度はばっちり(笑)。

一銭焼きって本来はこういうものではなく、たぶん生地を流した上に上記の物以外にキャベツや干しえびなども薄く載せてまた生地を薄くかけてソースを塗った、平べったいお好み焼きみたいなものだと思うのですが、この神戸の一銭焼きはこういうのだったのです。おつまみみたいで、おいしいですよ。今度、何か機会があれば焼きましょう。

そうなのです、匂いがこもるのが困っちゃいます。窓を開け放ったら、寒かったです。。。

noodle
2008/12/16 01:09
夫がいると嬉しいのですが予定が立たないのはよくわかります。
二週間か三週間に一度の香港来の主人に合わせるのは大変です(笑)
このところ私が仕事やアテンドと重なったりしもして、余計に機嫌取るのも大変です。。
最近は山芋の粉入りお好み焼きはかなりいけますね。
そば飯は大阪にはあまりないので神戸に住むようになって、びっくりしました。皆知っていました。。。そばを砕くみじん切りにするとは
なんてこったと最初おもいましたもん。。
今度はお好み焼きしましょうね。最後の焼きうどんも焼かせてください!!
味噌汁も作らせてくださいね。
madame okami
2008/12/16 02:22
madame okamiさん、普段ご主人が留守だとたまのお帰りのときは楽しい反面、時間のやりくりが大変になりますよね。でも、毎日一緒に食事が出来るのは、嬉しいことです。また太りそうで怖いですが(笑)。

お好み焼き、しましょう〜!普段は、山芋の粉は別に買って小麦粉とスープストック(お魚臭いダシが苦手)少量と卵を混ぜるか、山芋入りのお好み焼き粉と追加の山芋の粉と小麦粉と水と卵を混ぜて使っています。お好み焼き粉、あのままだとわたしにはダシが効き過ぎているのと、味も濃すぎて辛いのです。

実は,実家のソバ飯は今流行のものではなく、母が考え出したもので、おそばは切らずにそのままなのです。ただ、焼きそばはお箸で食べますが、これはてこで切りながらご飯と一緒に食べるので短くはなります。長く食べていませんが、おいしいですよ〜!
noodle
2008/12/16 13:17
Okonomi-yaki お好み焼き☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる