Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Sausage Casserole ソーセージの煮込み☆

<<   作成日時 : 2008/12/16 21:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0



香港は先日まで何週間か毎日青空の素晴らしいお天気が続いていて、「この時期の香港は最高〜♪もう少し寒くなってくれると、もっと良いんだけど。」と思っていたのに、どうしちゃったんでしょうか、この数日ずいぶんガスってしまっています。湿気も気温も上がって蒸し暑いとも言えるくらいになっていましたが、昨日あたりまた下がりました。香港の冬はマイルドですが、時々急に寒くなり、時々夏の初めのような蒸し暑い気候になり、と気温も湿度も一定しません。人ごみに入る機会も多く風邪をひきやすいときですので、みなさまもご自愛くださいませ。

数日蒸し暑い日もありましたが、概ね家でじっとしていると膝から下が寒くなるこの頃、そろそろ煮込み料理なども食べたいな、と思い、今日のディナーは、ソーセージ・キャセロール(ソーセージのの煮込み)にしました。ソーセージは、イギリス風の生のソーセージ。昨日、用があってプリンスビルに行ったので、オリバーズで買って来ました。

ソーセージの煮込みは滅多に作らないので、前回作ったときおいしかったな、と思ってもどんなレシピで作ったのか思い出せません(笑)。今日は(も?)、適当。いつもはレンティルを入れることが多いのですがそうすると重くなるので、今日はお野菜とソーセージだけ。ソーセージに焼き色をつけたら取り出し、そこに玉ねぎのスライス、大きく切った人参、大きめのスライスのセロリを入れて炒め、赤ワインを入れて煮詰めたところにトマトの水煮缶を加え、ソーセージをもどしてフォンドボーのキューブとお水を加えて1時間程弱火で煮て、最後にパースニップも加えてみました。パースニップが煮えたら、コーンスターチの水溶きで少しとろみをつけて出来上がり。お野菜もたっぷり食べられます。ソーセージとフォンドボーのお塩だけで煮込みました。お味はおいしく出来ましたが、やはりコーンスターチは失敗でした。お野菜を炒めた時に粉を入れれば良かったのですが、とろみをつけたいかどうか迷いつつ結局入れなかったのでしたが、やはり粉でとろみをつけた方がおいしいです。コーンスターチのとろみは、イギリスの市販のスープを思い出させて、ちょっと苦手。でも、まぁ、おいしかったです。寒くならないと食べたいと思わない、究極のイギリスのコンフォートフードです。



画像





不況で出張がなくここ1ヶ月程ほとんどずっと香港にいる夫ですが、不況でも仕事は忙しいようで、今日など帰宅後に電話会議、ご飯を食べてしばらくしたらまた別の電話会議。せっかく香港にいるのなら、食事の後でゆっくり一緒にDVDでも見たいのですが。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Sausage Casserole ソーセージの煮込み☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる