Noodle's Note

アクセスカウンタ

zoom RSS Farmhouse in Derbyshire ダービシャーのコテッジ☆

<<   作成日時 : 2008/12/29 19:20   >>

トラックバック 0 / コメント 12



こちらの時間で26日の夜に着き、そのまま空港のホテルに泊まり、一昨日からDerbyshire(ダービシャー)というところで1週間借りているコテッジに泊まっています。

夫の弟家族は昨日の午後、到着しました。夫の弟夫婦とティーンエージの甥と姪。夜はみんなでスパークリングワインで乾杯し、夫が作ってくれたローストポークと野菜類のローストや塩茹でという「サンデー・ロースト」。弟の奥さんがクリスマスに作ったトライフルの残りも持って来てくれたので、デザートはトライフル。楽しい夕食でした。

それにしても寒いです。。。とにかく、寒いです(涙)。最高気温3度、最低気温マイナス3度。特に寒いのは顔と太股。分厚いタイツ2枚履いていても、ダウンのコート(ひざ丈)を着ていても、コートの裾から冷たい空気が入って来、とにかく寒く、とてもじゃないですがウィーキングをする気分にはなれません。イギリスの冬は、ロングのダウンコートが必要です。ネットも出来ることは出来るのですが、借りているコテッジの中ではなく、同じ敷地内にある別の建物まで行かなくてはならず、出来るだけ昼間にだけ使ってほしいと言われていることもあり、また歩いて数分のことですがその数分が苦痛でなかなか出る気がせず、ブログアップが遅くなってしまいました。

土曜日にコテッジに着いたのは、4時ごろだったでしょうか。既にとても暗かったので辺りの様子などわからなかったのですが、昨日起きてみると、とてもきれいなイギリスのカントリーサイドらしい景色が広がっていました。石の壁も大好きなイギリスの風景の一部です。借りているコテッジも石造りの外から見るとなかなか趣のある建物なのですが、寒くて写真を撮りに出る気がせず(笑)、まだ外の写真は撮っていないのですが、まずは、昨日の朝のベッドルームからの景色。



画像




画像




画像





コテッジの中は、かなりシンプル。お値段の割にはあまり良くないというのが、正直な印象です。シャワールームが1つ1階にあることはるのですが、寝室についているバスルームにはシャワーがなく、バスタブだけ。わたしたちが使っている寝室のバスルームは、それでもシャワーアタッチメント(電話みたいにバスタブの蛇口の上にシャワーがついていますが、壁にかけて使うことは出来ません)があるのでましですが、他のバスルームはバスタブと普通の蛇口だけ。しかも熱いお湯の量が限られているので、全員がお風呂に漬かるだけの量はないと言われました。さすがは、イギリスです。つまり、お風呂に毎日入れないってことなのです。シャワーをする量はあるそうですが、この寒いイギリスで毎日お風呂に入れないのは、結構辛いことのような気がしますし、わたしたちはシャワーに慣れているのでシャワーのほうが良いのですが、お部屋についているバスタブにシャワーがないのは、とても不便です。

借りているコテッジのオーナーは同じ敷地内の建物にお住まいで、わたしたちが着いたときコテッジの中を案内してくれたのですが、自己紹介のときにわたしの名前を言うと、同じ名前の日本人の女性がホームステーをしたことがある、と言われました。30年前のことだそうです。「毎日お風呂に入られて、わたしたちのお湯がなくなってすごく困った。」とのこと。「ちゃんと事情を説明されて、毎日入らないように伝えたのですか?」と聞くと、言わなかったと。そりゃあ、毎日入りますよね(笑)。

イギリスでは、少なくとも夫が子供だった頃は、お風呂は1週間に1度というのが普通だったそうです。そして、多くの家庭ではお湯はタンクに溜められている量だけで、それがなくなるとまたお湯が沸くまで何時間もかかるという方式でした。夫の両親の家もそういうシステムになっていて、初めて(最初で最後でしたが)泊まったときに、朝お風呂に入ったらいくら待ってもお湯が温かくならず、冬に水風呂で髪を洗ったという経験もあります。わたしが25年ほど前にホームステイしたところは、当時にしては珍しくそういう方式ではなかったのですが、学校で知り合った人たちの多くは、シャワーならよいけれどお風呂は1週間に1度とか2度とか決められているようでした。ホームステイ先のシャワーも、シャワーとは名ばかりのちょろちょろとお湯が流れるもので、冬は寒くてたまらず、髪の毛が完全に濡れるまで数分間かかったものでした。まともなシャワーをつけるようになったのば、たぶんここ数年のことだと思います。バスルームも1軒に1つというのも普通のことでした。このコテッジは最近リノベーションをしているので、4ベッドルームにバスルームは3つあるのですが、6人がお風呂に入るお湯がないのなら、シャワーをつけてほしかった。


でも、まぁ、シーツもアイロンがピシッとかかっていますし、どこも清潔。キッチンもベッドルームもゆったりしています。これでシャワーさえちゃんとしていれば、まぁまぁかなと思います。



昨日のディナー。





画像





画像





画像






画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ聞いていてもさむそーですね。でも部屋の中はあったかいのですか?半そでの方がいる・・・(笑)
日本に帰国したときも3℃でロングムートンコート着ていても、寝袋でピョンピョンとんで歩きたいぐらい全身何かに包まれたい!!と思うわほど寒かったです。
ロンドンに宿泊したとき、やはりパスタブでシャワーなし、があり最初頭を抱えました。洗面器があればなんとかなるのですが、どーして背中にお湯かけたらいいのか蛇口に体を持っていく?兎に角いろいろ方法を考えてみました(笑)
冬のロンドン寒そうですが写真を見るのは嬉しいです。
香港は少し雨が降ってほんの気持ち程度寒いです。つづけて楽しんでください。
madame okami
2008/12/30 02:58
素敵な風景ですね!
それにコテッジも素敵!
でも読んでいると相当寒そうですね・・・。
どうぞお風邪など引かれません様お気を付けて・・・。
花子
2008/12/30 18:28
こんにちは!
私も学生時代にロンドン郊外でホームスティをした時に、一番ビックリしたのがお湯がなくなる・・ということ。タンクにためていると知りました。あちらこちらヨーロッパを回って節電とお湯を大事にすることを学びました。
日本は贅沢でしたね。
ところで、今年はnoodleさんのブログを大変楽しませていただきました。
どうぞ、イギリスで素敵な新年をお迎えくださいませ!

太太
2008/12/31 14:09
noodleさん そちらはやっぱり寒いんですね〜!!
香港も今日はかなり寒いです。と言っても最低が12度ですけれど。。

タンクにためるお湯・・私もNZで初めて体験しました。
毎日シャワーを浴びるのはやめてね・・って言われました(涙)

もうすぐ「紅白」が始まります!ウキウキ♪
今年もいろいろお世話になりました!良いお年を〜☆
marumiy
2008/12/31 19:00
noodleさん、暑いのも困っちゃうけれど、寒すぎるのもイヤですね〜。特に私は寒すぎるのはダメです。。。体が冬眠しそうになります。
イギリスって先進国なのにけっこうローテクなところ、ありますよねぇ(笑)そして、それにも文句を言わず(?)にいるところが、やっぱり我慢強いイギリス人を生み出すのでしょうか〜?
クリスマスプレゼントのiphoneの調子はどうですか?ご主人に色々ソフト入れてもらえたかな?産経新聞がいま無料配信をやっていて、けっこういいです。って、旅行先で日本の新聞読まないですよね〜(笑)
来年も素晴らしい一年になりますように。
ChizChiz
2008/12/31 20:32
noodleさん、寒そうですね〜!
東京に着いた晩は気温5℃でかなり寒かったのですが、それはあくまでも最低気温です。日中は10度以上あるので寒いとか言っているとバチが当たりそうです(笑)
お風呂、困りましたね。。。夏の国香港ならばシャワーだけでも不自由は感じませんが冬のヨーロッパでは辛いですね。せめてお湯の量だけでも何とかならないかと思った経験あります。
昨年はお会いできてとっても嬉しかったです♪今年もよろしくお願いします☆
marume
2009/01/01 11:31
madame okamiさん、さすがのイギリス人も寒い寒いと言っていて、帽子や手袋、マフラー、コートでしっかり防寒しています。コテッジは、ダイニングキッチンとリビングルームには暖炉があったのですが、寝室は小さなセントラルヒーティングのパネルだけで寒かったです。イギリス人は髪の毛を(今は変わっていますが)ずっとシンクで洗っていたので、ああいうお風呂で不便を感じなかったみたいです。

noodle
2009/01/04 00:57
花子さん、やっとプラスの気温になりました。プラスになると、きちんと防寒をしていれば結構大丈夫です。今日から3日間はホテル滞在なので、室内は暖かく、快適になりました。

noodle
2009/01/04 01:03
太太さんもホームステイを経験されたのですね。日本人は昔から毎日お風呂に入るなど、お湯やお水に関しては贅沢をしてきましたから、こちらでは驚かされることがいろいろですね。食器の洗い方からして、びっくりですし。こちらこそ、昨年はブログを覗いてくださって、ありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

noodle
2009/01/04 01:07
marumiyさん、良いお正月でしたか?NZでもそうなのですね。わたしがホームステイしていたところはお風呂の制限はなかったのですが、なにしろたくさんの人が1つのバスルームをシェアーしていたので、お風呂にゆっくり入る時間はなく、シャワーだけにしていました。毎日シャワーが出来ただけでも、良いほうみたいですが。

noodle
2009/01/04 01:10
ChizChizさん、わたしは暑いよりはまだ寒いほうがましですが(着込めばなんとかなるので)、普段香港に住んでいると防寒用のものを持っていないので急に寒いところにくると困りますね。イギリスが先進国だったのは大昔の話で、かなりローテクな国ですよ〜!携帯電話も繋がらないところがとても多いですし、何かにつけてアメリカや日本に比べて遅れていると思います。我慢しているというより、それに慣れていれば不便を感じないのでしょうね。

iPhone、まだまだ使いこなせていません。夫がいろいろソフトを入れてくれていますが、日本のものは知らないので、いろいろ教えてくださ〜い。

noodle
2009/01/04 01:15
marumeさん、日本のお正月はいかがですか?シャワーだけでも普通に出来るならまだ良いのですが、お風呂についているアタッチメントで髪を洗ったりするのは面倒ですね〜。やっと、ホテルで普通にシャワーが浴びれます!

こちらこそ、昨年はご縁があって嬉しいです。今年もよろしくお願いいたします。

noodle
2009/01/04 01:18
Farmhouse in Derbyshire ダービシャーのコテッジ☆ Noodle's Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる